この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FUELED BY FIRE / PLUNGING INTO DARKNESS (2010)
2011/02/12/ (土) | edit |
このクサレ度がたまりません。待ってました!!

今回は、ワールドワイドでリリースされないのかな?前作(2007年リリースの1stアルバム)は、日本国内盤もリリースされていたわけですが、今回はまだAmazon.co.jpでも流通していませんので、これは凄く残念なんですが…。

Plunging Into Darkness

Fueled by Fire
Annialation Records(2010-11-16)

Fueled by Fire@Myspace

2002年にアメリカは西海岸で結成されたスラッシュ・メタル・バンドの3年ぶりの2ndアルバムが本作。前作は、音質はチープだったもののベイエリア・クランチ満載の素晴らしいスラッシュ・メタル、そしてその中にも垣間見える正統派で叙情的なフレーズを含むかなり好き系なヘヴィ・メタルだったわけですが、本作でもやってくれました。国内盤のリリースは今のところありませんが、前作と同様のクオリティ、そして音質の向上、待ってました!!少し正統派ヘヴィ・メタルらしさは後退したように感じましたが(でも、ちゃんと正統派的フレーズは聴くことができますので安心してください。)、またまた"変態クランチ・リフ"満載でございます。変態度は猛烈アップしています。前作ほどのインパクトは少ないかも知れませんが、そんなことどうでもいいです。"ベイエリア・スラッシュ"万歳です。そして、このアルバム・ジャケット。前作同様なインパクト!!カッコ良いではないですか。


↑↑Fueled By Fire - Eye Of The Demon

前作の日本国内盤のキャッチコピーが頭からはなれません。

<俺達、どうしようもなくスラッシュ・メタル!!
アメリカ、ベイエリア・クランチ復活の狼煙!
全てのスラッシャーに捧げる、完全無欠のスラッシュ・アルバムここに完成!
そう、今こそ叫ぼう!"Thrash Is Back"、そして"Metal Forever"!!!>

↓↓まずは1stを買うのじゃよ!!


スポンサーサイト
thema:HR/HM
genre:音楽
FUELED BY FIRE / SPREAD THE FIRE (2007)
2010/02/02/ (火) | edit |
Spread the FireSpread the Fire
(2007/08/07)
Fueled by Fire
オリジナル盤: 2007
商品詳細を見る


あまりのアルバム・ジャケットの"クサレ"さ加減に、
当分の間買うのを控えていた自分が、今となっては情けない。


さすがの"ジャケ買い"をする僕でも、見るからに"クサレ"なこのジャケットを見て
当分の間買うのを控えていました。後回し…後回しと…

B000VSFMOK.jpg
↑↑だってコレですよ。どう見たって"B級"じゃあないですか。

今までこういう"クサレ"なアルバム・ジャケットに騙されていた僕にとって
非常に"賭け"な買い物だったのですが、CD回し始めてすぐにこう思いました…

このアルバムは素晴らしい!!全てのメタル・ファン必聴のアルバムだ!!

このアルバム、実は国内盤も出ているのですが、キャッチ・コピーが素晴らしい。

<俺達、どうしようもなくスラッシュ・メタル!!
アメリカ、ベイエリア・クランチ復活の狼煙!
全てのスラッシャーに捧げる、完全無欠のスラッシュ・アルバムここに完成!
そう、今こそ叫ぼう!"Thrash Is Back"、そして"Metal Forever"!!!>

ただ突っ走るだけのスラッシュ・メタルではなく、
随所に欧州的な"叙情性"をテイストしているところが素晴らしい!!
"ベイエリア・スラッシュ"+"欧州的正統派HM"と言ったところでしょうか。

↓↓また、このメンバーが素晴らしい!!巨漢…これぞヘヴィ・メタル!!
l_3737fffe7708127179efcdca6c0969df.jpg

聴き手の"ツボ"を刺激する変態クランチ・リフに失禁しつつ、
IRON MAIDENを彷彿させる"叙情的"なツインリードは、正直そそります。
こういうのを"PURE METAL"と言うのだと思います。

オープニングを飾るインスト"Ernest Goes To Hell"、変態リフ炸裂の後
ドラマティックに展開していきます。欧州的な"叙情性"がたまりません。
そして、これぞスラッシュ・アンセム"Thrash Is Back"、一緒に叫びたくなります。
"Spread The Fire!!!"や"Betrayal"なんかは"名曲"です。
変態スラッシュに、後に訪れる"叙情的"な曲展開、NWOBHMを彷彿します。
う?ん"心に染みる"ギター・ソロ…スラッシュ・メタルなのに染みます。

↓↓"Spread The Fire!!!"の音源。コレ聴いて"感じる"でしょ!!


いや?ホント"名盤"ですよコレ。PURE METAL!!METAL FOREVER!!!
しかしあまりのアルバム・ジャケットの"クサレ"さ加減に、
当分の間買うのを控えていた自分が、今となっては情けない。

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する




thema:心に沁みる曲
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。