この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MELIAH RAGE / SOLITARY SOLITUDE (1990)
2010/05/05/ (水) | edit |
Solitary SolitudeSolitary Solitude
(1990/07/16)
Meliah Rage

商品詳細を見る

MySpace


今あらためて聴くと凄く楽しめるアルバムなんですけど、
運が悪かったのか、時代が悪かったのか??


アメリカはマサチューセッツ州ボストン出身のスラッシュ・メタル・バンドMELIAH RAGE。いきなりビッグ・ディールを勝ち取り、1988年にEpic/CBS Recordsより『KILL TO SURVIVE』でメジャー・デビュー。そして1990年にリリースしたメジャー2作目が本作。しかし本作リリース後、メジャー契約を打ち切られ…アンダーグラウンドでの活躍を余儀なくされました。しかし、現在まで地道に活動されているのが凄いですね。最近の音源は聴いていませんが、デビュー当時のVocalであるMike Munroがバンドに復帰したそうで…

MELIAH RAGE
↑↑"セピア色"にもの哀しさを感じるのは私だけ?

時代は1990年代の幕開け、スラッシュ・メタル・ブームも衰退しMETALLICA『METALLICA』アルバム(通称ブラック・アルバム)を世に送り出した当たり、"メタル・ムーブメント"は新たな方向に向かっていたわけです。"オルタナ・グランジ"や"ヘヴィネス"ブームが到来し、多くのバンドが今までの楽曲のスピードを押さえ、よりヘヴィにダークにしていった時代。それでも地道に"本来のスタイル"を通していった彼らのような(時代の流れに不器用な)バンドが、次々とビッグ・ディールを解除されていきました。

彼らの1stや本作(2nd)に共通して言えることは、"コレぞ"っていうキラー・チューンが少ないと言うところですね。ただそれは、楽曲が悪いとか、駄作だと言うことではないんです。楽曲は粒ぞろいですし、全体的な完成度も悪くない…"決定的名曲"が無いと言うことなんです。

しかし、オープニングを飾るスラッシュ・チューン"Solitary Solitude"は"歴史的ギター・リフ"だと思いますし、シングル・カットされた"No Mind"の勢いも凄まじいですよね。前作(1st)と比べてみると、比較的ドラマティックになったような気がします。"The Witching"なんか中間のギター・ソロは"泣き"が入っていますし、続く"Lost Life"もドラマティックな曲展開が待っています。それほど巧くは無いですが、ツイン・リードのギター・ソロには"泣き"が感じられます。ラストを飾るもの哀しいアコギのイントロで始まる"Razor Ribbon"、劇的な曲展開を迎えますので…。


↑↑"Solitary Solitude"の音源。キラー・リフです!!CD再発当時、1stのボーナス・トラックにも入っていたらしいですね。で、Youtubeでも1stの音源として紹介されていますが、詳細はわかりません。

ホント今あらためて聴くと凄く楽しめるアルバムなんですけど、
運が悪かったのか、時代が悪かったのか??
凄く可哀想なバンドには違いありません。是非、聴いてください!!

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



世界最大規模のCDオンラインストア・CD WOW!全商品無料配送!

スポンサーサイト
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
MELIAH RAGE / KILL TO SURVIVE (1988)
2010/02/20/ (土) | edit |
Kill to SurviveKill to Survive
(2000/06/06)
Meliah Rage
オリジナル盤: 1988
商品詳細を見る


好きですよ。こういう正統派スラッシュ・メタル。
個性が無いとか言われようが、聴けば素晴らしさがわかります。


当時はB!誌なんかでも"酷評"されていたらしいですね。
確かにMETALLICAに似たリフなどが聴かれますが…
僕は、彼らのこの1stと2ndは"評価"しています。

米国出身の正統派スラッシュの1988年リリースの1stが本作。
それもメジャー契約だったというところが凄い。僕は日本国内盤を持っていますが、
現在では"廃盤"なので、今となっては非常に貴重なアルバムですね。
その後、EP『LIVE KILL』、2nd『SOLITARY SOLITUDE』(1990年)をリリースしますが、
成功したとは言えず、メジャー契約を打ち切られてしまいます。
現在も、マイナーで活躍しているわけですが…

MELIAH RAGE
↑↑何とも言えないマイナー感がありますが、当時は"メジャー"。

しかしこのデビュー・アルバム、さすがメジャー・レーベルです。
"音質"がものすごく良いので、"B級"臭さはありませんが、
今の時代に聴いてみると"クサレ"な感じがプンプンします。
この"クサレ"なアルバム・ジャケットは"マニア"にはたまりませんね。

さて、楽曲的にはどうなのでしょうか?
そうB!誌では"METALLICAのパクリ"だの、相当"酷評"されていたらしいですが、
よ?く聴いてください。アグレッシヴなギター・リフはかなりキラーですし、
結構、欧州的なウェットな感じがあります。決して悪くない。
って言うか、欧州的テイストのある正統派HMは、ホント大好きですね。
ツイン・リードが、何となくNWOBHMを彷彿させます。
ただ、コレっていうズバ抜けた楽曲がないのも事実ですが…
全8曲という収録曲の少なさからか、何度も何度も聴き返してしまいます。
そして知らないうちにはまってしまってる自分がいるわけで…。

↓↓こんなPVが…


このオープニングを飾る"Beginning of the End"は名曲だと思います!!
ホントね、聴けば素晴らしさがわかりますよ。
地味ですが、素晴らしい正統派HMバンドだと思います。
もし中古ショップで安く見つけることができたら、即ゲットです!!

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



thema:心に沁みる曲
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。