この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CRAZY LIXX / NEW RELIGION (2010)
2010/04/10/ (土) | edit |
New ReligionNew Religion
(2010/03/22)
Crazy Lixx
オリジナル盤 : 2010
商品詳細を見る


もし80年代後半にこのアルバムがリリースされてたら…
MTVではバンバンPVは流れるし、ビルボードもかき回してただろうね。
それぐらいクォリティが高いアルバムだってことだよ。


2002年、スウェーデンで結成。2007年に『LOUD MINORITY』でデビュー。
約2年ぶりにFrontiers Recordsよりリリースされた2ndアルバムが本作。
オフィシャル・サイトに、B!誌で92点とったぜぇ的バナーがデカデカと貼ってあります。
そうなんです。B!誌のF木さんのレビューは92点。まっ少々大袈裟じゃない?
って感じもありますが…ワタクシも90点近い数字はいけそうな気がします。

Crazy Lixx
↑↑メンバーのショット。見た目は硬派なヘヴィ・メタルっぽい…

前作から、ギタリストがVic Zinoが脱退し、新しくAndy Dawsonが加わっています。
AndyのGuiterは、決して技巧派ではないものの"ツボ"を押さえたフレーズを弾きます。
たとえメロディアスでキャッチーな楽曲でも、"叙情性"のあるギターを披露してくれます。
まずワタクシは、このアルバムに対してこういう部分に惹かれましたね?。
DEF LEPPARDMOTLEY CRUEに代表される'80年代アリーナ・ロックにプラスして
この"叙情性"のある"ツボ"を押さえたギター・ソロが、ワタクシの心にキャッチ!!
つまりRATTSKID ROWが躍進していた時代に、リリースされていたとしたら、
恐ろしいくらいの人気とセールスになっていたんだと思います。スターになっていた。
こういう感動は、正直言ってWIG WAMを聴いた時には感じられなかった事です。
去年、STEEL PANTHERがあれだけ受けたんですから、彼らにも同じ評価が欲しい。
アルバム・ジャケットも、インパクトがあって好感が持てますね。欲しくなる感覚。

さて、超強力なHRナンバー"Rock And A Hard Place"で幕を開けるわけですが、
80年代を彷彿させる力強くもメロディアスな歌メロ、コーラス、味があるギター・ワーク。
凄く佳い曲。80年代なら、大ヒット・シングルだったんじゃ無いですかね?。
続く"My Medicine"、コーラスがもろDEF LEPPARD、ハイスクール・ミュージカル(?)
メロディアスなギター・ソロに好感、聴かせてくれますね?。
ぬぉ?、のっけからカッコいい"21 'Til I Die"、エネルギッシュなHRナンバー。
メロディアスなコーラスに酔い痴れます。80年代のBON JOVIを彷彿させます。
そして極めつけは、"味"のある"ツボ"を押さえたギター・ソロ。カッコいい!!
ミドル・テンポでメロディアスな"Blame it on Love"、美しいメロディですね。
中盤からのギター・ソロを含めた曲展開が素晴らしいじゃないですか。"泣き"ますよ。
HRナンバー"Road to Babylon"、メロディアスでギター・ソロも"味"があります。
続くバラード調の"Children of the Cross"、コーラスのメロディに泣けます。
"叙情性"のある"泣き"のギター・ソロにも、涙が出そうじゃないですか?。
ここまで泣かせる曲は、80年代のアリーナ・ロックの先輩達には無い魅力です。
エネルギッシュな"The Witching Hour"、コーラスはもろDEF LEPPARDしていますが、
それにプラスアルファがありますから素晴らしいですよね。カッコいいHRナンバーです。
"Lock up Your Daughter"、エネルギッシュ。終盤でギターが泣かせます。聴かせます。
続くメロディアスなHR、"She's Mine"、80年代後半のKISSをも彷彿させてしまいます。
何というか、コーラスを歌うPaul StanleyやGene Simmonsを思い浮かべてしまいます。
そして、ブルージーなギター・ソロに、BEER片手に酔い痴れてしまいそうだな?。
バラード"What of Our Love"、歌メロがメロウで美しい。ギター・ソロで"泣け"!!。
80年代AEROSMITHの大ヒット・バラード"Angel"をより強力にした感じ。
カントリー調のインスト"Desert Bloom"から、強力なHRナンバー"Voodoo Woman"へ…
ラストに相応しい骨太なロックン・ロール。ヘヴィなリフに、メロウな歌メロが超素敵!!
最後の最後に、ギター・ソロが聴かせてくれますね。"泣き"です!!最高?!!


↑↑CRAZY LIXXのオフィシャル・プロモーションでございます。


↑↑"Blame it on Love"の音源。う?んメロウ?。

正直申、このアルバムのどの曲がシングル・カットされたとしても全然おかしくない。
そう思えてしまうほど、アルバムを通してクォリティが高いと思います。
この完成度の高さに、b!誌で高評価を得るのも間違いないなと感じました。
昔、MOTLEY CRUEやDEF LEPPARDとかを初めて聴いて感動した時のような、
そんな感覚を思い起こさせてくれました。今年のトップ10候補です。間違いない。

もし80年代後半にこのアルバムがリリースされてたら…
MTVではバンバンPVは流れるし、ビルボードもかき回してただろうね。
それぐらいクォリティが高いアルバムだってことだよ。

【PS】
WHITE WIZZARDのメンバーで結成したHOLY GRAILの自主制作EPをようやくGET!!
あとは、ROCK SUGARがどうしても欲しい…けど、見つからない…。

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



スポンサーサイト
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。