この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TYKETTO / DON'T COME EASY (1991)
2010/05/29/ (土) | edit |
忘れ去られそうで、忘れてはいけないものがある…
今だから、聴いて欲しい素晴らしいアルバムがある。


今あらためて聴くと、当時のオルタナティヴ・グランジ・ブームの中で忘れ去られていた、素晴らしい楽曲の数々に出逢えることがあります。時代が悪かったのかもしれない…でも、絶対に忘れてはいけないものがある…。

ドント・カム・イージー(紙ジャケット仕様)
Tyketto
ユニバーサルインターナショナル (2010-05-26)
売り上げランキング: 10783

アメリカはニューヨーク出身のハード・ロック・バンド。FIREHOUSEと共に"2大新人"と期待されていたバンドでした。しかし時代とは意地悪なもので、当時のオルタナティヴ・グランジ・ブームの創世記だったこともあり、大ヒットすることはありませんでした。何故か…FIREHOUSEのほうが売れまくってしまったわけですが…。私は、FIREHOUSEよりも彼らの"音楽性"が好きだった訳ですが(いや、FIREHOUSEも大好きですよ)、なかなか売れませんでしたね。確かにFIREHOUSEのほうがキャッチーで受けは良かったと思いますが、彼らの方が"音楽性"に優れていたような気がします。今聴いても"新鮮"ですね。とにかく楽曲の"センス"が良い!!名曲"Forever Young"を聴いてゾクゾク来ない方がいたら、ハード・ロック、ヘヴィ・メタルを聴く資格がございません。"渋い"ですし、キャッチーでありながら"重み"がありますね(ヘヴィという意味ではなくて…)。"涙"無しでは聴けない"名曲"です。"Standing Alone"なんてバラードなんかも、FIREHOUSEには書けないでしょうね。彼らだからこその"哀愁"があるんです。"Burning Down Inside"で感動出来ない人がこの世にいますか?。"Walk on Fire"や"Wings"なんかもそうだし、カッコ良いじゃないですか!!


↑↑超名曲"Forever Young"のPV。う?ん染みる…。

日本国内盤が紙ジャケ仕様で再発されたみたいじゃないですか。コレを機会に、聴いたことがない方は是非、購入して聴いて欲しいです。90年代初頭に、グランジ・ビームに押されてしまったけど"名曲"を残した素晴らしいバンドです。

忘れ去られそうで、忘れてはいけないものがある…
今だから、聴いて欲しい素晴らしいアルバムがある。

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



スポンサーサイト
thema:ヘヴィメタル
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。