この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ARTILLERY / TERROR SQUAD (1987)
2010/06/13/ (日) | edit |
"ドラマティック・スラッシュ"の原点と言いますか、
彼らのアルバムは全部素晴らしいですが、1枚選ぶならコレ!!


アメリカのHEATHENといい、ドイツのPARADOXといい、そしてこのデンマーク出身のARTILLERYといい、世界には"ドラマティックなスラッシュ・メタル"を演るバンドがいるわけですが、ホントどれも素晴らしいですよね。"暴走スラッシュ・メタル"に疲れた方は、是非"ドラマティック・スラッシュ"を堪能ください。

Terror Squad
Terror Squad
posted with amazlet at 10.06.12
Artillery
Metal Mind (2008-10-28)
売り上げランキング: 158705

昨年(2009年)リリースされた10年ぶりの新譜『WHEN DEATH COMES』で彼らの素晴らしさに魅了された方も多いかと思います。新シンガーのSøren Nico Adamsenの巧さにも魅了されましたね。前任のFlemming Rönsdorfの声質には"好き嫌い"がはっきり分かれてましたが、僕は大好きでしたよ。あの二井原実(LOUDNESS)をもっとヒステリックにしたような歌声はクセになりますよね。名盤3rd『BY INHERITANCE』(1990年)、4th『B.A.C.K.』(1999年)なども、あの中近東的テイストを持ったドラマティックなスラッシュ・メタルは何とも言えん魅力がありました。いや、1st『FEAR OF TOMORROW』のB級臭さが残るもアグレッシブなスラッシュ・メタルもなかなかのもんでしたが…。私は、彼らの全ての名盤の中で一番気に入っているのがこの2nd。いよいよARTILLERYの音楽スタイルが確立され始めた時代の名盤でございます。ドラマティックな中にも、リフの切れ味、アグレッション共にこのアルバムが一番素晴らしかったように思えます。後に聴くことの出来る"中近東"的テイストは多少見え隠れするものの、当時はそれほど突出したものではなく、それでもギター・ソロや曲展開には光るものがありました。初期のアグレッションとその後の"ドラマ性"が融合された素晴らしいアルバムだと思います。本当に毎度毎度、素晴らしいアルバムを提供してくれる彼らに脱帽です。


↑↑当時の"Terror Squad"のTVショウの模様。カッコいいですな!!

アルバム・ジャケットは、正直言って"クソ"ですが、このアルバムは歴史的名盤ですので、よろしくお願いします。私の中で彼らのNo.1アルバムだと思っています。(いや全アルバムが名盤ですから、全部揃えてください)。

【PS】
天皇皇后両陛下をお迎えしたことに、感極まって「日本人で良かった」と…心から思えた。その気持ちって大切ですよね。私たちは、伝統ある日本という国の国民だと再認識させられた、いい一日でした。

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



世界最大規模のCDオンラインストア・CD WOW!全商品無料配送!


スポンサーサイト
thema:ヘヴィメタル
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。