この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Y&T / FACEMELTER (2010)
2010/07/18/ (日) | edit |
デイヴ・メニケッティ="哀愁"。
哀愁="デイヴ・メニケッティ"。


多分今までで一番聴いたアルバムはY&T『EARTHSHAKER』(1981年)ではなかろうかと思います。そして、一番聴いた曲は『BLACK TIGER』(1982年)収録の"Forever"…。それほど思い入れのあるバンドなんです。"哀愁"と言えば、Y&Tであり"Dave Meniketti"なんだと認識しております。

Facemelter
Facemelter
posted with amazlet at 10.07.17
Y&T
Meanstreak Music Co (2010-06-15)
売り上げランキング: 3047

13年ぶりの新作となる本作、あの名盤『BLACK TIGER』、『MEAN STREAK』(1983年)のアルバム・ジャケットを手掛けたJohn Taylor Dismukesのアートが復活。素晴らしいアルバム・ジャケットに仕上がりました。マニアにとっては嬉しい限りです。オープニングの"Prelude"に続く"On With the Show"、オープニングを飾るに相応しい素晴らしいハード・チューン。ノッケからメニケッティ節炸裂です。彼の歌声は渋みが増していますね。そしてギター・ソロ…何とも言えません。"泣き"、"哀愁"…たまりません。ハイライトはやっぱりメロディアスで哀愁漂うハード・チューン"I'm Coming Home"(これは、もう名曲ですね)。初めて名曲"Forever"のイントロを聴いた感動に近い感情になりました。それを彷彿させるイントロ(これは完璧狙ったな…)に、思わずニンマリしてしまいました。そして続くバラード"If You Want Me"、なにかもの哀しさを彷彿させ"涙"がこぼれ落ちそうになります。そして中間にやってくる"泣き"のギター・ソロに大泣き…。いや?(忘れかけてた頃に)最高のアルバムを届けてくれた。やっぱりY&Tは"最高"!!


↑↑"I'm Coming Home"のPV。いや?最高!!

私は輸入盤Digipackを購入したわけですが、ボーナス・トラックの"Losing My Mind"もええ曲だな?と思っていたわけですが、なんと日本国内盤のボーナス・トラックの"Deadly Deceiver"って曲が素晴らしいらしいじゃないですか!!これは是非、国内盤も買わねばなりません。(欲を言えば、もう少し曲数を絞れば"超名盤"の仲間入りをしていたと思いますが…)Y&Tの素晴らしいアルバムを引っ提げての復活に感謝です。皆さんも一緒に"泣き"ましょう。

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



世界最大規模のCDオンラインストア・CD WOW!全商品無料配送!


スポンサーサイト
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。