この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JEFF SCOTT SOTO / PRISM (2002)
2010/08/11/ (水) | edit |
最高の実力派シンガーの素晴らしいアルバムを聴け!!

以前、JOURNEYの記事を書いたときに、Jeff Scott Sotoをクビにしてくれてありがとうと書いた記憶があるのですが…誤解しないで欲しいなと思い今回の記事を書いているわけです。当時のJOURNEYはSteve Perry(Vo)が脱退し、彼によく似た声質を持ったSteve Augeriが加入。コレが、前任によく似た声質であったものの線が細いシンガーでした。(彼の声も好きですが)結局脱退してしまうわけです。そして後任に選ばれたのが、Jeff Scott Sotoなわけです。私が何故クビになってありがとうと言ったかというと、彼は個性的でソウルフルな実力派シンガーであるわけで、JOURNEYが彼の個性を生かした楽曲を制作したならば、それはJOURNEYでは無くなり、彼の個性を押し殺してJOURNEY特有の歌い回しをするならば、それはJeff Scott Sotoでは無くなってしまうわけです。正直、Neal Schon(JOURNEYのGu)と結成したSOUL SIRKUSに納得していなかったため、凄く心配だったことを思い出します。

PRISM
PRISM
posted with amazlet at 10.08.11
JEFF SCOTT SOTO
FRONTIERS RECORDS (2009-12-31)
売り上げランキング: 340977

ニューヨーク出身のJeff Scott Soto、19歳の時にYngwie J.Malmsteenの初代Vocalに抜擢され、その後TALISMANTAKARAといったバンドでキャリアを積むんですが…私の中では、Vocalの中でも1、2を争うべき実力派シンガーだと思っています。とにかく巧い。ソウルフルで聴かせる歌い回しをしてくれます。メロディアス・ハードからバラード、ソウル・ミュージックまで本当に素晴らしい歌声を聴かせてくれます。特に2002年にリリースしたこのソロ・アルバムには特別な思い入れがあります。オープニングを飾るハード・ナンバー"Eyes Of Love"から、バラード・ナンバーまで全て聴き惚れてしまいます。特に家族に離れて本作を聴くとき、なにか恋しくなってしまいます。Guiterも素晴らしいですし、ソウルフルなコーラスに涙が止まりません。なんて美しいんだろ、なんて優しいんだろ…。凄く、この寂しい心に響きます。何度も何度も聴き返して、泣いてしまうのです。彼の"聴かせる曲"、本当に美しいですね。大好きです。


"Eyes Of Love"の音源。染みます。

やはり、"Jeff Scott Soto" is "Jeff Scott Soto"なんです。それは決してJOURNEYでは実現することは出来ない、彼の全てだと思っています。これほど、"カリスマ性"を持った実力派シンガーは数少ないと思います。是非、泣いてください。


"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



世界最大規模のCDオンラインストア・CD WOW!全商品無料配送!


スポンサーサイト
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。