この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ACCEPT / BLOOD OF THE NATION (2010)
2010/10/09/ (土) | edit |
聴け!!コレが"真のヘヴィ・メタル"というものだ!!

と、思わず叫びたくなるような…。こんなアルバムを聴かされてしまったら、多分どっかでひっそりとUdo Dirkschneiderが後悔しているのが目に浮かぶ…。それくらい素晴らしい"True Heavy Metal"であり、真の"ACCEPTサウンド"だと感動しております。

Blood of the Nations
Blood of the Nations
posted with amazlet at 10.10.09
Accept
Nuclear Blast Americ (2010-09-14)
売り上げランキング: 1003

↑↑アルバム・ジャケットのインパクトは凄い!!

1996年の『PREDATOR』以来、実に14年ぶりの12thアルバム。そしてVocalは、正に"鋼鉄"な男Udo Dirkschneiderではなく、元TT QUICK(米東海岸のヘヴィ・メタル・バンド)のMark Tornilloが加入しての初のアルバム。90年代、ヘヴィ・メタル氷河期において彼らまでも"時代の流れ"、"トレンド"など試行錯誤しては、失敗を犯してしまったわけですが…2010年。ここへ来て、バンドとしてもブランクを感じさせない。そして、最強のACCEPTサウンドを創り上げてくれました!!。さすがにUdo Dirkschneiderほどのインパクトは無いものの、Mark TornilloのACCEPT然とした"金切り声"には脱帽です。(彼の歌う、過去の名曲を聴いてみたい)。もう、ACCEPTファンも忘れかけてた"ACCEPTの魅力"を再現してもらった。このアルバム、超最高!!過去の名盤と比べても遜色ないインパクトを与えてくれます。"ヘヴィ・メタル"とは何たるか、やはりACCEPTが表現してくれました。往年の"ジャーマン正統派ヘヴィ・メタル"の復活だ!!あの、"漢なコーラス"や"流麗で無きのギター"は健在です。コレ聴かないと、許しません!!


↑↑インパクト大!!"Teutonic Terror"のPV

これ聴いて、今頃Udo Dirkschneiderは何を想っているのでしょうか?きっと、後悔しているでしょうね。"俺がいてこそACCEPT"というような固定観念は、ことごとく壊れきってしまったような気がします。仕方ないですよ、新生ACCEPTが、素晴らしいアルバムをリリースしてしまったんですから…

聴け!!コレが"真のヘヴィ・メタル"というものだ!!

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



スポンサーサイト
thema:HR/HM
genre:音楽
ACCEPT / RESTLESS AND WILD (1982)
2010/08/15/ (日) | edit |
これぞヘヴィ・メタルというものだ!!

残暑見舞い申し上げます。"NWOTHM"という過去の伝統的なヘヴィ・メタルを今の時代に再現させている若いバンドが増えてきている今日この頃…実に嬉しい限りです。日本でもこういう"真のヘヴィ・メタル"が脚光を(再び)浴びることになったら最高ですね。さて、アメリカのNWOTHMバンドHOLY GRAILの1stEP『IMPROPER BURIAL』に収録されていたACCEPTのカバー曲"Fast as a Shark"は素晴らしい出来でしたよね。しかし、本家には(私の思い込みですが)到底勝てっこないと…

Restless & Wild
Restless & Wild
posted with amazlet at 10.08.15
Accept
Sbme Special Mkts. (2008-02-01)
売り上げランキング: 52662

ドイツを代表するヘヴィ・メタル・バンドACCEPTが1982年にリリースした4thアルバムに収録されている"Fast as a Shark"。もうこの曲は、"ヘヴィ・メタル"というジャンルを代表する"名曲"。ヘヴィ・メタル史上に残る"名曲"ではないでしょうか。あのイントロも、この曲には欠かせないと思っています。私の彼らとの"出逢い"は、昔深夜放送で流れていた"I'm a Rebel"だったことを思い出しましたが…(余談はさておき)本作こそが私が初めて買ったアルバムであり、だからこそ、世界で知名度を上げた名盤『METAL HEART』(1985年)や『RUSSIAN ROULETTE』(1986年)なんかより"思い入れ"が強いんですよね。オープニングを飾る前出の"Fast as a Shark"に続くタイトル曲"Restless and Wild"、あのヘヴィなギター・リフといい、Udo Dirkschneiderお決まりの"金切り声"といい、ドイツ特有のメロディ・ラインといい最高じゃないですか。その他にも、クラシカルなギターの調べで始まるドラマティックな"Neon Nights"(ギター・ソロがたまらない。この曲も超名曲だと思います)、ヘヴィな"Flash Rockin' Man"、ラストを飾る"Princess of the Dawn"なんかも素晴らしい楽曲です。何度も何度も聴き返したアルバムですね。


↑↑"Fast as a Shark"のPV。もう、たまんないです。

さて、もうまもなくACCEPTの新譜『BLOOD OF THE NATIONS』がリリースされます。Udo Dirkschneiderは既に脱退していますが、新シンガーMark Tornilloも超強力ですので、コレは期待大ですね。楽しみに待ちましょう!!

本作こそ、"これぞヘヴィ・メタル"というものだ!!


"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



世界最大規模のCDオンラインストア・CD WOW!全商品無料配送!


thema:HR/HM
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。