この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RIOT / Immortal Soul (2011)
2012/02/05/ (日) | edit |
素晴らしい音楽をありがとう。あなたの"音楽"を一生忘れません。

"音楽家"というか"アーティスト"を職業としている人は、ホントに早死にしてしまう。毎年毎年、こういう悲しいニュースが繰り返されるのが惜しくてたまりません。しかし、今年もまだ始まったばかりなのに…そして"復活"してこれからというときに…こんな悲しいニュースが飛び込んでくるとは…。

ここに、あらためて偉大なアーティスト、Mark Realeのご冥福をお祈りします。

Immortal Soul
Immortal Soul
posted with amazlet at 12.02.05
Riot
Steamhammer Us (2011-11-21)
売り上げランキング: 4304

アメリカは東海岸ニューヨーク州出身の、もう言わずと知れたUSを代表するパワー・メタル・バンド。1975年にMark Reale(Gu)を中心として結成され、1977年には1stアルバム『Rock City』をリリース。キャリアとしてはもう35年という大ベテランです。私個人としてはもう『Thundersteel』世代(1988年リリースの6thアルバム)ですから、2006年以来のこのニュー・アルバムが『Thundersteel』時代のメンバーでリリースされたことが、もう嬉しくてたまらなかった訳です。このニュー・アルバムが本当に素晴らしい。当時の勢いのまま、衰えを知らず、更に円熟したヘヴィ・メタルを聴かせてくれた。ベテランらしい味のある楽曲の数々に、ただただウットリするばかり。『Thundersteel』に匹敵するオープニングの疾走チューン"Riot"は、それこそ"Thundersteel"を彷彿させるキラー・チューン。Tony Mooreのハイトーン・ヴォイスは衰えを感じさせません。そして彼らの本当の魅力はその後に続く楽曲群。ミドル・テンポの楽曲における、美しいギター・ソロ、Tony Mooreの唄う美しいメロディ。特に、この悲しい知らせを聞いた後にあらためて聴くと、もう"涙"を誘います。


↑↑RIOT - 'Wings Are For Angels' recording session

去る1月25日、RIOTの中心人物でありギタリストのMark Realeが、くも膜下出血と長年患ったクローン病の合併症によりアメリカはテキサス州のサンアントニオ病院にて亡くなりました。56歳でした。最高のメンバーを引っ提げての再スタート、まさにこれからという時のホントに悲しいニュースです。

ご冥福をお祈りすると共に、RIOTの"音楽"は永遠に…



スポンサーサイト
RATT / INFESTATION (2010)
2010/05/04/ (火) | edit |
InfestationInfestation
(2010/04/20)
Ratt

商品詳細を見る

MySpace


Ratt & Roll、"情欲の炎"再び!!

"LAメタル"を思い浮かべるときに、やっぱり"華やかさ"とか"ルックス重視"とか、どうしても"色物的"に見てしまうことが多いのですが、そういう"LAメタル・ムーブメント"の中にも、"湿り気"や"哀愁"を感じるバンドが沢山いたことも確かです。"華やかさ"という意味では、MOTLEY CRUEが抜きん出ていたような感じを受けますが、"音楽性"の観点からみてみるとRATTの方が素晴らしかったと、勝手に思っています。

RATT
↑↑ベテランらしい"貫禄"が窺えます。

1984年のデビュー・アルバム『OUT OF THE CELLAR』、後追いの私にとってもこのアルバムは衝撃的でしたね。それまでは、"LAメタル"="MOTLEY CRUE"だと思っていたので…。初めて"Round and Round"や"Back for More"を聴いたときの感動は忘れることが出来ません。初めて"泣き"を知った瞬間…。Warren DeMartiniの"叙情的"で"味"のある"聴かせる"Guiter、"哀愁"を感じてしまうStephen Pearcyの個性的なVocal。(他にも魅力はタップリなんですが、これくらいにしといて…)。80年代後半になると、あの華やかだった"LAメタル・ムーブメント"は衰退し、彼らも91年には解散することとなります。90年代後半には再結成されますが、Stephen Pearcyが脱退。新VocalにLOVE/HATEのJizzy Pearlを迎えますが、そこにはもう本来のRATTの姿はありませんでした。

そして2007年に再結成、1stアルバム『OUT OF THE CELLAR』を再現したツアーを行ったわけです。コレが"大盛況"。RATTにとっても、ファンが何を今求めているかよくわかったはずです。そして2010年、11年ぶりのニュー・アルバムの本作がリリースされました。これこそが、"情欲の炎"!!です。

この新譜を聴いて、う?ん素晴らしいと、前評判通り素晴らしいと感動してしまいました。あの"LAメタル"の華やかさが戻ってきたような感覚を覚え、その華やかさの中に漂う"哀愁"、"泣き"はRATTだからこそできる技だと、再確認することができました。相変わらずWarren DeMartiniの"叙情的"で"味"のある"聴かせる"ギター・パートにはウットリさせられますし、あの個性的なStephen Pearcyの歌い回しも衰え知らず。楽曲的にも懐かしさが感じられ、コレは『OUT OF THE CELLAR』以上の出来だなと…勝手に思っているのですが、聴けば素晴らしさがわかります。


↑↑シングル"Best Of Me"のPV。デビュー当時の音源ではありません。新曲です。

私個人的には、オープニングを飾るヘヴィな"Eat Me Up Alive"がキラー・チューンですね。とにかく、Guiterが泣かせます。"泣き"ですよ"泣き"。聴き入ってしまいます。ホント、いいアルバム作ってくれました。RATT復活万歳?!!

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



thema:心に沁みる曲
genre:音楽
RAVAGE / THE END OF TOMORROW (2009)
2010/04/18/ (日) | edit |
The End of TomorrowThe End of Tomorrow
(2009/08/18)
Ravage
オリジナル盤: 2009
商品詳細を見る


これぞ正統派トゥルー・メタル!!とにかく聴いて欲しい!!
聴けば、彼らの素晴らしさの全てが必ず分かります。


アメリカのツイン・リードを擁する正統派メタル・バンドの2ndアルバム。
しかし、アルバム・ジャケットがEdward J. Repkaということで…
(初期のMEGADETHのジャケットも手掛けています。)B級感が漂いますが…
このアルバムは、決してB級ものではありませんので!!素晴らしいバンドですので!!

Ravage
↑↑ボストン出身。ボストンはやっぱり寒いんでしょうか??

アメリカのバンドらしからぬ、NWOBHMのかほりがプンプン。いかにも欧州的な、
というかIRON MAIDENJUDAS PRIESTからの影響が凄く伺えます。
中盤あたりでJUDAS PRIESTの名曲"Nightcrawler"までカバーしていますからね?。
これぞ"名曲"って曲はありませんが、アルバムを通して"捨て曲"などありません。
特にツイン・リードが奏でる"叙情性"のあるギター・ソロや、深みのあるリフ…
曲展開…どれもクォリティが高いと思います。何度も繰り返し聴けますからね。
時に、"オッ"とくるフレーズが出てくると、無意識のうちに身体が動いてしまいます。
VocalのAl Ravageという男。かなりBruce Dickinsonを意識した歌い回しです。
しかし本家にはかなうはずもなく…"ヘタ"な部分もありますが、
まっそういうのも正統派ヘヴィ・メタルにはありかなって思います。
せめて(Ed Repkaに失礼ですが)こういうB級なアルバム・ジャケットから脱却して
是非、飛躍して欲しいバンドのひとつですね。好きだから応援しています!!


↑↑ラストを飾る"The End of Tomorrow"の音源。

これぞ正統派トゥルー・メタル!!とにかく聴いて欲しい!!
聴けば、彼らの素晴らしさの全てが必ず分かります。

【PS】
先週から、夜遅くまで地元の消防の訓練がはじまり…
6月まで続くわけですわ。田舎ものの宿命!!
更新頻度は間違いなく下がりますが、今後ともよろしく!!
さて、"アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~(初回生産限定盤) [DVD]"…
ようやく家に届き、初めて鑑賞しましたが…
やっぱし"涙"でした…"涙"。

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



thema:心に沁みる曲
genre:音楽
RAZOR / VIOLENT RESTITUTION (1988)
2010/03/09/ (火) | edit |
Violent RestitutionViolent Restitution
(2006/11/27)
Razor
オリジナル盤: 1988
商品詳細を見る


彼らの強烈なリフ・ワークは、
巷では"カミソリ・リフ"と言われております。
正にその通り!!"カミソリ・リフ"を堪能あれ?!!


正直、アメリカがEXODUSなら、カナダは間違いなくRAZORです。
本当に強烈な、"カナディアン・スラッシャー"です。勢いだけは負けません。
本作は、1988年リリースの5thアルバム。彼らの代表作です。
アルバム・ジャケットからして、かなり"キラー"な感じを受けます。

RAZOR
↑↑1985年当時のプロショット。

とにかく、この鋭い切れ味のある"カミソリ・リフ"にはやられます。
"スラッシュ・メタル"なら、これくらい切れ味が鋭くなくてはいけません。
溜まっていたストレスも、切り刻まれて飛んでいってしまったようです。
しかし、たった10日間で仕上げられたとは思えない完成度ですな。

オープニングを飾る"The Marshall Arts"のキチガイのようなスクリームからヤバイです。
その後、次々と繰り出される"カミソリ・リフ"!!いや?ヤバイです。
"スラッシュ・メタル"とは何ぞやと問うたとき、"スラッシュ・メタル"とはこういうもんじゃい!!
と喝を入れられるほどのアグレッションと切れ味です。
1984年にカナダで結成され現在までに9枚のアルバムをリリースしていますが、
2005年以降の活動が確認されていませんが、解散してしまったのでしょうか?
と、いうことならば非常に惜しいことです。

巷では、B級スラッシュ・メタルと言われていますが、
そんなことはございませんので…"スラッシュ・メタル魂"を感じます。

↓↓"Rdge Of The Razor"う?んスラッシュ・メタルの名曲!!


これだから、"スラッシュ・メタル"が止められない。

彼らの強烈なリフ・ワークは、
巷では"カミソリ・リフ"と言われております。
正にその通り!!"カミソリ・リフ"を堪能あれ?!!

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



thema:心に沁みる曲
genre:音楽
ROUGH CUTT / ROUGH CUTT (1985)
2009/12/18/ (金) | edit |
Rough CuttRough Cutt
(1991/01/25)
Rough Cutt
オリジナル盤: 1985
商品詳細を見る


これほど"歌唱力"の素晴らしいVocalがいる"LAメタル"バンドは、
たぶん他にはいないんじゃないかと…。
Paul Shortinoの"歌唱力"と"表現力"の素晴らしさ、
何とも、"ソウルフル"で"渋い"。

オーソドックスなLAメタルなのですが、彼の"歌唱"の巧さが、
このアルバムを引き立てます。
ただ、その分、バックに物足りなさもありますが…
そこら辺は、楽曲の"良さ"でカバーして…。

オープニングを飾る"Take Her"、奇妙なギター・リフで始まりますが
Paul Shortinoの"歌声"にウットリ。ミディアム・テンポですが、
やっぱり"パワフル"。ギター・ソロも格好いいじゃないですか。
2曲目"Piece of My Heart"は、なんとErma Franklinのカヴァー曲。
これは、Janis Joplinもカヴァーしていますが、
"LAメタル"において、こういうソウル・ミュージックをカヴァー出来るのは、
やはりPaul Shortinoだからこそです。素晴らしい曲です。
続く、ギターのイントロが印象的で美しい"Never Gonna Die"。
これもまた、THE CHOIRBOYSのカヴァー。ソウルフルなハード・ロック・ナンバー。
凄く格好いいじゃないですか?。ソウルフルな"歌"と、
ギターで"泣け"ます。
ブルージーなバラード"Dreamin' Again"…う?んソウルフル。
こういうのは他の"LAメタル"バンドでは書けないだろうな?。
ギター・ソロも"泣き"です。
ここにきってやっと"LAメタル"ってな感じの
疾走チューン"Cutt Your Heart Out"、う?ん、短い曲ですが格好いい!!
ブルージーでミディアム・テンポの、"You Keep Breaking My Heart"なんかは、
彼らだからこそですよね。ギター・ソロ"泣き"です。
"LAメタル"シーンの中にあって、
"ガキは黙ってろ"的な、"大人感"…
ラスト・ナンバー"She's Too Hot"、ハードなナンバーですが
これも聴かせてくれます。

う?ん、アルバム・ジャケットも格好いいし、
言うこと無し!!
キャッチーになりすぎたと酷評された2nd『WANTS YOU!』
大好きなんですけどね?。

ガキじゃない"大人"のLAメタル…ウットリします。

ちなみに、結成当時のギタリストは、Jake E. Leeでした。
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。