この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SYMFOMANIA / ARIA (2010)
2011/01/03/ (月) | edit |
新年早々、やさしい気持ち。美しい、ただただ美しい。

新しい年を迎えるに相応しい壮大なインスト、とても気に入りました。シンフォニック・ロックとネオ・クラシカルを融合させた壮大なインストゥメンタル。新年早々、聴き惚れてしまいました。美しい、ただただ美しい。

Aria

symfomania
Top Sound Records(2010-12-20)

Symfomania@MySpace

2004年に東ヨーロッパ、ロシア連邦に隣接するウクライナで結成された女性6人組。2009年に1stアルバム『EMPIRE』をリリースしています。今回紹介するのが2010年リリースの2ndフルレンス・アルバムでございます。楽曲のタイトルも全てロシア語となっております。正直言いまして…"炎のジャケ買い"No.1ではないでしょうか?これがまた素晴らしい!!と、言うか"美しい"。コレを"ヘヴィ・メタル"と言ってよいかどうかわかりませんが、本当に"美しい"。

Sympomania
↑↑美しいでしょ。コレ、そそるでしょ!!

こんなに素晴らしいアルバム・ジャケット見せられちゃうと、ジャケ買いしちゃうでしょ。2人のバイオリン奏者、ビオラ、チェロ、キーボード、ドラムスという風変わりな体系ですが、無理もありません。シンフォニック・ロックとクラシック音楽との融合です。何とも言えないアンサンブル、表現力の豊かさ。そして滲み出るような"哀愁"。"美しい"、ただただ"美しい"。いろいろな想いが心に溢れ、"涙"を誘います。美しいバイオリンの音色…泣いてしまうではないですか。


↑↑Symfomania - Улица роз / Ария, кавер (live)

う?ん"美しい"。新年早々"美しい"。楽曲も"美しい"し、メンバーの女性陣も"美しい"。東ヨーロッパの女性は"美しい"。"美しい"、ただただ"美しい"。

(注)amazon.co.jpなどでは流通していませんので、オフィシャル・ショップなどでお買い求めくださいませ。

スポンサーサイト
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。