この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CRUSHING BLOW / CEASE FIRE (2010)
2011/02/28/ (月) | edit |
この"イモ"くささが、またイイんです。好きなんです。

昨年は、スウェーデンの女性Vo擁する正統派メタル・バンドSISTER SINの2ndアルバム『TRUE SOUND OF THE UNDERGROUND』が話題を呼びましたが、このバンドも忘れてはいけません。いや、SISTER SINの2ndほどのメジャー感ははっきり言ってありませんが(でも、SISTER SINの1stよりは断然イイので…)、逆にその"イモ"くささがイイ味出してるんではないでしょうか…。

Cease Fire

Crushing Blow
Infernö Records(2010- 9-20)

Crushing Blow@MySpace

1997年にフランスで結成された正統派ヘヴィ・メタル・バンドの2010年に約7年ぶりにリリースされた2ndアルバムが本作。2003年にリリースした1st『FAR AWAY』は未聴のため比較することは出来ませんが…この2ndアルバムが、凄く"好き"。完成度はというと、そりゃ"並盤"の域を超えていないと思いますけど、凄く今後に期待が持てるバンドです。正統派ヘヴィ・メタル、どちらかとパワー・メタルに近い印象を受けます。女性VoであるValène De Santisの歌声は、女性とは思えないほどのパワフルな歌い回し。歌唱力バツグンかというと、それほどでもないですが、その"イモ"くささが良いですね。そして、ハイライトはツインGu。それほど巧い訳ではないですが…(褒めてるのか??)、この2人のギタリストは"ツボ"を押さえています。流麗なギター・ソロには、十分"泣け"ます。随所にIRON MAIDEN節炸裂、そしてギター・ソロで上手く泣かせます。ええメロディしてますな。こういうトコロがたまらなく好きです。(そして、こういうB級クサさがイイんです)。アルバム・ジャケットを見てください。マニア心を擽るインパクトがありますね。ジャケ買いOKです!!


↑↑CRUSHING BLOW : "Redemption" - Le Korigan (13) le 09/10/2010

う?ん、3分くらいからのギターのフレーズに失禁してしまいます。さて、このVoのおねいさん、2008年にBLOWBACKというバンドで『ALL AND EVER MORE』というアルバムを1枚リリースしています。(未聴です)。既にこのバンドは解散しているような情報もありますが…。この、CRUSHING BLOWの次のアルバムでの飛躍を大いに期待したいと思います。凄く楽しみなバンドのひとつです。

↓↓1stアルバムはamazon.co.jpでGETできるそうな。



スポンサーサイト
thema:HR/HM
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。