この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LIONVILLE / LIONVILLE (2011)
2011/09/10/ (土) | edit |
その珠玉のメロディが、傷んだ心を癒してくれる。

例えどんな困難にブチ当たって心が折れそうな時だって、コレを聴いただけで心は癒され暖めてくれる。こんな気持ちにさせてくれるアルバムって、そう他に無いのではないんでしょうか。

Lionville
Lionville
posted with amazlet at 11.09.10
Lionville
Avenue Of Allies (2011-06-20)
売り上げランキング: 61742

イタリア人ギタリストStefano Lionettiが中心となって結成されたメロディアス・ハード・ロック・プロジェクト。WORK OF ARTのLars SafsundがVocalを担当。その他、Bruce Gaitsch (Richard Marx, Chicago, Peter Cetera, King Of Hearts)、Tommy Denander、Erik Martensson (W.E.T., Eclipse)、Sven Larsson (Street Talk)、Arabella Vitanc (Alyson Avenue)というメンツのスーパー・プロジェクト。本当に素晴らしいメロディアス・ハード・ロック、AORに仕上げました。Stefano Lionettiが楽曲を書いているというだけあって、Guiterも"哀愁"に満ちあふれています。初めてDEGREEDを聴いたときの感動、いやそれ以上の気持ちにさせられました。全ての曲が"珠玉のメロディ"に満ちあふれ、心が洗われます。Lars Safsundの甘い歌声は、心の曇りを一掃してくれます。なんて優しいんだろ。なんて暖かいんだろ。もうこれ以上、何もいりません。全ての曲で"涙"が出そうになります。そして聴き終えた後、あれだけ折れていた自分の心に、ひとつの雲もなく晴れ渡っていることに気付きます。何度も何度も聴き返して、今までの自分の悩みとか、心の疲れとか、全て消え去り、"涙"の後には"笑顔"が込み上げてくるような。そんな気持ちにさせてくれます。そんなバンドが、他にあるのでしょうか。


↑↑LIONVILLE - Here By My Side


↑↑Lionville - World without your love

アルバムのオープニングを飾る"Here By My Side"の完成度の高さと、その美しさに、まず心を奪われ、珠玉のバラード"World Without Your Love"で"涙"するのです。このYoutubeを聴いて、皆さんも"涙"するのです。そして、全ての方が"幸せ"でいられるように…



スポンサーサイト
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。