この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SINNER / TOUCH OF SIN (1985)
2011/10/31/ (月) | edit |
コレこそが私の求める"ヘヴィ・メタル像"である。

最近発売されたB!誌の増刊METALLION。"鋼鉄名盤徹底ガイド160ALBUMS"と題して、1983年から1985年までの"黄金時代の幕開け"の名盤を数多く紹介しています。当時のヘヴィ・メタル・シーンをリアル・タイムに聴いていない私にとって非常に興味深く読ませていただきました。それでも、特に80年代のヘヴィ・メタルが大好きな私は、知らないアルバムは無かったわけですが、それでも改めて聴いてみようという気が起こりました。

Touch of Sin
Touch of Sin
posted with amazlet at 11.10.31
Sinner
Noise (2001-09-10)
売り上げランキング: 323892

ドイツはバーデンヴュルテンベルグ州において1980年に結成された、正統派ヘヴィ・メタル・バンド。言わずと知れたMat Sinner率いるSINNERの1985年リリースの4thアルバムが本作。と言っても、1stと2ndに関してはレコード会社が無断でデモをリリースしたらしく、Mat Sinner自身は正規のアルバムではないと主張しているみたいです。とすると、2ndアルバムと言ったほうが正しいのかも知れません。今年、16枚目のアルバム『ONE BULLET LEFT』をリリースしています。最近の名盤と言えば、先に紹介している2007年リリースの『MASK OF SANITY』だと思いますが、彼らの初期の名盤と言えば何と言ってもこの4thアルバムではないでしょうか。Mat Sinnerは元々THIN LIZZYを溺愛しているだけあって、アイリッシュなテイスト、特にツイン・リードが奏でる"哀愁"のGuiterを堪能することが出来ます。Mat Sinnerの歌声は、ジャーマン・メタル的な"漢"を彷彿しますので、ジャーマン・メタル+アイリッシュ・ハード・ロックの融合と言うべきでしょうか。それにプラスしてエッジの効いたギター・リフなんかも凄く心地良いもんです。アルバムを通して感じることが出来る"哀愁"は、ホント何とも言えません。メロディ・センスもなかなかのもので、これを"名盤"と言わずして何と言えばいいんでしょう。


↑↑Sinner - Masquerade


↑↑Sinner - Emerald

"Emerald"なんて、タイトルからしてアレですよね。凄くいい曲ばかりの素晴らしいアルバムです。"泣き"ですよ"泣き"。もう泣いちゃってください。コレこそが私の求める"ヘヴィ・メタル像"である。間違いない。うん、もっと高音質にリマスターされて再発してほしいアルバムですね。ホント、オススメの"名盤"です。



スポンサーサイト
thema:HR/HM
genre:音楽
SINNER / MASK OF SANITY (2007)
2011/09/21/ (水) | edit |
盤を回して"気持ちいい"と思う瞬間があります。

そういったアルバムに出逢えることが"快感"であり、そういうものを追い求めて"猟盤"する訳なんですけど、意中のアルバムに出逢えたときの"快感"は凄まじいものがあるんです。

Mask of Sanity
Mask of Sanity
posted with amazlet at 11.09.21
Sinner
Crash Music (2007-02-20)
売り上げランキング: 664643

ドイツを代表するバンドと言っても過言では無いでしょうね。Mat Sinner(Vo&Ba)率いるジャーマン・メタル、正統派メタルバンドSINNER。つい最近、16枚目のアルバム『ONE BULLET LEFT』をリリースしたばかりの彼らですが、その長い歴史の中で唯一、一枚選べと言われたら…。迷わず、2007年リリースのこの14thアルバムをあげると思います。SINNERのアルバムの中で、これほど"気持ちよく"なれるアルバムはありません。メロディアスな部分と、ヘヴィな部分とがこれほど整合がとれたサウンドは中々作れないもんだと思います。さすが、Mat Sinner自身がTHIN LIZZYを崇拝しているだけあって、THIN LIZZYらしいテイストがふんだんに散りばめられています。"哀愁"漂うメロディ、ツイン・リードが奏でる"泣き"の部分はホントに"涙"もん。当時のギタリストであるTom Naumannは"イイ味"を持っています。このGuiterあってこそ、このアルバムがより輝きを増したような気がします。しかしまぁ、Mat Sinnerが歌うと"哀愁"に"漢"を感じてしまうのは何故でしょう。そういう部分があって、THIN LIZZYになってしまわない、彼らならではの正統派ヘヴィ・メタルに仕上がっています。これはもう"絶賛"されていいアルバムですね。


↑↑SINNER- BLACK

この"Black"のPVに出てくるおねいさんがとても綺麗で美しい。というのは余談ですが…ホントに素晴らしいアルバムなんです。なんか、日本では知名度が低すぎるような気がしますが、是非聴いてください。彼らの魅力、いやヘヴィ・メタルの魅力に気付くはずです。



thema:HR/HM
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。