この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BISCAYA / BISCAYA (1983)
2011/10/02/ (日) | edit |
あまりにも、その1曲が"名曲"過ぎて…

他の曲が陰に隠れてしまったりして。そして、"一発屋"とかなんとか言われたりしてしまったんです。

北欧の戦士(紙ジャケット仕様)
ビスカヤ
BMG JAPAN (2007-03-21)
売り上げランキング: 173455

スウェーデンの大都市ヨーテボリという街で1982年に結成された北欧メタルバンド。1983年、唯一世に送り出した1stアルバムが本作。初期の北欧メタルの"名盤"と言って良いか…。アルバム全体的に統一感がないというか、ムラがあるアルバムですが、とにかくオープニングを飾る"Howl In The Sky"は、北欧メタルに限らず"ヘヴィ・メタル史上に残る名曲"でございます。この曲の為だけにこのアルバムを買ったって、ホント価値があります。これは、クラシカルでRAINBOW的な素晴らしい名曲です。北欧メタル・ブーム以前の輝かしい"名曲"ですね。ソロ・パートが壮絶で悶絶。Vocalが昔のDave Meniketti(Y&T)を彷彿させるヘタウマさで、より哀愁味が増しています。さて、他の曲は全部ブーですか?いやいや違いますね(確かにブーな曲もありますがね)。名曲に続くコレもRAINBOW的でDEEP PURPLE的な"Fools"も"哀愁"のあるイイ曲ですし、3曲目のバラード"Summerlove"のもの哀しさに涙が溢れます。泣けます。個人的には8曲目の"Walls"の哀愁も好きですね。しかし、この頭3曲の勢いが最後まで続いていれば…ヘヴィ・メタル史上に残る"名盤"になっていたはずなのに…この1枚のアルバムだけを残し消滅してしまったのは実に惜しい。


↑↑Biscaya - Howl In The Sky

私がヘヴィ・メタルを聴くようになった頃、B!誌なんかの記事を読んで気になっていたのですが、当時この"北欧の戦士"アルバムはCD化されていませんでしたし、LPも高価に取引されていましたから、後のCD再発が嬉しくてたまりませんでした。そして手に入れたときの喜びは、今も忘れられません。ちなみに、B!誌の記念すべき創刊号の記念すべき一発目のレビューはこのアルバムだったみたいですね。78点だったって。



スポンサーサイト
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。