この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
VOLTURE / SHOCKING ITS PREY (2010)
2011/02/24/ (木) | edit |
今は80年代ではないぞ!!時代を間違えてしまったヘヴィ・メタル!!

"NWOTHM"、古き良き時代のヘヴィ・メタルを再認識させてくれる今日この頃。ENFORCERWHITE WIZZARDをはじめとして、沢山の"NWOTHM"バンドが素晴らしいアルバムをリリースした2010年。新世代のヘヴィ・メタルと、古きを重んじる伝統的なヘヴィ・メタルが混在する、とても良い時代なのではないでしょうか。

Shocking Its Prey
Shocking Its Prey
posted with amazlet at 11.02.24
Volture
Heavy Artillery (2011-01-25)
売り上げランキング: 32420

早くも↑のアルバム・ジャケットの"クサレ"さで失禁してしまった方も多いのではないでしょうか。バンド・ロゴも含めて、こんな"クサレ"が、現代に存在することが素晴らしい。このバンドの名はVOLTURE。アメリカはヴァージニア州で結成された正統派ヘヴィ・メタル・バンドでございます。メンバーの写真を見ると、割と貫禄がある感じですのでベテランさんなのかも知れませんが…このバンドが結成されたのが2008年。そして、2010年にリリースされた1stEP(6曲入り)が本作。一度聴いて、イッパツで気に入ってしまいました。もしかするとENFORCERとかWHITE WIZZARDなんかより"イケてる"んではないでしょうか?。アメリカのバンドですが、ルーツはやはりヨーロッパの古き良き正統派ヘヴィ・メタルです。随所で聴けるフレーズは、こいつらはモロ"NWOBHM"です。ツイン・ギターによる流麗なフレーズ、IRON MAIDENバリの唸るベースが聴ステキ。そして、高音と中低音を歌いこなすVocal、Brent Hubbardも巧いですね。ハイトーンにインパクトがあります。ヘヴィ・メタルはこうでなくちゃ!!


↑↑Volture - Heavy Metal Machine

いや?最高!!"Heavy Metal Machine"最高!!う?ん、6曲だけじゃ物足りなさ過ぎる。早く1stフルレンス・アルバムが聴きたい!!早く聴きたい!!最高!!

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



スポンサーサイト
thema:HR/HM
genre:音楽
VIOLATOR / ANNIHILATION PROCESS (2010)
2010/12/04/ (土) | edit |
今、若手ブラジリアン・スラッシャーが超熱い!!

と思います。って言うか、南米のスラッシュ・メタルが超熱いですね。今後も沢山の素晴らしいバンドを輩出してくれることを楽しみにしております。

Annihilation Process

Violator
Kill Again Rec(2010-5-8)

Violator at Myspace

2002年にブラジルで結成されたスラッシュ・メタル・バンドの2ndEPが本作。2007年に1stフルレンス・アルバム『CHEMICAL ASSAULT』をリリース。このアルバムは欧米ではEarache Recordsより出ていたので、結構流通していたのではないでしょうか。現に、amazon.co.jpで購入する事が出来ます。さて3年ぶりにリリースした本作はEPですが、それでも7曲(1曲はカバー曲)入っているので結構満足することが出来ます。1stフルレンスと同様に、ザクザクの変態クランチ・リフは健在です。(特に成長は見られませんが)もともとクオリティの高いスラッシュ・メタルをやっていたので、今回も同等と言うことです。しかし、こういう"変態クランチ"スラッシュ・メタルは、何度も繰り返し聴いてしまいますよね。なんて言うんですか、勝手に頭をタテに振ってしまいます。今回も結構楽しませていただきました。ホント、いいバンドですわ。リリース当時、専門店でもすぐに売り切れてしまいましたもんね。それだけ知名度と、実力があるんですね。素晴らしいです。


↑↑Violator - Deadly Sadistic Experiments

いや?思うんですけどね、なんであと3?4曲追加して2ndフルレンス・アルバムとしてリリースしなかったんでしょう。惜しいって言うか…何というか、もっと楽しみたかったのにというのが正直なところです。それくらい素晴らしいEPです。

(注)amazon.co.jpなどでは流通していませんので、専門店などでお買い求め下さいませ。

しかし↓↓1stフルレンス・アルバムは買えます!!超オススメ!!


thema:HR/HM
genre:音楽
VIO-LENCE / ETERNAL NIGHTMARE (1988)
2010/09/26/ (日) | edit |
5本の指に入る"スラッシュ・メタル・アルバム"!!

だと私は思っていますが、皆さんはどうお考えでしょうか?。今聴いても凄くカッコ良い。このアルバムを聴くと、大人げなく"ヘドバン"しまくりたくなってしまいます。←マジで!!

Eternal Nightmare (Bonus CD)
Eternal Nightmare (Bonus CD)
posted with amazlet at 10.09.26
Vio-Lence
Megaforce (2005-06-28)
売り上げランキング: 18223

アメリカは西海岸ベイエリア出身のスラッシュ・メタル・バンド。現在MACHINE HEADで活躍しているRobb Flynn(Gu)が昔在籍していたバンド、と言った方が分かりやすいんでしょうか??さて、1988年にリリースされた1stフルレンス・アルバムが本作。この、このメジャー処を狙わないクサレなアルバム・ジャケットには凄く好感が持てます。このクサレなジャケットに対して、中身は素晴らしい!!ザクザクのベイエリア・クランチが心地よく、しかし同じリフ・ワーク一辺倒ではなく非常に聴き手をそそらせるリフ展開に、頭が無意識のうちに動き出す。いや?勢いが違いますね。Sean KillianのVocalは、正直アレで…好き嫌いが分かれるかもしれませんが、私はOK。このVIO-LENCEスタイルにマッチしていて良いんではないでしょうか?(決して素晴らしくないVocalも、VIO-LENCEの魅力の一つになってしまっています)。私個人的には、当時のEXODUSなんかより半歩ほどリードしているくらい好きです。(←テキトーな解釈)。とにかく、ハイテンションでカッコ良い!!もし初心者の方に"スラッシュ・メタル"を紹介するのであれば、このアルバムを軽?く紹介してしまいそうになります。


↑↑"Eternal Nightmare"の音源。

しかし、言葉にならないほどのカッコ良さです。もう20年以上経過しているというのに…再結成されているんだったら、せめて新譜を出してくれないかな?(もちろんRobb Flynnは在籍していませんが)。最近の若手スラッシャーに、本当の"ベイエリア・スラッシュ"を聴かせたって貰えませんか??是非。

amazonで購入する

"hirokawai音楽論!!" online storeへ



thema:HR/HM
genre:音楽
アカペラ・メタル??コレは買うべきか?
2010/02/01/ (月) | edit |
HeroHero
(2010/03/01)
Van Canto
オリジナル盤: 2006
商品詳細を見る


Five singers, one drummer. No guitars, no bass, no keyboards

なんじゃい、こりゃ??
楽器はDrumsだけ…あとは5人のシンガー…つまり"アカペラ・メタル"ってことか!!
面白いっていうか、こりゃ完全に"ネタ"です"ネタ"!!

VAN CANTO

2002年にドイツで結成されたVAN CANTOの2006年リリースの2nd。
上の写真の綺麗なおねいさんと、"METALなポーズ"のお兄さんがLead Vocal。
後はDrums以外、み?んなVocal。こりゃ、たまげた。

↓↓MANOWARの"King of Metal"のカヴァー。PV。

"デュンデュンダヴァダヴァデュンデュンダヴァダヴァ"

どうですか?笑ってしまいますwww
っていうか、このPVにはまってしまって昨日から何度も観てしまってます。
他にも、NIGHTWISHの"Wishmaster"なんかは、Tarja Turunenに負けないくらい
おねいさんの歌声が本当に素敵だと思います。
…が、METALLICAの"Battery"は正直アホっぽい。

さて、"ネタ"として買うべきか?買うのを控えるか?
今、最大の局面に立たされている俺でした…

MySpaceのオフィシャル・ページへ

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



thema:心に沁みる曲
genre:音楽
VIOLATOR / CHEMICAL ASSAULT (2007)
2010/01/31/ (日) | edit |
Chemical AssaultChemical Assault
(2008/07/21)
Violator
オリジナル盤: 2007
商品詳細を見る


すっごく"B級"なのに何度も繰り返し聴いてしまう…
何だろ…"クセになる"変態系スラッシュ・メタルです。


ブラジル出身の4人組の2007年リリースの1stフルレンス・アルバム。
amazonのユーザー・レビューでは、これでもかってほど"べた褒め"されていますが、
正直初めて聴いたときは"はっ?褒めすぎじゃね?"と思いましたが…

やっぱり、ハマってしまうのね…こういうのに…俺。

l_44f255ac680a4f3192b87ea624323665.jpg
↑↑ここまでくると"アホ"も"愛らしい"です。

アルバム・ジャケットからして"クサレ"を醸し出しています。
そして、"'80年代スラッシュ・メタル"的な音質…
全10曲、一気に駆け抜けていくような疾走スラッシュ・チューン。
EXODUS直系の"クランチ・リフ"と、初期KREATORの"変態リフ"が"心地良い"。
すんごく危なっかしい演奏ではありますが、ホントこういうリフは"耳に心地よい"。
"心地良い"という表現は適切では無いかもしれませんが、非常に"強烈"です。
あのPaul Baloff系の変態キチガイVocalも、変態リフにうまく絡みます。
君達を、"変態スラッシュ・メタル"と名付けよう!!

昨年、アメリカの老舗B級スラッシュHIRAXと共に、大阪のみで来日公演をしました。
なんで"大阪のみ"やねん…っとツッコミを入れつつ、
知名度の無さはお察しの通りですが、それでも、曲が始まれば相当うけたんだろうな?。
無意識に"ヘドバン"してしまいますから…


↑↑キラー・チューン"Atomic Nightmare"。

思わず、一緒になって"Atomic Nightmare"と叫んでしまいます!!

すっごく"B級"なのに何度も繰り返し聴いてしまう…
何だろ…"クセになる"変態系スラッシュ・メタルです。

MySpaceのオフィシャル・ページへ

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



thema:心に沁みる曲
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。