この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ANIMETAL USA / ANIMETAL USA (2011)
2011/10/16/ (日) | edit |
コレは今年一番のニュースではないでしょうか?

凄いプロジェクトですよ、コレは。普段、アニメも観ないしパチンコもやらない私でさえ、このプロジェクトの楽曲を聴いてゾクゾクさせられましたから。

アニメタルUSA
アニメタルUSA
posted with amazlet at 11.10.16
アニメタルUSA
SMJ (2011-10-12)
売り上げランキング: 84

冒頭でも言いましたが、私はアニメにほとんど興味を持っていません。ですから、前からある日本のメタル・アーティスト達によるANIMETALというプロジェクトに対して、コンセプトとしては面白いなと思いつつも、全く聴く気にもならなかったのが本心です。しかし、アメリカの超有名アーティスト達によるANIMETALには、凄く興味をしめしたわけです。だってメンバーが凄いですからね。Vocalは元LOUDNESSでハイトーンが売りのMike Vescera、どうも彼は日本のアニメが大好きらしいですね。彼もこのプロジェクトの発端の一人だとか。そしてGuiterは、これが凄い。超技巧派で有名なChris Impellitteri。まさか彼がIMPELLITTERI以外のプロジェクトに参加するとは夢にも思っていなかった。Bassは、キューバ人でWHITESNAKEなどで活躍したRudy Sarzo。Drumsは、JUDAS PRIESTで活躍する機械的ドラミングScott Travis。楽曲のアレンジには、元MEGADETHMarty Friedman。このメンツだけでも、興味津々ですよ。もう、発売前から予約してしまいましたから。盤が届いて、もう即効失禁ですよ。このプロジェクト、期待を裏切りませんでしたね。日本を代表するアニメの主題歌を、ここまで素晴らしい演奏で披露してくれるとは、もう"涙"もんです。特にChris Impellitteriの壮絶なギター・プレイは、もう失禁以上のものがあります。カッコイイ!!。原曲に対してよりいっそう磨きをかけてくれました。ホントに"壮絶"ですよ。しかし、私が感じたことはもう一つ。最近の日本の音楽シーンは(特にJ-POPシーンと言うべきか)、ほとんどが欧米化されすぎていますよね。昔からある歌謡曲というか、日本人だからこそなせるメロディの美しさが少なくなってきているような気がします。そう考えると、アメリカ人アーティスト達ががやってくれたこの日本の往年の名曲を改めて聴くと、やはり日本人の元からあるメロディ・センスの美しさにホント感動させられました。日本人はやはりメロディを大切にする文化があるんだと、今の日本の音楽シーンにも問いかけてみたい。


↑↑Animetal USA - 宇宙戦艦ヤマトPV

しかし、彼らのビジュアル的にこのメイキングはどうかとは思いますが…。欧米人が日本の音楽をカバーすることで、より日本の音楽の素晴らしさを感じることが出来たと思います。是非、次も聴いてみたい。アニメのみならず、歌謡曲のメタル・カバーなんかも面白いかも知れません。そういうことで、日本の音楽の美しさを再発見できれば…。



スポンサーサイト
thema:HR/HM
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。