この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OUTLOUD / LOVE CATASTROPHE (2011)
2011/10/18/ (火) | edit |
"青春時代の真ん中は"…

胸に刺さすことばかりでございます。ふと、このアルバムを聴いて、妙に懐かしく感じたり、想い出にふけってみたり…。いろんな想いが脳裏に蘇る。

Love Catastrophe
Love Catastrophe
posted with amazlet at 11.10.18
Outloud
AOR Heaven (2011-07-25)
売り上げランキング: 54835

2004年にギリシャはアテネにて、FIREWINDのBob Katsionisと、現在はTANKで活躍するMark Crossを中心として結成された'80sライクなHM/HRバンド。2009年にリリースされた1stアルバム『OUTLOUD!』は、正直イイ曲はとってもイイのに、アルバムを通して聴くとつまらないアルバムだったことを思い出します。初期の頃のBON JOVIを彷彿させるキーボードがギンギンの'80sライクな素晴らしい楽曲があったにもかかわらず、他に駄曲が多かったんですかね。私としては"残念"なアルバムでした。そして2年ぶりの2ndアルバムが本作。もうCDを何回聴いても、飽きない素晴らしいアルバムです。そりゃ、恐る恐るでしたよ。イイ曲はイイですからね。次にどんな曲が来るのか、正直冷や冷やしながら聴いていましたが、何の心配もいりませんでした。アルバムを通して、とにかく"哀愁"や"泣き"が心を震わせてくれます。なにか、何十年前の"青春時代"(死語?)を思いだし、"涙"を誘う楽曲の数々。ロック・チューンにしてもバラードにしても、とにかく"哀愁"が漂います。Bob Katsionisが奏でる"泣き"のギターにもウットリしてしまいます。もちろん初期BON JOVIを彷彿させる楽曲もありますが、中には、'90年代のPRAYING MANTISにも通じる"哀愁"もあります。やっぱり、この時期は"心"を暖めたいですよね。いいアルバムを作ってくれました。とにかく、メロディ・センスも"泣き"のGuiterも"哀愁"も申し分ない。




↑↑OUTLOUD - Waiting For Your Love

いや~1stアルバムが"残念"だっただけに、この2ndアルバムを余計に愛してしまいます。この"秋"、人肌恋しくなる頃、こういうアルバムが私の心の中には必要なんです。しかし、前作同様、おねいさんがアルバム・ジャケットですね。前作も本作もインパクトあります。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。