この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ELM STREET / BARBED WIRE METAL (2011)
2011/11/19/ (土) | edit |
彼らの"ヘヴィ・メタル愛"が、ヒシヒシと伝わってきます。

そういえば日本のヘヴィ・メタル専門誌であるB!誌っていうのは、"NWOTHM"というものに対して非常に厳しい評価をしてくれていますね。日本国内盤が出ているものでも70点台が普通、輸入盤に関しては30点台~40点台という厳しさ。いったいどういう事でしょうか?そういった点数を受けたバンドでも、決して悪くない良いアルバムを提供してくれているのに…。編集者の心情を疑いたくなってしまいます。

Barbed Wire Metal
Barbed Wire Metal
posted with amazlet at 11.11.19
ELM Street
Massacre (2011-11-28)
売り上げランキング: 221636

オーストラリアは南部ヴィクトリア州の州都メルボルン、緑豊かなガーデン・シティとして有名なオーストラリア第2の都市でございます。その由緒ある都市にて2003年に結成された正統派メタル・バンド(NWOTHM)が彼ら。エレガントで美しい街で結成されたバンドですが、バンド名は"エルム街の悪夢"でございます。(余談が過ぎました)。



↑しかしホント、このバンドの写真見るだけでも"ヘヴィ・メタル愛"を感じますね。2011年、"発掘仕事人"StormSpell Recordsよりリリースされた1stアルバムが本作でございます。"超ド直球"な正統派メタルを聴かせてくれます。だんだん難解になっていく昨今のヘヴィ・メタル・ムーブメントの中にあって、これほどストレートに"ヘヴィ・メタル"を体現してくれちゃうことに嬉しさを感じます。そして私からも"愛"を贈ってしまいます。やはり1980年代の正統派メタルからの影響は色濃く出ています。重圧なコーラスや80'sライクなギター・リフに思わずニヤリしてしまいます。VocalメロディはUS的ですが、コーラスはジャーマン、Guiterは欧州的という非常に引きつけられる面白いバンドです。随所にパワー・メタル的要素もあります。もう、どの曲を聴いても"ヘヴィ・メタル愛"ですから。ただ、そこらのB級でヘッポコなヘヴィ・メタル・バンドとは違い、凄くクオリティは高いと思います。"NWOTHM"にありがちな"もうそのぐらいにしといたらどうなの?"という"'80年代かぶれ"のネチっこさが少ないですね。とても、彼らの音楽は"ヘヴィ・メタルが清々しい"。


↑↑Elm Street-Barbed Wire Metal


↑↑Elm Street-Metal Is The Way

いや~"Metal is the Way"ですよ。いい響きです。アルバム・ジャケットも、ちゃっかりEd Repka画伯が描いています。今後が楽しみな"NWOTHM"バンドですね。B!誌が酷評をしませんように。祈っています。



スポンサーサイト
thema:ヘヴィメタル
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。