この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

DEGREED / LIFE,LOVE,LOSS (2010)
2011/03/30/ (水) | edit |
透明感のある珠玉のメロディに、心癒されて…

暗いニュースや過去を忘れて笑顔を取り戻せたら、凄く幸せなことだろうと思うけど、今はまだその時期ではないような、ただ、ただ前を向いて歩いていかなければいけない。そのためには、"笑顔"が大切なんだと。その笑顔を取り戻すためには、珠玉のメロディしかない。

LIFE LOVE LOSS
LIFE LOVE LOSS
posted with amazlet at 11.03.30
DEGREED
Melodic Rock (2010-12-06)
売り上げランキング: 111403

スウェーデン出身のメロディアス・ハード・ロック・バンドの2010年リリースのデビュー・アルバム。モダンな感じもある、特にメイン・ストリームを意識した楽曲が目立ちますが、その中でも光るのが"美しいメロディ"。北欧独特の透明感のある珠玉のメロディにウットリしてしまいます。ハード・チューン、そしてバラード共に、そのメロディの美しさに"涙"が溢れます。ホント"音楽が好きで良かった"。うん、音楽性は世界でヒットしてもおかしくない。全ての曲が素晴らしいですから…。ここ日本でもエア・プレイされてもおかしくない。VocalのRobin Ericssonの甘い歌声、ハイトーンではないですが、甘く切なく聴かせてくれます。そして、ギターとキーボードの透明感のあるソロ・パートも美しいです。"哀愁"を感じます。久々に、ゾクゾクさせられた気がします。甘く、包み込まれる幸せを感じます。


DeGreed - Arms Of Misery

いや?大好きです。凄く心を癒してくれます。今、音楽を求めている全ての人に聴いていただきたい1枚です。そして、5月18日に日本デビューが決定しました。凄く嬉しいことです。これで、多くの日本の方に評価されたら嬉しいですね。

透明感のある珠玉のメロディに、心癒されて…

amazonで購入する

"hirokawai音楽論!!" online storeへ



thema:心に沁みる曲
genre:音楽
DAWN OF SILENCE / WICKED SAINT OR RIGHTEOUS SINNER (2010)
2010/11/25/ (木) | edit |
メイデン直系のメロディアス・メタル!!ド・ストレートですわ!!

"IRON MAIDEN直系"と称するバンドの中で、大概のバンドは本家IRON MAIDENの足元にも及ばない。ホントに"イモ"なバンドが多いんです。コレは"猟盤"しててよく感じることなんですが、たまには"大当たり"のバンドもあるわけです。それが、彼ら…

Wicked Saint Or Righteous
Wicked Saint Or Righteous
posted with amazlet at 10.11.25
Dawn of Silence
Smd (2010-03-26)

2001年にフィンランドで結成された正統派ヘヴィ・メタル・バンド。2006年に1stフルレンス『MOMENTS OF WEAKNESS』をリリースしています。そして約4年ぶりにリリースした2ndアルバムが本作。本作で、日本デビューを飾っております。ちなみに私は1stアルバム未聴のため、前作と本作の比較をすることが出来ませんが、直感で感想を書きたいと思います。一言で言うと"カッコ良い!!"。こういうヘヴィ・メタルを探してたんや!!と叫びたくなります。ツイン・リードによるギター・リフや叙情的なギター・ソロは、モロIRON MAIDEN。いや、IRON MAIDEN+α。うまく北欧ヘヴィ・メタルのメロウさをプラスしています。こういうところは、魅力倍増ですね。Patrik JohanssonのVocalも、モロbruce dickinson。この手のバンドは"イモ"なVocalがつきものですが、彼の歌唱力はBruce Dickinson顔負けの巧さ。"Away From Heaven"のような歌を聴かせる曲でも、全然ぶれない。巧いです。オープニングの(少々)幻想的なイントロから、メロウなギター・リフへと続く"Chasing a Ghost"。メロディアスな佳曲。続く"Escape the Night"、これもメロウなギターのイントロが印象的。その後のザクザクでヘヴィなリフに好感。このフレーズめっちゃカッコ良い。IRON MAIDENには無いですからね。そして"泣き"のギター・ソロ。"Release Me (From Myself)"や"Haunted Dreams"、このギター・リフもカッコ良い。歌メロはメロディアスで甘い。コーラスは圧倒されますね。"In Quest for Life"、これってIRON MAIDENじゃないの?○○に極似ですが、さすがにカッコ良い曲ですね。最近のプログレッシブになったIRON MAIDENに近い感じ。続く"Cage of Fear"のツイン・リードによるGuiterのイントロにゾクゾクします。"Shadow of Guilt"のツイン・リードGuに(必ず)失禁します。ラストを飾る"Masquerade"、美しい。いや?最高のヘヴィ・メタルですな。こういうのを追い求めているのです。


""


Dawn Of Silence - In Quest For Life

このインパクトのあるアルバム・ジャケットも大好き。いや?いいバンドですな。是非、聴いてください。必ずあなたのヘヴィ・メタル魂に火をつけてくれます。"ヘヴィ・メタルが好きで良かった"。大声で叫びたい気分です。

amazonで購入する

"hirokawai音楽論!!" online storeへ



thema:HR/HM
genre:音楽
DEEP PURPLE / SLAVES AND MASTERS (1990)
2010/11/14/ (日) | edit |
オールド・ファンからは賛否両論ありましたが、そんなこと気にしないって。

例えば過去の実績や成功、彼らの持っている音楽性なんかを全て忘れてこのアルバムを聴いたとしよう。そうした時に、このアルバムの素晴らしさをあらためて実感できるはずなんです。

Slaves and Masters
Slaves and Masters
posted with amazlet at 10.11.14
Deep Purple
Sony Budget (2006-01-23)
売り上げランキング: 295965

1989年にVocalのIan Gillanが脱退し、新しく元RAINBOWJoe Lynn Turnerが加入した所謂第6期DEEP PURPLEの唯一リリースした14枚目のフルレンス・アルバムが本作(1990年リリース)。この第6期DEEP PURPLEっていうのが、(Joe Lynn Turnerを含め)Ritchie BlackmoreRoger GloverというRAINBOW復活組が3人いるため、"これはDEEP PURPLEではなくRAINBOWだ"などと言う輩がいました。これは、古くからのDEEP PURPLEファンには理解できないアルバムだったのかもしれません。確かに音楽性はJoe Lynn Turnerがいた後期RAINBOWによく似ていますが、私自身DEEP PURPLEにもRAINBOWにも深い思い入れはない(悪い意味ではないですよ)ので、凄く楽しんで聴くことが出来ました。楽曲も凄くウェットで(特にJoe Lynn Turnerの歌い回しもそう感じさせられます)、凄く渋いと思います。やはり、RAINBOWにはなかったJon Lordのハモンド・オルガンが良い味を出していますね。これはDEEP PURPLEにしかないものです。オープニングを飾る"King of Dreams"、壮大なイントロと哀愁のメロディ、渋いですね。続く"The Cut Runs Deep"は超名曲。イントロのKeyboardsとGuiterは良い味を出しています。歌メロの美しさにウットリしてしまいます。そのメロディに絡み合うハモンド・オルガンもいいですよね。そしてRitchie Blackmoreの泣きのギター・ソロ…。往年の名曲に匹敵するんではないでしょうか。そして、もの寂しい(哀しい)"Love Conquers All"のイントロ、冬の寒空…大切な人との別れを連想させる。何故か涙が流れてしまいます。このバラード、かなり泣かせます。そして、"泣き"のギター・ソロに涙が止まりません。ラストを飾る"Wicked Ways"、これこそDEEP PURPLEだと思わせるハード・チューン。最後にカッコいいの持ってきましたね。


↑↑Deep Purple- The Cut Runs Deep 。いい曲ですわ。

今あらためてこのアルバムを聴くと、凄くいいアルバムだったんだな?と実感できます。ちなみに、私としては彼らのアルバム・ジャケットの中で、コレが一番好きです。素通りせず、是非聴いて欲しい"名盤"だと思います。

amazonで購入する

"hirokawai音楽論!!" online storeへ



thema:HR/HM
genre:音楽
DEATH ANGEL / RELENTLESS RETRIBUTION (2010)
2010/10/19/ (火) | edit |
久しぶりに、私の身体全体が反応した!!

こういう気持ちになるのは、そうない。以前は、"スラッシュ・メタル"と"ファンク"の融合をやって成功を収めていましたが…。2004年のバンド復活以降、デビュー当時の"スラッシュ・メタル"への"原点回帰"を試みましたが、ここへ来てようやく私が求める"スラッシュ・メタル"の素晴らしいカタチに仕上がりました。

Relentless Retribution
Relentless Retribution
posted with amazlet at 10.10.13
Death Angel
Nuclear Blast Americ (2010-09-14)
売り上げランキング: 3873

アメリカは西海岸出身の"ベイエリア・スラッシュ"。1988年にデビューし、1990年代初頭には解散してしまったバンドです。特に当時は、"ファンク"などと融合した"スラッシュ・メタル"がファンに受けたわけですが、2004年のバンド復活以降、徐々に"本来のスラッシュ・メタル"のカタチに戻ってきた。そして、前作『KILLING SEASON』(2008年)は素晴らしいスラッシュ・アルバムに仕上がったわけですが、今考えてみると、ちょっと中途半端だったかな?と…このリリースされた新作を聴いてしまうと、そう感じてしまうのは仕方ありません。この最新作は"全て完璧"ですから。アルバム・ジャケットといい、今までのDEATH ANGELからは想像が出来ない"インパクト"があります。もう、冒頭から素晴らしい"スラッシュ・メタル"の嵐!!楽曲の良さと抜群の安定感、最近のスラッシュ・メタルの中でもトップ・クラスなのは間違いありません。相変わらず、素晴らしいメロディ・センスを持っています。そして、アコースティック・ギターを取り入れたセンスの良さ(これは変わっていませんね)。このバンドには、ただ疾走するだけではない、何か素晴らしいセンスを感じますね(毎度毎度…)。めちゃくちゃカッコいいです!!


↑↑"River of Rapture"の音源。

もう、これ以上KILLERなスラッシュ・メタルは想像つきませんから、是非全曲聴いてください!!久しぶりに、私の身体全体が反応した!!

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



thema:HR/HM
genre:音楽
DEMOLITION HAMMER / TORTURED EXISTENCE (1990)
2010/05/13/ (木) | edit |
"スラッシュ・メタル"ファンにはたまらない音ですわ。
ホント、"スラッシュ・メタル"が好きで良かった!!


私は"PANTERA化してしまった"とか形容する言葉が好きではありません。いかにもPANTERAを否定してしまうような言葉で…彼ら自身"正統派パワー・メタル"から"モダン・ヘヴィネス"という一大ムーヴメントを築き上げたわけですから。『VULGAR DISPLAY OF POWER』は、誰が何と言おうと"歴史に残る名盤"ですし、その"モダン・ヘヴィネス"ムーヴメントの中で、数々のスラッシュ・メタル・バンドがそういうスタイルに変貌していった訳です。しかしその多数が、PANTERA以上の楽曲を作ることは出来ませんでしたし、多くの"オールド・ファン"から"失望"と"反感"を買ってしまったことから、"PANTERA化してしまった"と形容されてしまったのです。

Tortured Existence (re-issue)
Tortured Existence (re-issue)
posted with amazlet at 10.05.13
Demolition Hammer
Century Media (2010-05-25)
売り上げランキング: 7747

アメリカはニューヨーク出身のDEMOLITION HAMMERも、"PANTERA化してしまった"バンドの一つです。1994年リリースの3rd『TIME BOMB』で見事に"PANTERA化"してしまい、このアルバムを最後に解散してしまうわけですが…

DEMOLITION HAMMER

今回紹介するこの1stアルバム、これがまた非常にスラッシーで素晴らしいアルバムです。決して"B級スラッシュ・メタル"だとは思えませんし、リリースされた時代がもう少し早ければもっと有名になっていたような気がしてなりません。この頃はもう"スラッシュ・メタル衰退期"ですからね?。"時代"が悪さしたとしか言いようがありません。"猪突猛進型"のスラッシュ・メタルではございますが、時折繰りなすJames ReillyとDerek Sykesのツイン・リードによるギター・ソロは絶品です。こういうフレーズはたまりません。VocalのSteve Reynoldsも"吐き捨て型"の中でも巧い方ですし、彼の唸るBassも良いですね。そして、Vinny DazeのDrumsのアグレッションも凄い!!どの曲もヘヴィでスピーディで凄いアグレッション、これぞ"スラッシュ・メタル"ですわ。私の場合、洗練されたと言われる2nd『EPIDEMIC OF VIOLENCE』(時代が悪い…1992年作)よりも、荒々しいこの1stがオススメですね。

Necrology
Necrology
posted with amazlet at 10.05.13
Demolition Hammer
Century Media (2008-09-16)
売り上げランキング: 107236

↑↑最近になって、BEST盤と言うか…1stから3rdまで全てのアルバムを収録した2枚組アルバム『NECROLOGY: A COMPLETE ANTHOLOGY』がリリースされています。かなりの安価となっとりますので、何かのついでに是非お買い求めください!!"スラッシュ・メタル"ファンには、たまらんアルバムです。


http://www.youtube.com/watch?v=etrb25WNE4A
↑↑"Infectious Hospital Waste"のPV。非常にキラーなスラッシュ・チューン。

"スラッシュ・メタル"ファンにはたまらない音ですわ。
ホント、"スラッシュ・メタル"が好きで良かった!!

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



thema:HR/HM
genre:音楽