この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KREATOR / ENEMY OF GOD (2005)
2010/01/22/ (金) | edit |
Enemy of GodEnemy of God
(2005/01/11)
Kreator
オリジナル盤: 2005
商品詳細を見る


このアルバムこそ、僕に"スラッシュ・メタル熱"を
再発させてくれた"超名盤"なのです。


このアルバムがリリースされるまで、当分"スラッシュ・メタル"など
ほとんど聴かない時期がありました。
正直、"ジャーマン・スラッシュ"と聞くと、初期のKREATORSODOMなどの
キチガイ・ヒステリックな"超疾走系"を想像していました。
だからドラマ性のない"超疾走系"には毛嫌いしていた時期があります。
今となっては"ジャーマン・スラッシュ"は何たるか、理解できるようになりましたが…

さて、2005年にリリースされた彼らの11作目が本作。
1982年結成から約28年、1st『ENDLESS PAIN』(1985年)から25年。
この長い年月の中で、彼らも色々と"試行錯誤"を繰り返し、
ようやく本作で"KREATOR"というものが"完成型"となったような気がします。
初期から持っているアグレッションと、昨今のブルータリティが上手く融合され、
"KREATOR色"ってのが確立されたような気がします。

超名曲"Enemy of God"から"Impossible Brutality"への流れには"ゾクゾク"します。
僕は、本作のあまりの"衝撃"に、DVD付きの限定盤を買いに走りました。
Enemy Of God Revisited (W/Dvd) (Spec)
↑↑Enemy Of God Revisited (W/Dvd) (Spec)
DVDには2005年のWacken Open Airでのパフォーマンスが収録されています。
このライヴは、また凄まじくたまらんのです。

なんちゅうタイトル、"Suicide Terrorist"、この勢いにやられます。
何とも"不気味"なギター・リフ。名曲です。
ミドル・テンポで始まる"Voices of the Dead"、メロディアス…
ジャーマン的メロディ・センス。コーラスで合唱してしまいそうです。
う?んドラマティックな展開です。こういう彼らが好きです。
"Murder Fantasies"、ギター・リフにやられます。素晴らしい!!
何と言っても"泣き"のギター・ソロがあります。ドラマティックな展開。
"One Evil Comes - A Million Follow"、このギター・リフに"ビビッ"てこないなら
"スラッシュ・メタル"聴かないでよろしい!!ってぐらい格好いい。
こういう曲展開が作れる、本当に"知的"なスラッシュ・メタルです。
このアルバムのお陰で、KREATOR全アルバムを揃えてしまいました。

"Enemy Of God"のPV。ぶっ飛びます!!


ホントに、このアルバムこそ僕に"スラッシュ・メタル熱"を
再発させてくれた"超名盤"なのです。


"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



スポンサーサイト
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
KREATOR / EXTREME AGGRESSION (1989)
2009/10/31/ (土) | edit |
Extreme AggressionExtreme Aggression
(2001/09/10)
Kreator
オリジナル盤:1989
商品詳細を見る


これぞ"スラッシュ・アルバム"と言える名盤。
アメリカがEXODUSMETALLICAなら、ドイツはKREATORよ。
あっDESTRUCTIONを忘れてる(今日はまいっか…)

正直、デビュー当時の『ENDLESS PAIN』(1985年)なんかは聴いてられない程、
クソ盤(そんなこと言ったらB級スラッシュ・メタルを崇拝する方々に怒られるわ)。
とにかくMille Petrozzaのヒステリックなヴォーカルに、キチガイのような速さ…
ほんとキチガイでしたが、アルバム毎に急成長してきたバンドですね。

前作である3rd『TERRIBLE CERTAINTY』(1987年)は"緩急つけた曲構成"
"リフ展開"で大ブレイク。とうとうメジャー契約を勝ち取ったわけです…。
で、紹介するのが本作でございます。

1988年に、メジャー・レーベルのエピック・レコードと契約し
そこそこ有名なプロデューサーを擁し、アメリカでレコーディングした本作。
さすがに、音質は前作までとは比べものにならないくらい向上し、
アメリカナイズされたか?って言われるとそうではなく、
彼ら独特の曲構成、リフ展開は、より磨きをかけられていて
"静・動"を心地よく使い分けているんです。

文才がないので、このアルバムの素晴らしさが伝わらないのが
残念ですが、まぁ買ってください。
スラッシュ・メタルの"名盤"だと断言します!!

よくSLAYERの名盤『REIGN IN BLOOD』と比較されることが多いらしいですが、
私個人的には、この『EXTREME AGGRESSION』のほうが素晴らしいと思っています。

やっぱ曲構成が良いんですもの。
名曲"Betrayer"は、このアルバムに収録されています。

thema:心に沁みる曲
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。