この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ELM STREET / BARBED WIRE METAL (2011)
2011/11/19/ (土) | edit |
彼らの"ヘヴィ・メタル愛"が、ヒシヒシと伝わってきます。

そういえば日本のヘヴィ・メタル専門誌であるB!誌っていうのは、"NWOTHM"というものに対して非常に厳しい評価をしてくれていますね。日本国内盤が出ているものでも70点台が普通、輸入盤に関しては30点台~40点台という厳しさ。いったいどういう事でしょうか?そういった点数を受けたバンドでも、決して悪くない良いアルバムを提供してくれているのに…。編集者の心情を疑いたくなってしまいます。

Barbed Wire Metal
Barbed Wire Metal
posted with amazlet at 11.11.19
ELM Street
Massacre (2011-11-28)
売り上げランキング: 221636

オーストラリアは南部ヴィクトリア州の州都メルボルン、緑豊かなガーデン・シティとして有名なオーストラリア第2の都市でございます。その由緒ある都市にて2003年に結成された正統派メタル・バンド(NWOTHM)が彼ら。エレガントで美しい街で結成されたバンドですが、バンド名は"エルム街の悪夢"でございます。(余談が過ぎました)。



↑しかしホント、このバンドの写真見るだけでも"ヘヴィ・メタル愛"を感じますね。2011年、"発掘仕事人"StormSpell Recordsよりリリースされた1stアルバムが本作でございます。"超ド直球"な正統派メタルを聴かせてくれます。だんだん難解になっていく昨今のヘヴィ・メタル・ムーブメントの中にあって、これほどストレートに"ヘヴィ・メタル"を体現してくれちゃうことに嬉しさを感じます。そして私からも"愛"を贈ってしまいます。やはり1980年代の正統派メタルからの影響は色濃く出ています。重圧なコーラスや80'sライクなギター・リフに思わずニヤリしてしまいます。VocalメロディはUS的ですが、コーラスはジャーマン、Guiterは欧州的という非常に引きつけられる面白いバンドです。随所にパワー・メタル的要素もあります。もう、どの曲を聴いても"ヘヴィ・メタル愛"ですから。ただ、そこらのB級でヘッポコなヘヴィ・メタル・バンドとは違い、凄くクオリティは高いと思います。"NWOTHM"にありがちな"もうそのぐらいにしといたらどうなの?"という"'80年代かぶれ"のネチっこさが少ないですね。とても、彼らの音楽は"ヘヴィ・メタルが清々しい"。


↑↑Elm Street-Barbed Wire Metal


↑↑Elm Street-Metal Is The Way

いや~"Metal is the Way"ですよ。いい響きです。アルバム・ジャケットも、ちゃっかりEd Repka画伯が描いています。今後が楽しみな"NWOTHM"バンドですね。B!誌が酷評をしませんように。祈っています。



スポンサーサイト
thema:ヘヴィメタル
genre:音楽
EVILE / FIVE SERPENT'S TEETH (2011)
2011/11/08/ (火) | edit |
アメリカがWARBRINGERなら、イギリスは…

私の中では、"新世代スラッシュ・メタル"と言えば、アメリカがWARBRINGERなら、イギリスは間違いなくEVILEなんです。彼らが新しい時代のスラッシュ・メタルを引っ張っていくべき存在だと思っています。

Five Serpent's Teeth
Five Serpent's Teeth
posted with amazlet at 11.11.08
Evile
Earache Records (2011-10-18)
売り上げランキング: 37856

イギリスはハダースフィールドにて2004年に結成されたスラッシュ・メタル・バンド。同じ頃にアメリカで結成されデビューも同時期のWARBRINGERとは、どうしても比較してしまうんですよね。2007年にリリースされた1stアルバム『ENTER THE GRAVE』は、翌年にリリースされたWARBRINGERの1stアルバム『WAR WITHOUT END』の更に上を行く、SLAYER直系の素晴らしいアルバムでした。しかし2009年にリリースした2ndアルバム『INFECTED NATIONS』は、前作のアグレッションは影を潜めミドル・テンポの楽曲を多用しモダンなアルバムに仕上げましたが、これがまたホントつまらないアルバムでした。リズム隊を替え、楽曲的にも急成長したWARBRINGERの2nd『WAKING INTO NIGHTMARES』に大きく差を広げられてしまったわけです。そして、今年WARBRINGERの3rdアルバム『WORLD TORN ASUNDER』(これもまた素晴らしいアルバムです)に続いて、彼らも3rdアルバム『FIVE SERPENT'S TEETH』をリリースしました。2ndリリース後、BassのMike Alexanderが急死してしまうという悲しい出来事に見舞われましたが、バンドは新しくJoel Grahamを迎え、悲しみを乗り越えての再スタートです。WARBRINGERの素晴らしいニュー・アルバムを聴いた後ということもあって、凄く気になるアルバムでしたが、いや~心配することは無かったですね。確かに、前作で強調したモダンなスラッシュ・メタルは健在です。ミドル・テンポとハイ・テンポをうまく調和させているところが前作からかなり成長したのではないのでしょうか。何と言っても前作でつまらなかった要因のひとつにヴォーカル・メロディのつまらなさや不器用さもあったと思いますが、これは大きく改善していますね。これが、本作での成長のひとつ。あと、曲展開も多彩になりましたね。まだ、その点ではWARBRINGERには劣る部分がありますが、正統派ヘヴィ・メタルのテイストも新たに感じられるギター・ソロも好感が持てます。ようやくWARBRINGERに追いついたんではないでしょうか。亡くなったMike Alexanderも"In Memoriam"と"Long Live New Flesh"の作曲にクレジットされています。物哀しい"In Memoriam"はホント涙を誘いますね。


↑↑Evile - Cult

オールド・スクール・スラッシュの二番煎じが多い若手スラッシャーが増える一方で、彼らのような"新世代スラッシュ・メタル"は本当に必要な存在で、これからも若いスラッシュ・メタル・シーンを引っ張っていってもらわないといけません。そういう意味でも、ずっと応援していきたいバンドのひとつです。



thema:HR/HM
genre:音楽
EXCRUCIATOR / DEVOURING (2011)
2011/09/05/ (月) | edit |
"B級"とは絶対に言わせませんよ。最高のスラッシュ・メタルですから。

そりゃ確かにアルバム・ジャケットは"B級"的な"クサレ度"はありますが、とりあえず騙されたと思って聴いて欲しい。聴けばわかりますよ。彼らの素晴らしさが…

Devouring
Devouring
posted with amazlet at 11.09.05
Excruciator
Heavy Artillery (2011-08-02)
売り上げランキング: 71881

アメリカはオレゴン州ポートランドで2009年に結成されたスラッシュ・メタル・バンド。2010年にリリースされたEP『BY THE GATES OF FLESH』があまりにも素晴らしかったので、今回紹介する1stアルバムもかなり期待していたのですが、期待していたとおりの素晴らしい出来です。アメリカのスラッシュ・メタル・バンドでありながら、初期KREATORを彷彿させる邪悪なジャーマン・スラッシュ・メタルの影響が色濃く出ています。これはEPから路線変更はございません。ジャーマン・スラッシュ顔負けの"キチガイ変態リフ"に、Mille Petrozza(KREATOR)ばりのヒステリックな吐き捨てVocalが、何ともそそられます。そして、ただ疾走するだけではありません。しっかりとした"曲展開"を持っています。特にJosh Kay のGuiterはイイ味を持っています。時に"流麗"なギター・ソロを聴かせてくれます。そこら辺はMEGADETHなんかを彷彿させるインテレクチュアルさがあります。アルバムを通して"緊張感"が途切れることは決してありません。


↑↑EXCRUCIATOR - Nuclear Exmortis - Las Vegas - 11/18/10 - DiveBar

音質の悪いライヴ映像ですが…それでも凄まじいアグレッションが伝わってきます。ものすごく素晴らしいスラッシュ・メタル・バンドに間違いはありません。そして、今年リリースされた若手によるスラッシュ・メタル・アルバムの中では、文句なしに"No.1"だと言い切れます。是非、聴いてください!!



thema:HR/HM
genre:音楽
ERIKA / COLD WINTER NIGHT (1990)
2010/11/22/ (月) | edit |
寒い冬の夜に、心に沁みる音楽がある。

今、ノルウェーの歌姫ISSAが注目を集めていますが、やはり北欧の歌姫と言えば…スウェーデンのERIKA様ですよね。当時は、有名ギタリストYngwie Malmsteenの奥様でした。B!誌でもかなりPushされてましたのでご存じな方も多いですよね。余談ですが、私はここでISSAとERIKAを比べるようなことはしませんので…。

Cold Winter Night
Cold Winter Night
posted with amazlet at 10.11.22
Erika
Mtm (2009-08-03)
売り上げランキング: 10354

B!誌で紹介されて買おうと思ってた頃には既に廃盤になってて、高額な金額を叩いて買おうとも思わず…CD再発していたことすら知らなかった私です。そして既にその再発CDも品切れ状態で、ようやくオークションでGet。当時から、この妖精のようなアルバム・ジャケット気になっていたのですが、やっと手元に届いた嬉しさと言ったら…もう言葉になりません。買って良かった。ホント、透き通っていますよね。寒い冬に聴くと、余計に心に沁みます。北欧ならではの、あの甘いメロディは、寒い冬も心を温めてくれます。美しい"Prelude"から名曲"Together Were Lost"への流れは、何度聴いてもゾクゾク心を締めつけられます。なんという美しいメロディなんでしょ。心に沁みて涙がこぼれそうです。"Line Of Fire"や"Hurting So Bad"のコーラスのメロディは、もう言葉にならないほど凄く"哀愁"を感じます。美しいですよね。バラード調の"Heavenly"や"Love In Vain"、凄く美しい。北欧のとある落ち葉が降り注ぐ公園で彼女と何気なく散歩している感じ??そして名曲"Cold Winter Night"。Keybordsのフレーズまで"哀愁"を漂わせる美しい曲ですね。Ingwie MalmsteenがGuiterで参加した"Emergency"、凄くパワフルなハード・ロック。ERIKA様のパワフルなVocalやYngwie Malmsteenのテクニカルで叙情的なGuiterも素晴らしいですが、この曲のハイライトは、ホーンセクションのような気がします。いい味出しています。ラストを飾るバラード"Last Call For Love"、そして"Postlude"への流れ…もう泣いてもいいですか?思い切り泣いてもいいですか?この透き通った風に、心が張り裂けそうです。


↑↑Erika - Together We're Lost

もう言葉になりません。これほど美しい北欧のハード・ロックは、初めて聴いたので…。この季節だからこそ、余計に心に沁みますね。"涙"が止まりません。ホントです。

amazonで購入する

"hirokawai音楽論!!" online storeへ



thema:心に沁みる曲
genre:音楽
EVIL SURVIVES / POWERKILLER (2010)
2010/11/11/ (木) | edit |
聴け!これが伝統的なヘヴィ・メタルだ!!

というフレーズを口にする事が増えた今日この頃。アンダーグラウンドには、まだ沢山の素晴らしいバンドが活動しているのだなと関心してしまいます。こういうのを探し求めて"猟盤"するのも、また楽しいもんです。音源を聴かずして、アルバム・ジャケットのみを信じて買ってしまう"ジャケ買い狂"の私ですが、これまたとんでもない"NWOTHM"バンドと出会うことが出来ました。

Powerkiller
Powerkiller
posted with amazlet at 10.11.11
Evil Survives
Heavy Artillery (2010-11-02)
売り上げランキング: 58885

カナダにて2008年に結成されたヘヴィ・メタル・バンド。2008年に1stアルバム『METAL VENGEANCE』をリリース。そして今月、Heavy Artilleryレーベルからリリースされた2ndアルバムが本作(マイナー・レーベルからは3月にリリースされていたみたいです)。1stアルバムは聴いたことがありませんので比較することは出来ませんが、80年代の欧州的なヘヴィ・メタルを好む方にはもうたまらない音楽だと思います。私は一発で気に入ってしまいました。初期IRON MAIDENなどの"NWOBHM"を彷彿させます。何と言っても、これでもかって言うくらいのツインGuによる流麗なリフとギター・ソロはもうアレです。もろMAIDEN節です。全7曲。長尺の曲も多いですが、最近のIRON MAIDENのような複雑な曲展開はなく、あくまで分かりやすく'80年代初頭のIRON MAIDENを体現しています。どの曲も、Adrian RiffとSean Okoという二人の流麗なツイン・リードGuにやられまくります!!ベタなフレーズの中にも、グッとくるグッとこさせる"ツボ"を知ってお見えです。Spencer TroutのBassもモロ…です。現在は脱退して、新たにSam MartzというBassが加入したようですが。Derrick KrollのDrumsも巧い。っていうか好き。そしてVocalのKarl "Axe n' Smash" Warkentin、最近よく見かける"NWOTHM"バンドのVocalは"イモ"が多いですが、彼は結構巧いですね(褒めすぎかもしれません…)。線を細くしたBruce Dickinson(IRON MAIDEN)といった感じでしょうか。全曲Killerですよ、マジで。もろアレですから。現代風にアレンジなんかしてませんから。


EVIL SURVIVES "Resist the Exorcism" Promo Video


Evil Survives - Die like a Samurai。"侍"ですよ"サムライ"。

↑聴いてどうですか?感じませんか?"ヘヴィ・メタル"が好きで良かった!!と…。B級のバンドでも、頑張ってるんですよ。そして、このようないいアルバムを作っているんですよ。是非買って聴いてください。

聴け!これが伝統的なヘヴィ・メタルだ!!

amazonで購入する

"hirokawai音楽論!!" online storeへ



thema:HR/HM
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。