この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MICHAEL SCHENKER GROUP / MSG (1981)
2015/09/23/ (水) | edit |
正しく『神話』である。

よくもまあ素敵な邦題を付けたもんです。当時の日本のレーベル担当者の方のお気持ちお察しします。
だって、これこそ『神話』ですもん。へヴィ・メタル/ハード・ロックの『神話』的アルバムに間違いありません。(言い過ぎかもしれませんwww)

Msg
Msg
posted with amazlet at 15.09.23
Michael Schenker
EMI France (2008-12-01)
売り上げランキング: 90,705


MICHAEL SCHENKER GROUP1981年リリースの2ndアルバム『MSG』。1stアルバムが『MICHAEL SCHENKER GROUP』で、後のMcAULEY SCHENKER GROUPのアルバムも『MSG』ってのがあって訳わからんようになっちゃってますが、まあコイツは『神話』アルバムということで…

1stの『神~帰ってきたフライング・アロウ』アルバムもそりゃ”名盤中の名盤”でしたが、本作も素晴らしい!!

Michael Schenkerのスリリングでかつ”哀愁”のある”泣き”のGuitarにCozy Powellのダイナミックなドラミングが絡み合う。
そして、Gary Bardenが奏でる甘いメロディ。どれもこれも絶妙に絡み合い、全ての楽曲が”最高潮”を迎える。
音質は古いだけあって、まあ多少チープですが…音楽は古臭さを感じさせません。(かも。)

う~ん。素敵すぎて言葉にならない。どうしてこんなに素敵なのでしょう。
ハード・ロック/へヴィ・メタルの”完成形”といっても過言ではありません。

とにかく彼らの『神~帰ってきたフライング・アロウ』と『神話』、それに続くライヴ・アルバム『 飛翔伝説〜M.S.G.武道館ライヴ』は聴いてほしい。
聴かないと間違いなく損ですよ。

この時代の彼らは、正しく『神話』である。



スポンサーサイト
MICHAEL SCHENKER GROUP / IN THE MIDST OF BEAUTY (2008)
2009/11/10/ (火) | edit |
IN THE MIDST OF BEAUTYIN THE MIDST OF BEAUTY
(2008/05/13)
MICHAEL SCHENKER
オリジナル盤: 2008
商品詳細を見る


可哀想なほど酷評されるシンガーGary Bardenも、
Michael Schenkerと組めば、ちゃんとM.S.G.となるから、不思議。

ヴォーカルに恵まれないだの、アメリカに魂を売っただの
色々叩かれたMichael Schenkerですが、
Gary Barden擁してでも素晴らしい作品を数々残し、
Robin McAuleyと組んで、アメリカナイズされたと言われても、
彼の歌声は非常にウェットで欧州的でしたし…
やっぱ、"神"なんですよね。
ちなみにRobin McAuleyは、大好きなシンガーです。

さて、McAuleyと分かれてから久しくM.S.G.を
聴いていませんでしたし、Garyが復帰って事で
恐る恐る買った訳ですが…。

これが、実に素晴らしい。神が弾きまくっています。
曲もバラエティに富んでいますし、アグレッシブ。
泣きのギターも涙ものですわ。
他のメンバーも、Don AireyやNeil Murray…と
素晴らしいメンツです。
往年の名盤と肩を並べることが出来るアルバムだと思います。

1曲目の"City Lights"が流れた途端、
懐かしさが込み上げてきました。これぞM.S.G.
Garyは高音では歌えないけどね?。
メロディアスで泣き泣きハードチューン"The Cross Of Crosses"や、
同じく"Na Na"なんかは、素晴らしい名曲です。
これほど印象に残るアルバムは久しぶり。

M.S.G.復活!!
涙。
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。