この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PRAYING MANTIS / METALMORPHOSIS (2011)
2011/05/07/ (土) | edit |
正に"温故知新"である。

私のように30代半ばの人間にとって、"ヘヴィ・メタル"との出逢いはちょうど"ヘヴィ・メタル衰退期"にあたる時代でした。80年代のヘヴィ・メタルは古いものとされ、グランジ、ヘヴィネスなどが流行りだしていた頃だったように記憶しています。よって、80年代初頭の"NWOBHM"などは既に"論外"となっていました。年齢を重ねるにつれ、古いヘヴィ・メタルの良さをわかるようになったような気がします。

Metalmorphosis : 30th Anniversary Special Edition EP
Praying Mantis
Praying Mantis (2011-03-21)
売り上げランキング: 34059

"NWOBHM"を語る上で欠かせないPRAYING MANTISの名盤である1stアルバム『TIME TELLS NO LIES』(1981年)のリリースから今年で30年が経ちました。ちなみに私が初めて聴いた彼らのアルバムは3rdアルバム『CRY FOR THE NEW WORLD』(1993年)だったわけで、もうこのアルバムが一番思い入れがありますし、もちろん超名盤だと思っています。しかし当時若かった私は、後追いでその1stアルバムを聴いたわけですが、当時をリアルタイムで聴いていない世代の私は、やはり年代からくるチープさ(古くささ)にあまり受け入れることが出来なかった記憶があります。(そんな思いがあったとは、非常に申し訳ないです)。ただ、歳を重ねるにつれ名盤と言われる1stアルバムの良さに気づき始めたわけです。当時としては画期的であり、そのツイン・リードの美しさ、そのメロディの甘さにようやく私も目が覚めたわけです。さて、今回紹介するのは1stアルバム・リリース30周年を記念してリリースされた5曲入りEPです。1stアルバムなど初期の音源から5曲、現在のメンバーにより新録され収録されています。これが、もの凄くイイ。気持ちイイ。今思えば、何て素晴らしい楽曲を30年前に作っていたのかと、感動すら覚えます。こうやって聴いてみるとMANTIS節炸裂で、古くささなどあまり感じません。いや~いいですわ、ホント。この"哀愁"は、やっぱり彼らにしか無理です。"泣き"です"泣き"。


↑↑Children Of The Earth By Praying Mantis (オリジナル音源です)

すみませんね。新録バージョンのYOUTUBEが見つかりませんでしたので…。ただね、ひとつツッコミ入れますわ。なんで5曲なん?せめて全曲新録して欲しかったんですけど、その勢いは無かったんですか?もっと聴きたかったんですけど。まっガマンしますけどね。PRAYING MANTISって、やっぱカッコ良いですわ。

amazonで購入する

"hirokawai音楽論!!" online storeへ



スポンサーサイト
thema:ヘヴィメタル
genre:音楽
PRAYING MANTIS / FOREVER IN TIME (1998)
2010/01/14/ (木) | edit |
Forever in TimeForever in Time
(2009/01/21)
Praying Mantis
オリジナル盤: 1998
商品詳細を見る


何とも言えない、甘い"哀愁"の風が降り注ぎ、
僕は夕日に向かって走り出したくなった。


1993年に超名盤『A CRY FOR THE NEW WORLD』をリリースした後、
Vocalがコロコロ変わり、挙げ句の果てにGary Bardenが加入して、
問題作『TO THE POWER OF TEN』(1995年)をリリース。
これは、多くのファンが失望したはず…。

そして1998年。新たなVocalとしてTony O’Horaが加入。
前作の"汚点"を払拭するような素晴らしいアルバムを完成させた。
これは、『A CRY FOR THE NEW WORLD』に匹敵する超名盤です。

オープニングを飾る"Wasted Years"のツイン・リードを聴いた瞬間、
もう、このアルバムの"虜"になってしまった。これこそMANTIS節。
"哀愁"です。歌えるシンガーです。コーラスのメロディに"涙"。
この甘い"哀愁"のツイン・リードのギターに"涙"。
続く"The Messiah"、この美メロについつい"ウットリ"してしまう。
名曲"Best Years"、こりゃもう"青春の名曲"と言わざるを得ません。
ある意味"クサい"ですけど、これほど美しく甘いメロディはさすが!!
コーラスのメロディで"涙"。"青春時代"です。これは。
"Blood Of An Angel"も美メロディで"最高"です。ギター・リフも冴える。
7分を越える"Man Behind The Mask"、ドラマティックで美しい。
僕の中でハイライトはドラマティックな"The Day The Sun Turned Cold"。
なんと言っても中間の、フラメンコですよ!!僕の大好きなフラメンコ!!
このスパニッシュ・ギターとゴルペに"涙"。凄く嬉しい!!

いや?"Best Years"いいメロディ…


だからPRAYING MANTISは、僕の心に響く続ける。
何とも言えない、甘い"哀愁"の風が降り注ぎ、
僕は夕日に向かって走り出したくなった。

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する

thema:心に沁みる曲
genre:音楽
PRAYING MANTIS / A CRY FOR THE NEW WORLD (1993)
2009/10/31/ (土) | edit |
A CRY FOR THE NEW WORLDA CRY FOR THE NEW WORLD
(2009/01/21)
PRAYING MANTIS
オリジナル盤 : 1993
商品詳細を見る


"音楽が好きで良かった"
このアルバムを聴き終わった後、本当に感じた言葉です。
そして、一粒の涙が出たのです…。

いやぁ?、メタル不毛のこの時代に
こんな素晴らしいアルバムを作るなんて、流石。
NWOBHMの名盤『TIME TELLS NO LIES』(1981年)より、
こちらをお奨めしますね。

オープニングに相応しいメロディアスな疾走チューン"Rise Up Again"で始まり、
タイトル曲である"A Cry For The New World"なんかは、
サビのメロディーが美しくて、頭から離れません。
これぞNWOBHMってな哀愁漂うギターイントロから、
また甘いメロディで窒息の"Letting Go"や"Fight To Be Free"…。
美しく甘いバラード"Dream On"…。
MANTIS節炸裂、超名盤。

"泣き"と"叙情性"と"哀愁"を味わいたい方は、
是非これで泣いてください。
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。