この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GREAT WHITE / ONCE BITTEN (1987)
2015/09/22/ (火) | edit |
私個人的に”音楽”って”泣き”がないとダメなんです。
だから、MOTLEY CRUEには”ゾクゾク”しなかった。


一般的に『LAメタル』といえば、MOTLEY CRUEとかRATTを思い浮かべますよね。そりゃ〜'80年代のアメリカの”華やかさ”の象徴でしたもん。納得します!!
ただ、RATTは良いとして、MOTLEY CRUEには、私個人的には”ゾクゾク”させられなかった。(失礼ぶっこいていますネ、私。でもMOTLEY CRUEファンには変わりありません。)

じゃあ、いったいMOTLEY CRUEに対して私が求める何が足りなかったのか…

それは、”泣き”です。”泣き”がなければ、私は、残念ながら”ゾクゾク”できないんです。

Once Bitten
Once Bitten
posted with amazlet at 15.09.22
Great White
EMI Special Products (1998-10-20)
売り上げランキング: 191,019


華麗なる『LAメタル』の中でもひときわ私の耳に焼き付いたのは、やはりGREAT WHITEやったんですわ。

彼らの1987年にリリースした3作目が本作。LAメタルの中でも異質な存在だったんでしょうか。前作以上にブルージーなメタル・アルバムでございます。

私にとってのハイライトは、大ヒットしたロック・バラード"Rock Me"はもちろん”超ステキ”ですが、やっぱり"Lady Red Light"なんです。

この曲、アルバムのオープニングを飾るロック・チューンなんですが、ノッケからイントロにのせられまくります!!。
彼らの持ち味、Jack Russellのブルージーで哀愁のある歌声、Michael Lardieの美しいキーボード・ソロからのMark Kendallの”泣きまくり”ギター・ソロ。もう、頭から離れません!!

”哀愁”と”泣き”こそがGREAT WHITE。

全曲通して、素晴らしい曲ばかりです。’80年代ロックの名盤のひとつに間違いはありません。
このアルバムは、すべてのロック・ファンに聴いて欲しいと思います。もう、必ず聞き惚れますから。

さて彼らには不運やゴタゴタなどありましたが…今、GREAT WHITEってどうなってますか??



スポンサーサイト
thema:ヘヴィメタル
genre:音楽
"One Life,One Soul"…
2010/10/09/ (土) | edit |
One Life,One Soul / GOTTHARD



"I've been waiting, all my life
For the sun to make it mine
Callin', callin', whispering
Your name
N'right now
You're on my trail
Falling, falling, wishing you near
But somehow
You slipped away
Like ice in the sun
Already gone

One life, one soul
Forever i know
Follow me follow me
Wherever i go
One life, one soul
Just waiting to flow
Follow me follow me
Don't let me go

I've been dreaming for too long
Chasing rainbows, on my own
Screamin', screamin'
You are the wind in my sail
In an ocean so wide
Over good times
Bad times
I'll be your own guiding light
Holding your hand
Eyes open wide
Always beside"




thema:心に沁みる曲
genre:音楽
GAMA BOMB / TALES FROM THE GRAVE IN SPACE (2010)
2010/01/04/ (月) | edit |
Tales from the Grave in SpaceTales from the Grave in Space
(2010/01/25)
Gama Bomb
オリジナル盤:2010
商品詳細を見る


新年早々、"EARACHE"レーベルが熱い!!
最近では、WHITE WIZZARDのような素晴らしいバンドを輩出する
熱いレーベルなのですが…

何が熱いって、たとえばアルバム試聴なら普通にあるのですが、
まもなくリリースされる、アイルランドのスラッシュ・メタル・バンド
GAMA BOMBの3rd『TALES FROM THE GRAVE IN SPACE』が、
それも320kbpsという最高音質のMP3形式で、ダウンロード出来るんです!!
それもオフィシャル・サイトで、"全曲無料"なんですよ!!

↓↓↓詳しくはこちらをクリック
Gama Bomb MySpace
↑↑↑MySpaceのオフィシャル・ページへ

しかし、この"強気な態度"は一体何なんでしょうか??
全曲フリー・ダウンロードして、気に入ったら"買ってくれ"!!
販売されるCDには、ボーナスCDが付いていたりするので
ある程度区別しているのですが、この"意気込み"が怖い。

さて、早速DownLoadしてiPodへ…
このバンド、実は未聴だったのですが、Startして即倒してしまった。
凄い!ったら凄い!!
同レーベルのBONDED BY BLOODより数段良い!!気に入った!!
ザクザクの"クランチ・リフ"に、"キチガイ"ハイトーンVocal。
ギター・ソロも凄まじく、手数の多いDrums。
曲展開も、B級とは思えない凄まじさ…。

当然の如く、このアルバムを予約してしまった。
ついでに前作も注文…
これが、"EARACHE"の手だったか…

とにかく、ダウンロードして気に入ったら↓買ってくださいwww

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する

thema:心に沁みる曲
genre:音楽
GRIEF OF WAR / WORSHIP (2009)
2009/12/26/ (土) | edit |
WorshipWorship
(2009/07/07)
Grief of War
オリジナル盤: 2009
商品詳細を見る


"日本が世界に誇れる"…
今年は、OUTRAGE『OUTRAGE』で沸き上がりました。
しかし"日本が世界に誇る"バンドはOUTRAGEだけなのか?

これは大きな間違いです。
これを聴いてください。GRIEF OF WAR
2002年に東京で結成されたスラッシュ・メタル・バンドです。
2007年に北米のProsthetic Recordsと契約し、
『A Mounting Crisis...As Their Fury Got Released』
欧米デビューを果たしました。
そして、本作が今年リリースされた2ndアルバム。
ちなみに欧米ではリリースされていますが、国内盤は未定のようです。

さて、僕も初めて彼らの音源を聴くわけですが、
1曲目の"Crack of Doom"で即KOしてしまいました。
あのSLAYERの名曲"War Ensemble"を初めて聴いたときのような、
ショックを受けてしまいました。なんじゃ、この重圧と殺戮のギター・リフは…
SLAYER顔負けです。GuiterのKen Sato…彼はただ者ではない…。
そして、おどろおどろしいギター・ソロはDESTRUCTIONの名曲、
"Release from Agony"を彷彿させる。

SLAYER+DESTRUCTIONなどのジャーマン・スラッシュ÷2
="強烈にアグレッシヴで格好いい"

VocalでBassのManabu Hirose、彼の"表現力"は
もはや"日本人"ではない…ワールド・ワイド感がある。
全く持ってTom Arayaを意識しているのがわかりますが、
彼と立派に張り合えます。
曲によってはDESTRUCTIONのSchmierに極似しています。

最初から最後まで、叩き付けるような強烈なリフ、
そして、ギター・ソロの巧さ、
時にindiaテイスト…Asianテイストを醸し出すギター・ソロに
ただただ、"脱帽"…。

いや?参った…こんな素晴らしいバンドが日本にいたなんて…。
もっと評判になってもいいはずなのに。
SLAYERやDESTRUCTIONと対等に張り合えるバンドです。
これは、マジです!!

そして素晴らしい言葉。
俺たちは日本の侍から世界の侍に向けて歩き出す…。侍の継承者として。

彼らの最新PVをどうぞ。


GRIEF OF WARオフィシャル・ページへ

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する

thema:心に沁みる曲
genre:音楽
GARY MOORE / CORRIDORS OF POWER (1982)
2009/11/27/ (金) | edit |
Corridors of PowerCorridors of Power
(2003/04/10)
Gary Moore
オリジナル: 1982
商品詳細を見る


"泣き"です。

1987年リリースの『WILD FRONTIER』が凄く有名ですが、
僕的には、真っ先にコレを選びます。
(彼のアルバムで、最初に聴いたアルバムだからかな?)

とにかく"泣き"です。

う?んアイリッシュな甘い香りプンプン。
哀愁漂うハード・ロック、そして甘いバラード。
泣きのギター・ソロ。時にはハードに、時にはフュージョンのように…。
"泣き"…、最高のギタリストです。

何故か、心が温まるハード・ロック・アルバム。
オープニングを飾るハード・ロック・ナンバー"Don't Take Me For A Loser"も、
哀愁プンプン…。次のバラード"Always Gonna Love You"で泣いて…
"Wishing Well"はFREEのカヴァー。(オリジナルを聴いたことがない…)
美しいギター・イントロで始まるバラード"Falling in Love with You"で、
何か人恋しくなるような思いにかられ…。
ラストを飾る"I Can't Wait Until Tomorrow"で、何かもの寂しいSunsetを
思いだし…。
涙なしでは最後まで聴くことが出来ません。
最高の"泣き"、"哀愁"の名盤です。

しかし、本当に素晴らしいギタリストGARY MOOREの歌声は、
正直"イモ"…なところが、また哀愁を醸し出す。
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。