この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TANK / WAR MACHINE (2010)
2010/11/13/ (土) | edit |
戦車 + 虹の声 = "嬉しい誤算"

"オトコの背中的哀愁"と言われる(私しか言っていませんが)Algy Ward(Vocals/Bass)が脱退し、新たに加入したのはRAINBOWYNGWIE MALMSTEENなどで活躍していた(最近では南米のRAINBOWと言われるRATA BLANCAでも歌っている)Doogie Whiteが加入したことの"衝撃"は私にとって凄いものでした。このアルバムを聴くまでは…

War Machine
War Machine
posted with amazlet at 10.11.13
Tank
Massacre Poland (2010-11-02)
売り上げランキング: 113258

2002年に15年ぶりにリリースした6thアルバム『STILL AT WAR』(これがAlgy Ward参加の最後のアルバムとなってしまうわけですが…)、正直私はあまりピンと来なかった。"漢(オトコ)の哀愁度"が足りなかったと思うんです。あのヘヴィで骨太ロックは健在でしたが、『HONOUR & BLOOD』(1982年)の頃のような"NWOBHM"全盛期の"哀愁"が足りなかったような気がします。(いや、泣きのギター・ソロは絶品ですけどね。)そう言った中で、Algy Wardが抜けDoogie Whiteが加入したことで、いったいこのバンドはどこに向かおうとしているのか?非常に興味深い話です。だって、様式美シンガーDoogie Whiteが歌うTANKって全く想像出来ないんですもの。そしてようやく8年ぶりの新作『WAR MACHINE』がリリースされました。(早いうちから予約してました。聴きたくて、聴きたくて。)イギリスの某専門誌のサンプラーCDで"Judgement Day"を先に聴いていましたが、もうこの1曲だけで酔いしれてしまっていたので、もう待ちきれなくて待ちきれなくて。そしてCDをスタートさせ"Judgement Day"が始まる。う?ん"NWOBHM"のかほり、こういうのを待っていた。Doogie WhiteがTANKを逞しく歌っている。そして、往年の"NWOBHM"を彷彿させるサウンドに戻っているではないですか。ツインGuによるイントロがたまんない。前作の数十倍いい(大袈裟か?)。"Phoenix Rising"もそう、ツインGuには失禁するしこの"哀愁"は何?ミドル・テンポの"War Machine"や"After All"の哀愁度の高さ。そして、ラストを飾る"My Insanity"の曲展開、涙が溢れてきます。煮え切らなかった前作から思うと、凄く吹っ切れた気分に浸っています。


TANK - Judgement Day (War Machine)

TANKと言うバンドに、様式美シンガーDoogie Whiteがこれほどマッチするとは思わなかった。"嬉しい誤算"ですね。Doogie Whiteが加入したことで、ある意味Algy Wardとは違った"哀愁"を表現することに成功したんだと思います。伝統的な"ブリティッシュ・ヘヴィ・メタル"とはこうであって欲しいと思う気持ちと、新しいTANKの音楽性がマッチした素晴らしい"名盤"だと思います。何か、嬉しくてたまりません。

amazonで購入する

"hirokawai音楽論!!" online storeへ



スポンサーサイト
thema:HR/HM
genre:音楽
TANK / HONOUR & BLOOD (1984)
2009/12/22/ (火) | edit |
Honour & BloodHonour & Blood
(2008/10/28)
Tank
オリジナル盤: 1984
商品詳細を見る


一言で言えば、
"勇ましい男の、哀しい後ろ姿"である。

うん、このバンドにはこの言葉が一番当てはまる。
以前「トンネル工事とヘヴィ・メタル」という記事を書きましたが、
結局"スラッシュ・メタル"ばかりを紹介してしまいましたが、
彼らのことを書き忘れてしまいました。

NWOBHMの中でも、"硬派"なイメージがある彼ら。
"硬派"な中にも"男の哀愁"が詰まっている。
男の"力強さ"と"哀しさ"を体現した素晴らしい名盤です。

Algy Wardの力強いながらも"哀愁"を漂わせる歌い回し、
たたみかけるようなリフに、"哀愁"のツイン・リード…

"War Drags Ever On"オープニングのイントロはJUDAS PRIEST
あの曲にもにてるけど…JPの方が後だからね。
しかし、凄く"もの哀しい"イントロから始まります。
"勇ましくも哀しい"が当てはまります。
この8分超の大曲、最後に待っているギター・ソロに
正直"泣いて"しまいます。う?ん。
"When All Hell Freezes Over"から
名曲"Honour and Blood"への流れに、いつも"ゾクゾク"してしまいます。
"When All Hell Freezes Over"のコーラスには"凄い哀しみ"を憶え…
このギターのイントロがたまらない超名曲"Honour and Blood"。
この曲はNWOBHMのみならずヘヴィ・メタル史上に残る名曲です。
ここでもギター・ソロに"男泣き"です。"男泣き"。
本作の中でも、キャッチーな"Too Tired to Wait for Love"。
これぞNWOBHMな佳曲です。メロディが耳から離れません。
そして、また8分を超える大曲"Kill"…名曲。
3分を超えたあたりで、哀しくも美しいギター・ソロ…
"男の涙ってなんて美しいんだろう"と…"感傷"…。

これこそ、
"勇ましい男の、哀しい後ろ姿"である。


MySpaceのオフィシャル・ページへ

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する

【追記】

あの、"勇ましくも哀しい"VocalのAlgy Wardはすでに脱退し、
あのDoogie Whiteが加入したらしいですが、
この"硬派"なバンドに"様式美"の彼が合うのですかね??

thema:心に沁みる曲
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。