この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NEVERMORE / THIS GODLESS ENDEAVOR (2005)
2009/12/23/ (水) | edit |
This Godless EndeavorThis Godless Endeavor
(2005/07/26)
Nevermore
オリジナル盤: 2005
商品詳細を見る


例えば"独自の世界観"を持つアーティストにとって、
時には"コアなファン"を多く獲得する反面、
その"世界観"故に、"好まれない"場合も多い。

僕は、KING'S XNEVERMOREが頭に浮かびますが、
その両者とも、僕の"心を貫いた"わけです。
多分、これらのバンドにとって、"初めて聴いた曲"によって、
かなりそのバンドの"印象"が変わってくるような気がします。

例えば、このNEVERMOREというバンド。
僕はSANCTUARYの時からの(コアではない)ファンですが、
彼らの"独自の世界観"を貫いている姿は非常に素晴らしいと思います。

MEGADETHが"インテレクチュアル・スラッシュ"と評され、
新作『ENDGAME』が"爆発的評価"を得ていますが、
それなら、彼らも"インテレクチュアル"(知的)であるし、
仮に言うならば"インテレクチュアル・メタル"として、
もっと評価されるべき存在ではないかと思います。
ちなみに『ENDGAME』で強烈的な存在感を示したギタリスト
Chris BroderickもNEVERMOREに一時期参加していました。

さて、オープニングを飾る"Born"は凄まじいの一言。
NEVERMOREを、もし初めて聴くならこの曲がいい。
ブルータリティがありながら、"哀愁"を感じる超名曲。
急展開をみせるドラマティックさ、ヒステリックながらも
"表現力"にたけたWarrel Daneのヴォーカル。
時にアグレッシヴに、時に哀しくも美しい歌い回し。
サビの部分のメロディも、本当に美しい。
続く"Final Product"や"My Acid Words"、これも哀しくも美しい。
全てのパートが"知的"、強烈なリフにツイン・リード…
Warrelの歌唱力に惚れる。サビが…"哀しくも美しい"。
そして、もの哀しく美しいバラード"Sentient 6"。
"美しい"…もう僕は、彼らの"悲壮の世界"に包まれてしまった。
ラストの"This Godless Endeavor"…美しい、哀しい…
8分を超えるドラマティックな大曲、名曲。
"絶望の涙"に打ち拉がれる…"彼らの世界から抜け出せない"。


【余談】

SANCTUARYの『INTO THE MIRROR BLACK』のアルバム・ジャケットと、
同じようなタッチのジャケットですね。

アルバムを一通り聴き終えた後、
この"彼らの世界観"から抜け出せないでいる…。

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する

スポンサーサイト
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。