この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
M.A.R.S. / PROJECT: DRIVER (1986)
2009/12/24/ (木) | edit |
Project: DriverProject: Driver
(1990/10/25)
M.A.R.S.
オリジナル盤: 1986
商品詳細を見る


このアルバム・ジャケットに、まずシビレます。

GuiterのTony MacAlpineが中心となり、他にQUIET RIOT
後にWHITESNAKEなどで活躍するBassのRudy Sarzo
同じくDrumsのTommy Aldridge。後にIMPELLITTERIで活躍することになる
当時はまだ新人シンガーであるRob Rockという凄いメンツで
結成されたプロジェクトM.A.R.Sの唯一リリースされたアルバム。

凄いメンツですから、いい加減な作品を作るはずがない。
そう言いきれる"名盤"です。この1枚で終わってしまったのが
実に惜しい。

楽曲的には、初期RACER X+"哀愁"+"叙情性"です。
Tony MacAlpineの"叙情性"溢れる、テクニカルで"ネオ・クラシカル"なGuiterには
正直、"感動"です。また、彼の弾くKeyboardsも絶品。
全曲を通して、"叙情性"と"泣き"を追求しています。
そういうものを追求しながら"スリリング"…。
もちろん、IMPELLITTERIでもお馴染みですがRob Rockの"歌唱力"は
若々しさもありますが、パワフルで素晴らしい!!
それぞれに"個性"を出し切ることで"楽曲の追求"がなされた、
素晴らしいアルバムです。
これは1曲ずつ解説することが出来ない…
だって全てが素晴らしいんですもの!!

RACER Xと比較されることが多いですが、
断然、こちらのほうをオススメします。
(これは、私的感覚ですが…)

全曲を通して、"泣き"のギターが堪能できる名盤です。
"泣き"です、"泣き"。
この1枚で終わってしまったことが残念でなりません。

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する

そして、皆さんにMerry Christmas...
スポンサーサイト
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。