この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HITTEN / STATE OF SHOCK (2016)
2016/04/09/ (土) | edit |
私たちが望む音楽、それが「彼ら」だ!!

久しぶりに盤を買って、興奮してしまっている。
なんて素敵なバンドと出会ってしまったんだ!!身震いが止まらない!!

↑↑少々、盛っていますがお許し下さい。そんな気分にさせられてしまうのです。

STATE OF SHOCK
STATE OF SHOCK
posted with amazlet at 16.04.09
HITTEN
Spiritual Beast (2016-04-20)
売り上げランキング: 178,879


スペイン発の正統派ヘヴィ・メタル・バンドの2ndアルバム。’80年代を彷彿させるトラディショナルなバンドでございます。
私は1stアルバムを持っていませんので前作との対比はすることはできませんが、昨今のトラディショナル・メタル・バンドの中では群を抜いているバンドではないでしょうか?
ツインGuitarは疾走します。そして”泣き”まくります!!もう、ここぞというときに「ここぞというフレーズ」。心奪われてしまったではないですか。曲もメロディもしっかりしているではないですか!!
おかげさまで、日本盤も発売されるようです。しばらく私はこのアルバムを聴きまくることにします!!その後1stアルバムを買ってしまおうじゃないか。

世のヘヴィ・メタル野郎よ。
なんでもいいからこのアルバムを買いなさい!!


聴けば分かるのだ。






スポンサーサイト
thema:ヘヴィメタル
genre:音楽
HADEAN / PARASITE (2010)
2011/05/05/ (木) | edit |
次作で大爆発が予想されるデビュー・アルバムです。

って書いてしまうと、責任を負ってしまいそうで怖いですが…。ただただ、そんな予感がするバンドに出会いましたね。正直、ネット・オークションでたまたま拾ったアルバムですが、買って良かったと思っています。

Parasite
Parasite
posted with amazlet at 11.05.05
slepcastrecords (2010-09-14)

ドイツのヘヴィ・メタル・バンドHADEANの2010年リリースのデビュー・アルバムが本作。正直、なんの根拠も無く適当に買ったアルバムなのですが、コレが当たった。たまには"猟盤"も数撃ちゃ当たるもんです。音楽性は、それはそれは広いもんがありまして…メロ・デス的であり、メタル・コア的であり、正統派メタル的であり、シンフォニックであり、叙情性もあり、メランコリーでもあり。これが、上手いこと私の琴線に触れるわけです。エッジの効いたギター・リフであったり、そこら辺は正統派ヘヴィ・メタルの香りがしますし、曲展開は欧州的なメロ・デス風味。Vocalはデス声ではなく、ハイトーンでメロディを歌い上げるタイプ。そして、何と言っても"叙情性"のある曲展開にはウットリしてしまいます。曲間のシンフォニックでメランコリーなイントロ…オーケストラを使用した壮大なものになっていますが、これが琴線に触れるわけです。しかし、"名盤"かといえばそうではない。荒削りな部分もありますし、ここはこうであって欲しいっていう願望。音楽性のセンスが有り余るバンドなのに惜しい部分はあります。ただ、その惜しい部分、このバンドに足りない部分やこうあって欲しいという気持ちが、他のバンドとは違って明確になっている分、大いに次のアルバムに期待できるのです。まだ1stアルバムですからね~。2ndアルバムがホントに期待大ではないでしょうか。


↑↑Hadean - Earth

いや、ホント私の中ではもうヘヴィ・ロテ中ですよ。センスが素晴らしいですもん。少々くどい感じもありますが、少しの改善が今後みられるのでしたら、もう"名盤"間違いないですよ。もう、間違いなく次作で大爆発が予想出来るデビュー・アルバムです。

amazonで購入する

"hirokawai音楽論!!" online storeへ



thema:ヘヴィメタル
genre:音楽
HAVOK / TIME IS UP (2011)
2011/05/02/ (月) | edit |
スラッシュ・メタル新時代へ

オールド・スクールなスラッシュ・メタルを演る若手スラッシャーが活躍しだしてから数年が経ちますが、ようやくその彼らも2ndアルバムをリリースするような時期に来ています。その中で重要なのは、どれだけ音楽的に成長したかだと思います。同じようなものを作っていたらそのうち飽きられるだろうし、スラッシュ・メタル新時代に突入しないといけない。

Time Is Up
Time Is Up
posted with amazlet at 11.05.02
Havok
Candlelight (2011-03-29)
売り上げランキング: 47291

アメリカはコロラド州出身の若手スラッシャーHAVOKの2011年リリースの2ndアルバム。しかし、彼らは期待を裏切りませんな。素晴らしいデビュー・アルバムの後の2ndアルバムは、非常に怖いもんですが…彼らは素晴らしい。これで本物のスラッシャーになったと思います。以前、2009年のデビュー・アルバム『BURN』の記事でも、彼らの持ち味は"曲展開"と"叙情性"を持ち合わせていることと紹介しましたが、今回この新しいアルバムは1stにも増してゾクゾクするような"曲展開"、そして"叙情性"のあるギター・ソロなど聴くことが出来ます。Vocalのスクリームもヒステリックに説得力がかなり増しました。ベイエリア・スラッシュを基調とし、クロスオーヴァー・スラッシュの色づけもなされているところが彼らの持ち味。それにプラスされた"叙情性"などを含めると、もう"失禁"するしかないほどカッコいいのです。この、"イモ"なアルバム・ジャケットからは決して想像は出来ないでしょう。それほど、カッコいいバンドでありアルバムであります。


↑↑Havok "Time Is Up" in stores March 29

数多くの"若手オールド・スラッシャー"が世に出てきて数年、やはりこの先も同じ事をやっていたら必ず潰れてしまいます。今こそ、"スラッシュ・メタル新時代へ"突入していかなければ行けません。"オールド・スクール"を重んじながら、彼らのように何か新しいスパイスを徐々にでも増やしていかないと…。しかし、何ともカッコいいバンドなんでしょ。

amazonで購入する

"hirokawai音楽論!!" online storeへ



thema:ヘヴィメタル
genre:音楽
HAIL OF BULLETS / ON DIVINE WINDS (2010)
2010/12/10/ (金) | edit |
吹けよ神風! これぞデス・メタル!!

と言いますか、私は元々デス・メタルとか聴かない人だったのに、とうとう染まりつつあるわけです。デスラッシュとかも結構気に入って来たわけですが、こういうオールド・スクールなデス・メタルも相当好きな部類に入ってきました。これは、どういうことか?(わかりませんがね)。

On Divine Winds
On Divine Winds
posted with amazlet at 10.12.10
Hail Of Bullets
Metal Blade (2010-10-12)
売り上げランキング: 41387

オランダ出身のデス・メタル・バンドASPHYXのMartin van Drunen(Vo)、Paul Baayens(Gu)などが中心となって2006年に結成したデス・メタル・バンド。2008年に1stアルバム『...OF FROST AND WAR』をリリース。そして、それから約2年ぶりの2ndアルバムが本作でございます。全く知らないバンドでしたが、イギリスのヘヴィ・メタル専門誌のサンプラーCDに1曲収録されていたことがきっかけで購入しました。正に、オールド・スクールなデス・メタルで、元々こういうのを聴かない私でしたが、オープニングのインスト"The Eve Of Battle"から"Operation Z"への流れ、特に"Operation Z"のインパクト、アグレッションにやられてしまい、知らないうちに彼らのファンになってしまっていたわけです。そしてこのアルバム、アルバム・ジャケットからもわかるように(というか、このアルバム・ジャケットのインパクトは凄いですね。強烈です。)、大東亜戦争時の大日本帝国の栄枯盛衰をコンセプトにしています。ですから、日本国内盤の邦題は"吹けよ神風!"。"Kamikaze"なる楽曲も収録されています。アルバム全体にあるオドロオドロしさ、ミドル・テンポ主体ながら非常に攻撃的で凄いインパクトを感じます。楽曲自体も、凄く渋いですよね。時折魅せる、もの哀しいギターのフレーズなんかも良い感じに入ってきます。しかしまあ、日本人としては歌詞があまりにもアレですが…この攻撃性は何とも言えません。デス・メタル初心者の私にも、このインパクトはじゅうぶんと言うほど伝わってきました。これは、オススメのアルバムですね。


↑↑Hail of Bullets "Operation Z" (OFFICIAL)

しかしナニですね。私は、デス・メタル初心者(って言うか、今まで聴かず嫌いしていたんですね…)なわけですから、他にも色々オススメのアルバムとかあったら教えて欲しいですね。ちょっと、はまり始めてますんでよろしくお願いします。とにかく、このアルバムは気に入りました!!

amazonで購入する

"hirokawai音楽論!!" online storeへ



thema:HR/HM
genre:音楽
HYDRIA / POISON PARADISE (2010)
2010/11/23/ (火) | edit |
アカンですよ。こんなん無料フルダウンロードさせたら…。
このCDが売れない時代に、ニュー・アルバムを無料ダウンロード出来るようにするとは…勿体ないではないですか。例えば、超B級の"ヘッポコ"アーティストだったら理解できますよ。名前が売れますからね。しかし、(実は私も、某ブログで知って無料ダウンロードしたわけですが)彼らのような素晴らしいアルバムを、無料フルダウンロードにしちゃったら、CD売れなくなっちゃいますって!!マジで…今朝ipodに入れて通勤で1回聴いただけだったのに、好きになっちゃったじゃないですか!!

Hydria poison paradisePoisone Paradise

Hydria
Independent(2010-11-17)

無料フルダウンロードはコチラ
Hydria @ MySpace

ブラジル出身のシンフォニック・ゴシック・メタル・バンドの2010年リリースの2ndアルバム。(自主制作盤故に無料フルダウンロードなんてことも可能なんだと思いますが…)。ちなみに、2008年にリリースされた1stアルバム『MIRROR OF TEARS』amazon.co.jpでも購入可能ですので、もしかしたら新作もそのうち日本に流通することが考えられます。

Hydria

さて、音楽性はオーソドックスなシンフォニック・ゴシック・メタルです。ヘヴィさはさほど感じられませんでしたが(ここが少し残念なところかな?もう少しフックがあってもいいかと…)、彼らの(彼女らの)持ち味の一つは何と言っても、VocalのRaquel Schüler嬢。彼女のソプラノは、元NIGHTWISHTarja Turunen嬢ほどの壮大さはありませんが、Tarja以上の透明感の持ち主。凄く癒される歌声をしています。これはアルバムを聴いた誰もが感じるはず。美しいメロディ・ラインに乗った彼女の奏でる歌声は、もう表現もしようのない程の美しさです。これほど表現力の高いVocalと素晴らしい楽曲に恵まれているのだから、後は少しバックが盛り上げてくれたら良かったと思います。しかしこれは次に期待が持てるアルバムですね。


↑↑Hydria - Making of "In the Edge of Sanity" - 2012 Onda Zero soundtrack

いや?これは1stアルバムも聴きたくなったぞ!!この2ndアルバム、無料フルダウンロード出来ることですし、是非聴いてください。そして、気に入ったらアルバムを買ってあげてくださいね。

↓↓ちなみにコレは1stアルバムです。


thema:心に沁みる曲
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。