この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
VEKTOR / BLACK FUTURE (2009)
2010/01/09/ (土) | edit |
Black FutureBlack Future
(2009/11/17)
Vektor
オリジナル盤: 2009
商品詳細を見る


最近の"熱い"'80年代風スラッシュ・メタルの中で、
これほど"手に汗握る"アルバムがあったとは…"感激"。


アメリカはシアトル出身の4人組の2nd(らしい)。
影響を受けたバンドは、カナダのVOIVODやドイツのDESTRUCTION
う?ん納得。バンドのロゴなんか、まんまVOIVODです。
この"クサレ"なアルバム・ジャケットも"マニア"にはそそる…か?

しかし、少々EXODUS直系とかのスラッシュ・メタルに飽きかけてたとこに、
このアルバムのリリース。正直"心臓"に電気が走りました!!
(あっこりゃamazonのユーザー・レビューのパクリみたい…)

めちゃくちゃ、"格好いい"!!こりゃメジャー級のバンドも"脱帽"。

VOIVODを連想させる"プログレッシブ"なスラッシュ・メタル。
スピード一辺倒ではない、先の読めない曲展開にゾクゾクしてしまいます。
また各パートがテクニカル。ツイン・リードのGuiterにも圧倒されますし、
手数足数の多いDrumsや、唸るようなBassなんかは"プロフェッショナル"。
そこらのB級スラッシュ・メタルとは、ひと味もふた味も違う。
とくに10分を超える大曲"Forests Of Legend"なんか、その曲展開に、
"緊張感"を保ったまま最後を迎えます。
David DisantoのVocalは、もろ初期DESTRUCTIONのSchmierです。
凄くヒステリック、こういうのたまりません。

この"Oblivion"って曲も"名曲"です。
音源をどうぞ…

う?ん"最高"。

最近の"熱い"'80年代風スラッシュ・メタルの中で、
これほど"手に汗握る"アルバムがあったとは…"感激"。

MySpaceのオフィシャル・ページへ

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する

スポンサーサイト
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。