この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DON DOKKEN / UP FROM THE ASHES (1990)
2010/01/10/ (日) | edit |
Up from the AshesUp from the Ashes
(1997/10/21)
Don Dokken
オリジナル盤: 1990
商品詳細を見る


甘く"哀愁"のメロディこそが、Don Dokken。

本来ならDOKKENの5thアルバムになるはずだったDON DOKKENの1st。
結局、本作のみで"解散"してしまったわけです…。
当初DOKKEN名義でリリース予定だったのですが、元メンバーなどと裁判沙汰となり
DOKKENの名称を使えなかったため、DON DOKKEN名義でリリースされました。
つまり、本当の事を言えばこれはDOKKENのアルバムだったわけです。
確かにGuiterのGeorge Lynchは既に脱退していたわけで、
彼のアグレッシブでスリリングなリフやソロは聴けないわけですが、
新しく加入したEUROPEJohn Norumの"叙情的"なGuiterが聴けるわけです。
彼の"叙情性"と、Don Dokkenの"哀愁"のメロディがうまくマッチしたと思います。

僕はこのアルバムを、DOKKENの5thアルバムだと言われても
違和感を感じませんし、それで良いじゃないかと思います。
後のDOKKENの活動を見ていると、こちらの方がDOKKENらしいと思います。
よく『BACK FOR THE ATTACK』なんかと比べると"地味"だと言われますが、
僕は決してそんな風には思いませんし、このアルバムは"名盤"だと思います。
どちらかというと『UNDER LOCK AND KEY』に近い感じなのではないでしょうか。
だからDOKKEN名義でリリース出来なかったことが悔やまれます。
(って言うか、今更どちらでも良いのですが…)
何と言っても、ノルウェー人のJohn Norumが持ち込んだ欧州的"哀愁"が、
Don Dokkenの求めているものとうまく合致したんだと思います。

アルバムを通して"哀愁"を感じさせてくれる素晴らしい作品です。
出来ることならこのメンバーで、アルバムをあと数枚出して欲しかった。
"DOKKEN"というバンドとして…。

GeorgeのいないDOKKENはDOKKENじゃないって思ってる方は、
もう一度、頭をリセットしてこのアルバムを聴いて欲しい。
DOKKENの"名盤"のひとつだと感じていただけるはずです。

この"哀愁"を、是非堪能してください。
John NorumのGuiterも絶品だと思います!!

↓この"Crash 'N' Burn"は"名曲"です。


甘く"哀愁"のメロディこそが、Don Dokken。

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する

スポンサーサイト
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。