この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EVILE / FIVE SERPENT'S TEETH (2011)
2011/11/08/ (火) | edit |
アメリカがWARBRINGERなら、イギリスは…

私の中では、"新世代スラッシュ・メタル"と言えば、アメリカがWARBRINGERなら、イギリスは間違いなくEVILEなんです。彼らが新しい時代のスラッシュ・メタルを引っ張っていくべき存在だと思っています。

Five Serpent's Teeth
Five Serpent's Teeth
posted with amazlet at 11.11.08
Evile
Earache Records (2011-10-18)
売り上げランキング: 37856

イギリスはハダースフィールドにて2004年に結成されたスラッシュ・メタル・バンド。同じ頃にアメリカで結成されデビューも同時期のWARBRINGERとは、どうしても比較してしまうんですよね。2007年にリリースされた1stアルバム『ENTER THE GRAVE』は、翌年にリリースされたWARBRINGERの1stアルバム『WAR WITHOUT END』の更に上を行く、SLAYER直系の素晴らしいアルバムでした。しかし2009年にリリースした2ndアルバム『INFECTED NATIONS』は、前作のアグレッションは影を潜めミドル・テンポの楽曲を多用しモダンなアルバムに仕上げましたが、これがまたホントつまらないアルバムでした。リズム隊を替え、楽曲的にも急成長したWARBRINGERの2nd『WAKING INTO NIGHTMARES』に大きく差を広げられてしまったわけです。そして、今年WARBRINGERの3rdアルバム『WORLD TORN ASUNDER』(これもまた素晴らしいアルバムです)に続いて、彼らも3rdアルバム『FIVE SERPENT'S TEETH』をリリースしました。2ndリリース後、BassのMike Alexanderが急死してしまうという悲しい出来事に見舞われましたが、バンドは新しくJoel Grahamを迎え、悲しみを乗り越えての再スタートです。WARBRINGERの素晴らしいニュー・アルバムを聴いた後ということもあって、凄く気になるアルバムでしたが、いや~心配することは無かったですね。確かに、前作で強調したモダンなスラッシュ・メタルは健在です。ミドル・テンポとハイ・テンポをうまく調和させているところが前作からかなり成長したのではないのでしょうか。何と言っても前作でつまらなかった要因のひとつにヴォーカル・メロディのつまらなさや不器用さもあったと思いますが、これは大きく改善していますね。これが、本作での成長のひとつ。あと、曲展開も多彩になりましたね。まだ、その点ではWARBRINGERには劣る部分がありますが、正統派ヘヴィ・メタルのテイストも新たに感じられるギター・ソロも好感が持てます。ようやくWARBRINGERに追いついたんではないでしょうか。亡くなったMike Alexanderも"In Memoriam"と"Long Live New Flesh"の作曲にクレジットされています。物哀しい"In Memoriam"はホント涙を誘いますね。


↑↑Evile - Cult

オールド・スクール・スラッシュの二番煎じが多い若手スラッシャーが増える一方で、彼らのような"新世代スラッシュ・メタル"は本当に必要な存在で、これからも若いスラッシュ・メタル・シーンを引っ張っていってもらわないといけません。そういう意味でも、ずっと応援していきたいバンドのひとつです。



スポンサーサイト
thema:HR/HM
genre:音楽
EVILE / ENTER THE GRAVE (2007)
2010/01/11/ (月) | edit |
Enter the GraveEnter the Grave
(2008/11/24)
Evile
オリジナル盤: 2007
商品詳細を見る


しかし、この無数の"銃弾"のようなアグレッションは何だ!?

英国産スラッシャーの2007年リリースの1st。
彼らの"猪突猛進型"スラッシュ・メタルは、あのSLAYERを彷彿させます。
あの"魂を貫く"ような鋭利なギター・リフに圧倒されます。格好いい!!

Wooooo!!オープニングからキラー・リフにやられる"Enter The Grave"、
こりゃSLAYERも"腰を抜かす"(はず)!!凄くSLAYERの"名曲"っぽい。
キラー・チューン"Thrasher"なんかは、"まんま"やね!!正にスラッシャー。
銃弾のようなギター・リフには、冒頭からやられます。
みんなで叫ぼうぜ!!「Jump into the pit!!」!!そして、
このキチガイなギター・ソロ!!もう言うことがありません。これはもう名曲です。
ぬぉ?SLAYER型変速系変態ギター・リフ"First Blood"。やられます。
不気味なギターのイントロで始まる"Man Against Machine"、これは不気味…
"Killer From the Deep"なんかも、キラーなギター・リフにやられます。
(俺って、やられっぱなしじゃん…余談ですが…)
さて7分を超える大曲"We who are About To Die"、静から動へ、
ミドル・テンポなヘヴィネスから、強烈なギター・ソロへ、
そして"超疾走"チューンへと変化していきます。うんドラマティック!!
こういう素晴らしい展開の曲が作れるのだから、彼らただ者ではありません。
SLAYER同等の"緊張感"と"殺傷能力"があるし、この"完成度"は素晴らしい!!

さて、PV紹介。名曲"Thrasher"。


去年(2009年)、2ndアルバム『INFECTED NATIONS』をリリースし、
精力的にヨーロッパをツアーしていた彼らですが、
10月5日に滞在先のスウェーデンで、黒人ベーシストのMike Alexanderが
血栓症で倒れ、帰らぬ人となってしまいました。享年32歳。
ご冥福を心からお祈り申し上げます。
バンドとしても、"これから"というときに残念な出来事になってしまいましたが、
彼らの"未来"に、期待したいと思います。

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する

thema:心に沁みる曲
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。