この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ENUFF Z'NUFF / ANIMALS WITH HUMAN INTELLIGENCE (1993)
2010/01/15/ (金) | edit |
Animals with Human IntelligenceAnimals with Human Intelligence
(2008/08/04)
Enuff Z'Nuff
オリジナル盤: 1993
商品詳細を見る


なんという湿り気…メロディの渦…
美しくも、切ないメロディに心打たれる。


1993年リリースの3rdアルバム。
アメリカのバンドにありがちの明るいハード・ポップではなく、
あのJohn Lennonの歌い回しを彷彿させるDonnie Vieの切ないVocal、
もの哀しさを感じる甘いメロディ満載のハード・ロックです。
一般的に2nd『STRENGTH』(1991年)が"名盤"とされていますが、
特に僕の場合、彼らとの出会いがこのアルバムだったので、
この思い入れは"凄い"です。(捨て曲も多少ありますが…)

初めて"Right By Your Side"や"Innocence"を聴いたときの"切ない気持ち"は
決して忘れることが出来ません。ホントに"切なく"なります。
特に、切ないバラード"Innocence"は胸を熱くさせられます。
この曲を聴いてしまうと"人肌恋しく"なってしまうのは僕だけでしょうか?
ハード・ロック・ナンバー"One Step Closer to You"や"These Daze"なんかも
決して明るくなることなく"切ないメロディ"を奏でます。
もの哀しいギターのイントロで始まるヘヴィなナンバー"Mary Anne Lost Her Baby"。
もうクセになりそう…何でこんなに切ないの?メロディが素晴らしい。
ラストを飾る、美しいバラード"Fingertips"で心から泣いてください!!
本当に"心"から泣いてください。

こういうハード・ロックのスタイルを作り出したのは彼らだし、
唯一無二だということが、本当に素晴らしいと思います。
僕もTHE BEATLESならJohn Lennon派です。間違いなく…。

切ない…↓↓"Right By Your Side"のPVです


なんという湿り気…メロディの渦…
美しくも、切ないメロディに心打たれる。

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する

スポンサーサイト
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。