この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KREATOR / EXTREME AGGRESSION (1989)
2009/10/31/ (土) | edit |
Extreme AggressionExtreme Aggression
(2001/09/10)
Kreator
オリジナル盤:1989
商品詳細を見る


これぞ"スラッシュ・アルバム"と言える名盤。
アメリカがEXODUSMETALLICAなら、ドイツはKREATORよ。
あっDESTRUCTIONを忘れてる(今日はまいっか…)

正直、デビュー当時の『ENDLESS PAIN』(1985年)なんかは聴いてられない程、
クソ盤(そんなこと言ったらB級スラッシュ・メタルを崇拝する方々に怒られるわ)。
とにかくMille Petrozzaのヒステリックなヴォーカルに、キチガイのような速さ…
ほんとキチガイでしたが、アルバム毎に急成長してきたバンドですね。

前作である3rd『TERRIBLE CERTAINTY』(1987年)は"緩急つけた曲構成"
"リフ展開"で大ブレイク。とうとうメジャー契約を勝ち取ったわけです…。
で、紹介するのが本作でございます。

1988年に、メジャー・レーベルのエピック・レコードと契約し
そこそこ有名なプロデューサーを擁し、アメリカでレコーディングした本作。
さすがに、音質は前作までとは比べものにならないくらい向上し、
アメリカナイズされたか?って言われるとそうではなく、
彼ら独特の曲構成、リフ展開は、より磨きをかけられていて
"静・動"を心地よく使い分けているんです。

文才がないので、このアルバムの素晴らしさが伝わらないのが
残念ですが、まぁ買ってください。
スラッシュ・メタルの"名盤"だと断言します!!

よくSLAYERの名盤『REIGN IN BLOOD』と比較されることが多いらしいですが、
私個人的には、この『EXTREME AGGRESSION』のほうが素晴らしいと思っています。

やっぱ曲構成が良いんですもの。
名曲"Betrayer"は、このアルバムに収録されています。

スポンサーサイト
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
PRAYING MANTIS / A CRY FOR THE NEW WORLD (1993)
2009/10/31/ (土) | edit |
A CRY FOR THE NEW WORLDA CRY FOR THE NEW WORLD
(2009/01/21)
PRAYING MANTIS
オリジナル盤 : 1993
商品詳細を見る


"音楽が好きで良かった"
このアルバムを聴き終わった後、本当に感じた言葉です。
そして、一粒の涙が出たのです…。

いやぁ?、メタル不毛のこの時代に
こんな素晴らしいアルバムを作るなんて、流石。
NWOBHMの名盤『TIME TELLS NO LIES』(1981年)より、
こちらをお奨めしますね。

オープニングに相応しいメロディアスな疾走チューン"Rise Up Again"で始まり、
タイトル曲である"A Cry For The New World"なんかは、
サビのメロディーが美しくて、頭から離れません。
これぞNWOBHMってな哀愁漂うギターイントロから、
また甘いメロディで窒息の"Letting Go"や"Fight To Be Free"…。
美しく甘いバラード"Dream On"…。
MANTIS節炸裂、超名盤。

"泣き"と"叙情性"と"哀愁"を味わいたい方は、
是非これで泣いてください。
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
STRYPER / MURDER BY PRIDE (2009)
2009/10/24/ (土) | edit |
Murder by PrideMurder by Pride
(2009/07/21)
Stryper
オリジナル盤: 2009
商品詳細を見る


十うん年前、初めて"Together as One"を聴いて
涙したことが、心に甦ってきた気がしました。

アメリカの、クリスチャン・メタル・バンドSTRYPERの最新作、
4年ぶりの7thアルバムです。
ホントに久々に彼らの作品を聴きました。

1曲目のハード・ロック・ナンバー"Eclipse for the Son"から、
往年のSTRYPERを思い起こさせるような"歌メロ"の美しさ!!
Michael Sweetの"甘い"ハイトーン・ヴォイスと、"甘い"メロディに魅了されます。
3曲目"Peace of Mind"は、BOSTONのカヴァー曲。
なんと、BOSTONのTom Scholzがゲスト参加しています。

そして、ピアノの美しいバラード"Alive"で
思いっきり泣いてください…
なんでこんな切ないメロディが出来上がるの?
なんて優しいの?なんて素晴らしいの?

タイトル曲の、メタル・ナンバー"Murder by Pride"なんかも
美しくてたまんない!!

ジャケ写見て、買うの控えた方がいたら
それは大きな間違いですよ。

STRYPERは、優しく美しく甘い…
大好きだった頃と、何一つ変わらなかった。
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
JOURNEY / ESCAPE (1981)
2009/10/21/ (水) | edit |
EscapeEscape
(2006/08/08)
Journey
オリジナル盤: 1981
商品詳細を見る

まずは、Jeff Scott Sotoファンの皆さん、ごめんなさい。
JOURNEYのリード・ヴォーカルを辞めてくれてありがとうございました。
って、すごく巧いシンガーだと思ってますけど、JOURNEYには
ちょっと…って思っていたので(苦笑)

余談はさておき、メンバー・チェンジというのは時に
バンドの未来の明暗を左右する場合があります。

私個人的には、Gregg Rolieは素晴らしいメンバーだと思っていましたが、
Jonathan Cainの加入は、バンドに大きな転機をもたらしました。
良い意味でも悪い意味でも…。
(この作品の後、バンドはさらに商業的になりすぎて
衰退していったのも事実ですから…)

Jonathan Cainの加入によって、バンドのソングライティングの
幅が広がり、このアルバムで人気が大爆発しましたね。
証拠に、初めて全米No.1に輝いたのがこのアルバムですから。
次作の『FRONTIERS』と本作は、是非皆さんに聴いてほしい
"心の名盤"ですね。

何といっても、現在でもライヴで定番の"Ask the Lonely"が
アルバムのアウトテイクになるくらいですから、よっぽどですわ。

ハード・ロック・チューンからバラードまで、全ての曲が
素晴らしく、心に残り、涙も出るくらいです。

MARIAH CAREYが後にカヴァーし、日本の某映画のテーマ曲になった、
超名バラード"Open Arms"も収録されています。

"Don't Stop Believin'" "Stone in Love" "Who's Crying Now"…
好きな曲をあげれば全曲ですが、

その中でも一番お気に入りの曲は、現在ライヴでは、
歌えるヘヴィ・メタル・ドラマーDeen Castronovoが
メイン・ヴォーカルをとる超名曲"Mother, Father"!!
美しいアコースティック・ギターとピアノから始まり
何かもの悲しい主旋律の美しいミドル・テンポの
ロック・ナンバーです。
ギター・ソロでも泣いてください!!

こんな素晴らしいハード・ロック・アルバムは、
もうリリースされないだろうな。
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
EXODUS / ANOTHER LESSON IN VIOLENCE (1997)
2009/10/18/ (日) | edit |
Another Lesson in ViolenceAnother Lesson in Violence
(1997/07/08)
Exodus
オリジナル盤: 1997
商品詳細を見る


ベイエリアに限らず、スラッシュ・メタルを語る上で欠かせない存在といえば
このEXODUSであることは、百も承知の話ですが…。

その中でも欠かせないのは、もちろん伝説の1st『BONDED BY BLOOD』であるのは、
間違いは無いのですが、これは後に語るとして…。

最近、その『BONDED BY BLOOD』の、現メンバーでの新録バージョン・アルバム
『LET THERE BE BLOOD』がリリースされましたが…
やっぱり、Paul Baloff(故人)はいない、Steve 'Zetro' Souzaはいない、
Rick Hunoltはいないでは、実にもの寂しいアルバムでしたね。
現ヴォーカルのRob Dukesも決して悪くない
素晴らしいシンガーだとは思うのですが、"クセ"がなさ過ぎるというか…
まっTom Huntingの素晴らしいドラミングが聴けるからいいか?程度でしたね。
Zetroが歌ってくれていれば…と思うと、少し残念…。

さっ今回紹介するのは、これも最高のライヴ・アルバムですね?。
彼らのカッコ良さの全てが伝わってくる素晴らしいアルバムです。

ヴォーカルはもちろん、当時復帰していた(遺作となってしまいましたが) Paul Baloff!!
そして、Gary HoltとRick Hunoltの二人が奏でるクランチ・リフは、
やっぱカッコいい(炎)!!
そして、なんと言ってもTom Huntingのドラミングの素晴らしさが
伝わってきます。

選曲は、ほとんどが『BONDED BY BLOOD』からですが、
貴重なのは、Steve 'Zetro' Souza時代の『PLEASURES OF THE FLESH』から、
"Pleasures of the Flesh"や、"Seeds of Hate"などが聴けることですね。
そして、現METALLICAのKirk Hammettが在籍時に作った"Impaler"も、
また絶品!!

ライヴ会場にいるような、何ともいえない臨場感。
魂に木霊する、ギター・リフ。手数の多い必殺ドラミング!!
Paul Baloffの気違いヴォーカル…

どれをとっても、この世で一番カッコいい
スラッシュ・メタル・バンドであることは間違いありません。
断言します!!

もし、EXODUS未経験の方なら、真っ先に
このライヴ・アルバムを紹介したいと思います。
が、いかかでしょう?

thema:心に沁みる曲
genre:音楽
BON JOVI / THIS LEFT FEELS RIGHT (2003)
2009/10/17/ (土) | edit |
This Left Feels RightThis Left Feels Right
(2003/11/04)
Bon Jovi
オリジナル盤: 2003
商品詳細を見る


私個人的には、ベスト・アルバムってのは無意味なものだと思っているので、
(レーベルなどとの契約等の問題もあるのでしょうけど…)
どっかのアルバムのアウト・テイクなんかを新曲として2?3曲入れて
リリースしたものなんて、買う気も起こらないのです!!

ただ、最近のDESTRUCTIONや、KISSのように、
新録ベストなんかは、逆に新鮮で愛してしまうのです。
ANTHRAXは、まあまあだったけどね。

今回紹介する、BON JOVIのベスト盤は、全て新録で
なんと全てがアコースティック・ヴァージョンなんです。
(BON JOVIとしたら珍しくないか…)

私自身、大ヒットした『SLIPPERY WHEN WET』(1986年)や、
『NEW JERSEY』(1988年)、そして後に続く『CRUSH』(2000年)なんかよりも、
解散の危機にあった頃の、あのアダルトな大人のロックをしていた
『KEEP THE FAITH』(1992年)や、次作『THESE DAYS』(1995年)が大好きなんです。

だから、このベスト盤は、理解できないファンの方も多数お見えみたいですが
私的には、もう涙ものの名盤なのです。

わかる人には、わかる。

偏見や先入観を"ゼロ"にして、もう一度聴き直してください。
このベスト盤の、そしてBON JOVIの素晴らしさが、
きっと、わかるはずです。

あ…"Livin' On A Prayer"は"Prayer '94"のほうがいいやん。
まっいっか。

thema:心に沁みる曲
genre:音楽
CRIMSON GLORY / TRANSCENDENCE (1988)
2009/10/17/ (土) | edit |
TranscendenceTranscendence
(2008/04/15)
Crimson Glory
オリジナル盤: 1988
商品詳細を見る


先日、i-podにCDの整理をしていたら
忘れかけてたCDが出てきて懐かしさに浸ってしまいました。

それが、アメリカはフロリダ州出身のCRIMSON GLORYであります。
1988年リリースの2nd。

このバンドの良さは、アメリカのバンドらしからぬ
叙情性とドラマティックな楽曲と、ヴォーカルの
ハイトーン・ヴォイスですね。

"Lady of Winter "が流れ始めたとたん、
懐かしさが込み上げてしまいました。
こんな素晴らしいバンドがいたんだな?。
イギリスのJUDAS PRIESTなんかに引けをとらない、楽曲の素晴らしさがあったけど、
これって売れたのかな?

ハイライトは、ずばり超名曲"Lonely"。
メロウなバラードから、泣きのギター・リフへ
静から動へ…
この展開たまりません。
すごくドラマティック、泣きのオンパレード。

アメリカにも、こういうバンドがいたことが
嬉しくてたまりません。



thema:心に沁みる曲
genre:音楽
THIN LIZZY / LIVE AND DANGEROUS (1978)
2009/10/17/ (土) | edit |
Live and DangerousLive and Dangerous
(1996/03/21)
Thin Lizzy
オリジナル盤: 1978
商品詳細を見る


なんて素晴らしいライヴ・アルバムなのでしょう。
史上最高のライヴアルバムと言って過言はないでしょう。

私勝手に称して"甘?い"楽曲に、ヘッドフォン越しにウットリ。

アイルランド出身のバンドTHIN LIZZYが、一番脂がのりきっていた頃…
1978年にリリースしたライヴ・アルバム。

泣きの叙情的な曲の数々に、
"Still in love with you "が流れてる頃には、
もう私は、あなたのベットの中…
もう、どうにでもして…

脱獄してまで、それでも君を…
君はエメラルド…
ベイビー・ドライヴ・ミー・クレイジー…

こん畜生?なんでこんなに格好いいんだ
このバンドは…
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
SHADOWS FALL / WAR WITHIN (2004)
2009/10/17/ (土) | edit |
War WithinWar Within
(2004/09/21)
Shadows Fall

商品詳細を見る


アメリカはマサチューセッツ州出身のSHADOWS FALLが2004年にリリースした4thアルバム。
いわゆるMAメタルと言いますか、メタルコアと言いますか…
私は個人的には、れっきとしたヘヴィ・メタル・バンドだと思っています。

次作『THREADS OF LIFE』や、最新作『RETRIBUTION』なんかも、
名盤と言っても申し分ないんでしょうけど、
唯一、一枚だけ選べと言われたら泣く泣くこの一枚を選びます。

アコースティック・ギターのイントロから一転ヘヴィ・サウンドが始まる…
(結構お決まりパターン)

ヴォーカルは咆哮とクリーンなメロディラインを繰り返し
これぞヘヴィ・メタルと言わんばかりのギター・ソロへと続いていく…
そして、メタリックなギター・リフ炸裂!!

個人的には1曲目"The Light That Blinds"、リフが最高、ギター・ソロが最高"Stillness"、
"Ghosts Of Past Failures"なんか完全にノックアウト・ソングですね。

そして極めつけは、アルバムの最後を飾るに相応しい"Those Who Cannot Speak"。
ドラマティックなイントロから疾走ヘヴィチューン、そして泣きのソロ…
涙もんですわ。これはもう、さいこ?裁判所。

thema:心に沁みる曲
genre:音楽
MEGADETH / ENDGAME (2009)
2009/10/17/ (土) | edit |
EndgameEndgame
(2009/09/15)
Megadeth

商品詳細を見る


思わずガッツポーズ!!と雄叫び!!
これぞMEGADETH!!Dave Mustaine!!万歳!!

これぞ最高の"インテレクチュアル・スラッシュ"!!唯一無二よ!!
前作『UNITED ABOMINATIONS』を超越えしています。

1曲目のインスト"Dialectic Chaos"から続く"This Day We Fight!"で
完全にノックアウト。MEGADETHワールドに引きずり込まれてしまった。
新しいギタリストのChris Broderickも超テクニカルで多彩でドラマティック。

続くミドルテンポの"44 Minutes"や、”Bodies Left Behind”
なんかはすごくメロディがキャッチーで心にキャッチ…。
中期MEGADETHのいい味出てるね。

そして、"1,320"や"Head Crusher"なんかは、
往年のMEGADETHを彷彿させるキラーチューン。
正に必殺曲!!

個人的には"How The Story Ends"や
ラストの"Nothing Left To Lose"なんかでも泣ける。

ちょっと、もしかして今年(2009年)No.1アルバムは
これに決まりじゃないの?



thema:心に沁みる曲
genre:音楽
TRIUMPH / THUNDER SEVEN (1984)
2009/10/16/ (金) | edit |
Thunder SevenThunder Seven
(2004/11/09)
Triumph

商品詳細を見る


カナダを代表するハードロックバンドTRIUMPHが1984年にリリースした7thアルバム。

彼らのアルバムの中ではこれが一番だね。まさに多彩!!すごいわ!!

様式美あり、ブルーズあり、ハードチューンあり、バラードあり、
この10曲の中に、俺の求めてるものが全て入っているって断言しちゃう。

もちろん、シングル"Follow Your Heart"や"Spellbound"は
ドラマティックで素晴らしいハードロックですが、
やっぱこのアルバムのハイライトは、
アカペラ"Time Canon"から、続く"Killing Time"でしょうね。
Rik EmmettとGil Mooreのヴォーカルの駆け引きも鳥肌もん。
すごくドラマティックな楽曲だし、
何回も巻き戻して聴いちゃったもんね。

ラストを飾るインスト"Little Boy Blues"で涙したりなんかしちゃって…
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。