この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

WHITESNAKE / 1987 (1987)
2009/12/19/ (土) | edit |
19871987
(1994/07/11)
Whitesnake
オリジナル盤: 1987
商品詳細を見る


初期からのファンにとって、この『WHITESNAKE』(サーペンス・アルバス?白蛇の紋章)は、
やはり、"受け付け難い"アルバムだったのだろうか。
確かに、前作『SLIDE IT IN』のUS盤は、アメリカ受けするMixが施されていた。
UK及び日本盤と、US盤のそれでは、やはりUK盤の方が評価が高い。

さて、本作がアメリカで大爆発するWHITESNAKEですが、
やはり"Bad Boys"に象徴されるようなアメリカナイズされた楽曲も目立ちました。
ですが、本当に彼らは"本来のWHITESNAKE"で無くなってしまったのでしょうか。

この『WHITESNAKE』アルバム、全米で800万枚も売れた大ヒット・アルバムです。
この事実…名盤じゃないはずがありません。

今回紹介する『1987』アルバムは、その『WHITESNAKE』のUK盤です。
ちなみに、日本で出回っている国内盤はUSヴァージョンです。
UK盤とUS盤、曲順と曲数が違います。UK盤のほうが2曲多く収録されています。

1. Still of the Night
2. Bad Boys
3. Give Me All Your Love
4. Looking for Love
5. Crying in the Rain
6. Is This Love
7. Straight for the Heart
8. Don't Turn Away
9. Children of the Night
10. Here I Go Again 87
11. You're Gonna Break My Heart Again

オープニングを飾る"Still of the Night"は、ドラマティックな超名曲。
John Sykesのパワフルなギター・リフに、David Coverdaleのパワフルで
ブルージーな歌い回し…彼の"シンガーとしての表現力"は本当に素晴らしい。
3分を越えたあたりのソロ・パートは本当にドラマティック。
本当に"アメリカナイズ"されたって言うんですかね?
続く"Bad Boys"、"アメリカン・ハード"っぽいリフから始まり、
Davidの"ワウワウワウ"ってSHOUT。こりゃアメリカナイズだわ…って
思ったけど曲を聴き込んで行くと、やはりどことなく"欧州的"で、
"アメリカのバンド"には、こういう曲は書けまいと思ってしまう。
"Give Me All Your Love"…これは名曲。メロディアスで英国的かほり。
この曲は『SLIDE IT IN』に入っててもおかしくない。
そして、凄い美しいバラード"Looking for Love"。
これはUS盤や日本国内盤には収録されていません。
(後にBEST盤で収録されましたが…)何故この曲を抜いたのか?
信じられません。"泣き"ですよ"泣き"。
Davidの"歌唱力・表現力"に"緊張感"が走る新録"Crying in the Rain"。
美しいバラード"Is This Love"。心に染みる。
VAN HALENの"Jump"ばりのKeyboardsから"Guilty of Love"のような
美しいリード・ギター。メロディアスでアメリカンなHR。
だけどWetで欧州的にも聴こえる。コーラスの歌メロが格好いいですね。
"Don't Turn Away"…Davidの美しい歌声にウットリ…
コーラス部分はアメリカンな感じがしますが、ほどよい"湿り気"が素敵。
LAメタルばりのギター・リフで始まる"Children of the Night"、
Davidが歌い始めると、やはり"英国的ハード・ロック"なんですよね。
やはり基本は、ほどよい"湿り気"です。
美しい名曲"Here I Go Again '87"。こうやって昔のリメイク聴いても、
本作の他の曲と、なんら変わりはないような気がするんですけどね。
この曲のギター・ソロのみ、我らがAdrian Vandenbergが演っています。
これ、かなり泣けます。
ラストを飾る"You're Gonna Break My Heart Again"。
ハードでウェットな素晴らしいハード・チューン。大好き。

今あらためて"再考"してみると、
彼らは"アメリカに魂を売ってしまった"のではなく、
WHITESNAKEの基本にある"ブルージーな英国的ハード・ロック"に
うまくアメリカのハード・ロック・テイストを融合した、
本当に素晴らしい"名盤"なんだと気づかされました。
スポンサーサイト



thema:心に沁みる曲
genre:音楽
こんな雪の日に…
2009/12/19/ (土) | edit |
昨日から、雪…雪…雪…。
雪が降る中、1時間かけて出勤…。
雪で仕事にならず、朝からインターネット…。
つまらん土曜日です。

B!誌のインタビューで、Don Dokkenが語っていた
DOKKENの『GREATEST HITS』アルバム。
どうやら、来春にはリリースになる見込みらしいですね。
10曲が新録のセルフ・カヴァー曲、新曲2曲収録予定。
しかし、Don Dokken…ちゃんと歌えてるのでしょうか??
興味津々ですね。

さて"猟盤"。
最近は、ほとんどamazonに依存しています。
そんな中で、amazonのインスタント・ストアを作成しました。

題して、
"hirokawai音楽論!!" online store
hirokawai音楽論!! online store
      ↑ここを、ポチっとな(^^)/

今まで、hirokawaiが"hirokawai音楽論!!"で紹介したCDや、
お奨めのCDを、ここで購入することが出来ます!!。

今日までで、はや45枚のアルバムをレビューしていたんですね?。

もし時間に余裕があれば、お立ち寄りください!!
…時間があればで結構です(笑)。

またコンテンツを増やしていこうと思いますので、
よろしくお願いします!!

しかし…寒い(>_<)
皆さんも体調管理には十分気をつけてくださいね!!
thema:HR/HM
genre:音楽