この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

CAULDRON / CHAINED TO THE NITE (2009)
2009/12/21/ (月) | edit |
Chained to the NiteChained to the Nite
(2009/05/05)
Cauldron
オリジナル盤: 2009
商品詳細を見る


このアルバム・ジャケット…"クサレ"…
これは、間違っても"80年代のバンド"ではございませぬ。
こいつら、完璧に"時代を間違え"てる。
"君たちは間違ってるっ"とツッコミを入れたくなってしまう(笑)

カナダのトリオ編成の、2009年(つまり今年)リリースの1st。
しかしこの"Earache"ってレーベルは、本当に素晴らしい。
裏ジャケの"鎖を持ったお兄さん達"も、かなりやばい。

しかし、1曲目の"Young and Hungry"から、もろ"NWOBHM"。
重圧感と叙情性のあるギター・リフと、
"イモ"なVocalが80年代の"よき時代"を醸し出す。
"クサレな歌メロ"が、もう頭から離れない…。
"Chained Up in Chains"の"泣き"のギター・ソロも"絶品"。
疾走メタル・チューン"Dreams Die Young"、ギター・リフも素晴らしいし、
ギター・ソロも絶品。弾きまくってます。
"クサレ"で"ヘタウマ"な歌メロに、失禁状態である。
もろNWOBHMの"Witch Trail"、懐かしい気持ちになる。

初期IRON MAIDENJUDAS PRIESTなんかの"かほり"プンプンです。
"イモ"なVocalに、このサウンド…ギター…
素晴らしいB級メタル・アルバムです。

さて、音源は…


どうですか?失禁でしょ??

MySpaceのオフィシャル・ページ

こういうバンドを愛してしまいます。

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する

スポンサーサイト



thema:心に沁みる曲
genre:音楽