この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

LIZZY BORDEN / MENACE TO SOCIETY (1986)
2010/01/08/ (金) | edit |
Menace to SocietyMenace to Society
(2001/11/06)
Cora Vaucaire
オリジナル盤:1986
商品詳細を見る


1890年代にアメリカで実在した殺人鬼Lizzie Bordenを
そのままバンド名にしたLIZZY BORDEN(VocalもLizzy Borden)。
その殺人鬼をモチーフにしたシアトリカルな演出が目立ちすぎて、
当時でも"敬遠"した輩が沢山いたとか…。

しかし、楽曲が素晴らしいので"敬遠"しないで…。

デビュー・アルバムにして名盤『LOVE YOU TO PIECES』(1985年)。
そして続く1986年リリースの本作を聴いて欲しい!!
『LOVE YOU TO PIECES』よりも音質が良くなって、
楽曲の良さもプラスされた、彼らの超名盤だと思います。
実に欧州的な正統派メタルをやっていました。

いかにも欧州的なツイン・リードで始まる"Notorious"、
アメリカより欧州で人気が爆発したのがよくわかります。
当時の"LAメタル"と言うよりは"NWOBHM"寄りのテイストを感じます。
"Terror On The Town"や"Ultra-Violence"、"Love Kills"なんかは、
"LAメタル"寄りの名曲。キャッチーなコーラスが耳に心地よいです。
どれもギター・ソロやリフに"ゾクゾク"します。
特に、"Love Kills"のメタル然としたギター・ソロに、"失禁"です。
バラード"Bloody Mary"、ハイトーンのコーラスが、恐ろしくも美しい。
そして、ギター・ソロは"哀愁"を感じて美しい。
こういうバラードが書けるというのは、彼らが素晴らしい証拠です。
"Stiletto (Voice Of Command)"のようなIRON MAIDENバリのツイン・リード。
こういう曲調に"ゾクゾク"します!!ギター・ソロなんか、もろ"NWOBHM"。
"Brass Tactics"このイントロに"ゾクゾク"きます。格好いい!!

うまく、当時の"LAメタル"と"NWOBHM"を融合させた素晴らしいアルバムです。
妙にアメリカっぽかったり、欧州っぽかったり、
それだけバラエティに富んだアルバムだと思います。
もっと"評価"されていいバンドだと思うのですがね。
どうしても"色物"的な"偏見"をもたれやすいので…

素晴らしいアーティストですよ。彼らは。
楽曲が素晴らしいので"敬遠"しないで…。

しかし、凄いアルバム・ジャケットです。
何とも言えない…。

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する

スポンサーサイト



thema:心に沁みる曲
genre:音楽