この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

WARBRINGER / WAKING INTO NIGHTMARES (2009)
2010/01/29/ (金) | edit |
Waking into NightmaresWaking into Nightmares
(2009/05/19)
Warbringer
オリジナル盤: 2009
商品詳細を見る


いや?こりゃ参った!!1stを遙かに超える"完成度"。
これこそ僕が求める"スラッシュ・メタル"の最高のカタチ!!


アメリカは西海岸出身の2009年リリースの2nd。
2008年の1st『WAR WITHOUT END』レビューで"ベタ褒め"した私ですが、
1年という短いブランクでリリースした本作に、正直"驚き"でした。
1stで、「え?コレがデビュー・アルバムなの??ってな"完成度"。」
とレビューしましたが、この2ndは遙かに前作を超えています。

l_24f666bd103f48638d19d9e6c1d1d78b.jpg
↑↑WARBRINGERの最新ショット。

確かに1stの"完成度"には、頭が上がりませんでしたが、
今こうして聴くと"若さ"ゆえの"荒削りさ"がありましたが、
この2ndでは、"成熟"と"安定感"を感じます。メジャー級ですね。
"スラッシュ・メタル"に欠かせない、突き刺さるようなリフ・ワークや、
1st同様、緩急を自在に操る"曲展開"にゾクゾクしますし、
なんと言っても、BassとDrumsのリズム隊が変わったことが大きいです。
特に、新DrumsのNic Ritterのドラミングは一聴の価値有り。
手数足数の多さ、正確なドラミングに"危なっかしさ"の欠片もありません。
ホントに19歳かよってツッコミ入れたくなります。
このアルバムに必要ないだろうと思っていたインスト"Nightmare Anatomy"の
テクニカルなドラミングに、"脱帽"です。これは、"味"がある。
吐き捨て型VocalのJohn Kevillも"表現力"が凄く増しました。
また、時に"叙情的"なフレーズが飛び出すJohn LauxのGuiterも絶品。


↑↑"Severed Reality"のPV。キラー・チューンです。

この曲、ギター・ソロなんかも"絶品"。名曲です。
他にも、オープニングを飾る"Jackal"や"Living In A Whirlwind"は絶品。
全く持って、僕が求める"スラッシュ・メタル"の最高のカタチ!!

このアルバム、聴かなきゃ絶対に損します!!
hirokawai、保証させていただきます!!


MySpaceのオフィシャル・ページへ

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



スポンサーサイト



thema:心に沁みる曲
genre:音楽