この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

VIOLATOR / CHEMICAL ASSAULT (2007)
2010/01/31/ (日) | edit |
Chemical AssaultChemical Assault
(2008/07/21)
Violator
オリジナル盤: 2007
商品詳細を見る


すっごく"B級"なのに何度も繰り返し聴いてしまう…
何だろ…"クセになる"変態系スラッシュ・メタルです。


ブラジル出身の4人組の2007年リリースの1stフルレンス・アルバム。
amazonのユーザー・レビューでは、これでもかってほど"べた褒め"されていますが、
正直初めて聴いたときは"はっ?褒めすぎじゃね?"と思いましたが…

やっぱり、ハマってしまうのね…こういうのに…俺。

l_44f255ac680a4f3192b87ea624323665.jpg
↑↑ここまでくると"アホ"も"愛らしい"です。

アルバム・ジャケットからして"クサレ"を醸し出しています。
そして、"'80年代スラッシュ・メタル"的な音質…
全10曲、一気に駆け抜けていくような疾走スラッシュ・チューン。
EXODUS直系の"クランチ・リフ"と、初期KREATORの"変態リフ"が"心地良い"。
すんごく危なっかしい演奏ではありますが、ホントこういうリフは"耳に心地よい"。
"心地良い"という表現は適切では無いかもしれませんが、非常に"強烈"です。
あのPaul Baloff系の変態キチガイVocalも、変態リフにうまく絡みます。
君達を、"変態スラッシュ・メタル"と名付けよう!!

昨年、アメリカの老舗B級スラッシュHIRAXと共に、大阪のみで来日公演をしました。
なんで"大阪のみ"やねん…っとツッコミを入れつつ、
知名度の無さはお察しの通りですが、それでも、曲が始まれば相当うけたんだろうな?。
無意識に"ヘドバン"してしまいますから…


↑↑キラー・チューン"Atomic Nightmare"。

思わず、一緒になって"Atomic Nightmare"と叫んでしまいます!!

すっごく"B級"なのに何度も繰り返し聴いてしまう…
何だろ…"クセになる"変態系スラッシュ・メタルです。

MySpaceのオフィシャル・ページへ

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



スポンサーサイト



thema:心に沁みる曲
genre:音楽