この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BANZAI / BANZAI (1983)
2010/06/29/ (火) | edit |
癒される"ヘヴィ・メタル"っていいですよね。
哀愁を感じます。是非、聴いて欲しい。


スペイン出身のヘヴィ・メタル・バンドBANZAIの1983年にリリースした1stアルバム。バンド名からして"万歳"ってイカしています。格好いいと思って名付けたんでしょうが…全く格好良くありません。そして、知る人ぞ知る"裏ジャケ"の勝手に名付けた"邦題"に笑いつつも…。

Banzai

Banzai
Hispavox(1983- - )

MySpace Fan Site

やってる音楽は、"哀愁"を感じる素晴らしいヘヴィ・メタルなんです。しかし、"待っといてくれ"、"真面目にやれよ"なんていう"邦題"を自らつけてしまった訳ですから、コレは"罪"ですよ"罪"。こういうマイナス面も、長い年月を過ぎれば"愛嬌"。いざ楽曲を聴けば、彼らの素晴らしさがすぐに分かります。

BANZAI
↑↑"BANZAI"、バンド名の恥ずかしさ以上にルックスは最高です!!

彼らこそ、"哀愁"ですよ"哀愁"。初めてVANDENBERGと出会ったときと同じような感覚に見舞われます。イモっぽいポルトガル語ではありますが、"ツボ"を押さえた楽曲の数々…。最高じゃないですか!!何度も何度も聴き返してしまいました。"癒し"です。こんな素晴らしいバンドだとは…バンド名と謎の邦題からは考えられません。"真面目にやれよ"と逆に言ってやりたいくらい…"感動"した。"泣き"のギター・ソロも絶品ですわ。今、2ndアルバム『Duro y Potente』とカップリングでCD化されておりますので、是非専門店でお買い求め下さいませ!!


"Rock Duzo"の音源。泣くがいい!!

お酒を沢山呑んで記事を書いています。明日になったら、恥ずかしくなるような記事かもしれませんが…ずっと紹介したいバンドだったので、このYoutubeの楽曲だけでも最後まで聴いてください。彼らの素晴らしさが分かるはずです。

世界最大規模のCDオンラインストア・CD WOW!全商品無料配送!


スポンサーサイト
thema:ヘヴィメタル
genre:音楽
近況と言いますか…。
2010/06/27/ (日) | edit |
丸坊主にしました。

別に何かに反省しているわけではなく、"熱い気持ち"を体現させていただきました。まっいい歳になっても、何かに打ち込めて"涙"出来るっていうのは素晴らしいことですよね。

最近、"ヘヴィ・メタル"どころではない生活を送っておりまして、Y&Tの新譜も、OZZY OSBOURNENEVERMOREも満足に聴けていない状況です。まだ封を切っていないCDが7枚ほど…なら買わなきゃ良いのにと言われそうですが、そこんとこは勝手な性格なのです。

さて、この夏待望のアルバムが続々登場するようですね!!今から予約できる新譜を紹介したいと思います。

クライシス・イン・ユートピア
Crisis In Utopia
posted with amazlet at 10.06.27
Holy Grail
ユニバーサル インターナショナル (2010-08-25)
売り上げランキング: 20010

いよいよですね、元WHITE WIZZARDのメンバーで結成されたHOLY GRAILの1stフルレンス『CRISIS IN UTOPIA』が8月25日にリリースされます。昨年リリースしたEP『IMPROPER BURIAL』はマニアの間ではかなりの反響でしたし、実際に私自身WHITE WIZZARDの『OVER THE TOP』よりも気に入りましたからね?。なんとこの1stアルバム、ユニバーサル・インターナショナルより日本デビュー決定です。正直、飛び上がりたいくらい嬉しいです。"WHITE WIZZARDを見返してやれ"!!

amazonで購入する

Exiled to Earth
Exiled to Earth
posted with amazlet at 10.06.27
Bonded By Blood
Earache (2010-08-16)
売り上げランキング: 1214

EXODUSの歴史的名盤をバンド名にした"オールドスクール・ベイエリア・スラッシャー"の2ndフルレンス。いよいよ8月10日にリリースです。1st『FEED THE BEAST』も素晴らしい出来でしたが、今回はそれを上回ることが予想されます(根拠は無いですが…)。こちらの方は、日本デビューの予定はなさそうですが、両者とも凄く楽しみに待っております!!

amazonで購入する

以上。


"hirokawai音楽論!!" online storeへ



世界最大規模のCDオンラインストア・CD WOW!全商品無料配送!


KUNI / MASQUE (1986)
2010/06/21/ (月) | edit |
探し求めていた…
史上に残る美しいアルバムにやっと出逢えた。


19歳で単身アメリカに渡り、自ら人脈を作りレコード契約まで勝ち取った日本人ギタリスト"KUNI"。長い間探し続けていたのですが、長らく廃盤ですし中古があってもかなり高価に取引されているのが現状で…ずっと我慢をしておりましたが、今回LP盤を500円という安価でGetしました。本当に嬉しい次第でございます。で、どうしてもこのレコードが聴きたくて、レコード・プレーヤーまで買ってしまった私。

KUNI/マスク
Masque
posted with amazlet at 10.06.21

Kuni
売り上げランキング: 644923

しかし、彼が築き上げてきた人脈って凄いですよね。やっぱ音楽に対する"情熱"ですよね。このアルバムを聴いてそれを凄く感じとることが出来ます。この1stアルバムのレコーディング・メンバーが凄い。Vocalは元ANTHRAXのNeil Turbin、故人となってしまいましたがQUIET RIOTに在籍したKevin Dubrow、コーラスにはBAD MOON RISINGTYTANLIONなどで活躍したKal Swan。Bassは、MR.BIGで有名な技巧派Billy Sheehan。Drumsは、QUIET RIOTのFrankie Banaliと、STEELERのMark Edwards。なんちゅう凄いメンツなんでしょう!!これだけのメンツを見れば、当時の華やかな"LAメタル"を思い起こしそうですが、そこはやっぱり日本人。本当に美しい"叙情性"を持っています。確かに"LAメタル"を基調としてはいますが、甘いメロディ・ラインに美しすぎるくらい"泣き"のギター・フレーズが満載です。どこかの技巧派ギタリストのソロ・プロジェクトのようにギターを全面に押し出しすぎて楽曲を台無しにすることもなく、"ツボ"を押さえたギターを聴かせてくれます。ホントに"美しい"。ヘヴィ・メタル史上でも、これほど美しいアルバムは他に無いんじゃないかと思うくらいに"美しい"。初めてVANDENBERGを聴いたときの衝撃に近い感覚ですね。何故こんな素晴らしい超名盤が、ホントに長い間"廃盤"になってしまうんでしょう。コレを聴けない人がかわいそうですよ。

しかし、朗報です。なんとデビュー25周年を記念してKUNI"復活"、そしてLOUD PARK10に参戦決定です。こんな嬉しいことはありません!!そしてKuni氏曰く"旧作の再発"の可能性もあるみたいで…ガッツ・ポーズもんですよ。もし再発が決定されたら、全ての方に買っていただきたいと思います。そして私と同じように、このアルバムの"叙情性"に"感動"しまくって欲しいものです。

ほんでもって、私の買ったSONYのレコード・プレーヤーPS-LX300USBが素晴らしいんです。

ソニー ステレオレコードプレーヤー PS-LX300USB
ソニー (2008-04-15)
売り上げランキング: 25535

USBでパソコンに接続し、簡単にMP3に出来ますしIpodに転送も出来ます。曲間を自動認識して、1曲ずつ保存することも出来ます。え?買い物させていただきました。コレで当分、レコードの"猟盤"が増えそうです。


↑↑Jeff Scott Soto(Vo)在籍時の"Restless Heart"ライヴ音源。

こんな嬉しいことは他にありません。探し求めていた…
史上に残る美しいアルバムにやっと出逢えた。

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



世界最大規模のCDオンラインストア・CD WOW!全商品無料配送!


thema:ヘヴィメタル
genre:音楽
ANTHRAX / FISTFUL OF METAL (1984)
2010/06/17/ (木) | edit |
久しぶりに聴いてみた。
本当のANTHRAXの魅力ではないのかもしれないけど…最高!!


スラッシュ・メタル四天王のひとつANTHRAX。NYハードコア・パンクとスラッシュ・メタルとのクロスオーバーで、その地位を確立した素晴らしいバンドでございます。私も『SPREADING THE DISSEASE』(1984年)、『AMONG THE LIVING』(1987年)は歴史的名盤だと思っています。

Fistful of Metal
Fistful of Metal
posted with amazlet at 10.06.12
Anthrax
Megaforce (1995-08-01)
売り上げランキング: 264544

しかし1984年にリリースしたこの1stアルバム時点では、クロスオーバー・スラッシュという音楽スタイルはまだ確立されておりません。当時のVocalはNeil Turbin(このアルバムで脱退)、Bassは後にNUCLEAR ASSAULTを結成するDan Lilker。まだメジャー契約をしていなかったわけですが、後に聴ける"クロスオーバー・スラッシュ"ではなく、まだ"NWOBHM"のスタイルが色濃く残るスラッシュ・メタルでした。これがまた今聴くと新鮮で良いんです。やはりANTHRAXの原点も"NWOBHM"なんですよね。とにかく、Dan SpitzとScott IanのツインGによるリフ・ワークなんかも、もろ当時のヘヴィ・メタルを象徴するような感じで、聴いていても凄く気持ちいいですね。ギター・ソロなんかも欧州的でGood!!オープニングを飾る"Deathrider"は彼らの初期の名曲、もろNWOBHMの影響丸出しのスラッシュ・メタルですね。ギター・リフからやられてしまいます。そしてDan Lilkerの唸るBass、Neil Turbinのシャウト、文句の付け所がありません。続く"Metal Thrashing Mad"も次のEPではJoey Belladonnaバージョンを聴くことが出来ますが、オリジナルもエエですね?。そして、"Panic"も最高!!あの曲展開と、ツイン・リードによる迫力満点のギター・ソロは、後のANTHRAXでは聴けないですからね?貴重です。(2004年の再録BESTで聴くことが出来ますが、スラッシーになりすぎてますから、オリジナルの良さが半減してしまっています…)。


↑↑"Deathrider"のライヴ映像。超イカしてますな!!

このアルバムで、ANTHRAXの原点を思い起こさせてくれました。当時から素晴らしい"スラッシュ・メタル"をやっていたんですよね。完全に後追いなので…、その後の成功したANTHRAXから入っているので、逆に新鮮で嬉しかったことを思い出しました。本当のANTHRAXの魅力ではないのかもしれないけど…最高!!

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



世界最大規模のCDオンラインストア・CD WOW!全商品無料配送!


thema:ヘヴィメタル
genre:音楽
PITCH BLACK / HATE DIVISION (2009)
2010/06/15/ (火) | edit |
最近、何度も聴き返してしまった"スラッシュ・メタル"。
このアグレッション、そして巧い演奏、パーフェクト!!


日本にほとんど流通しないバンドって沢山あるんですけど、その中でも素晴らしいバンドがいるんですよね。こういうバンドには頑張って欲しいと思うんですけどね。今回紹介するポルトガル出身のPITCH BLACKもその中のひとつ。このバンドはカッコいい!!クビがもげるまで聴いてしまいました。

Hate Division

Pitch Black
Recital(2009-4-3)

MySpace

結成は1995年と意外と古く、結成15周年を迎えたベテラン・バンドであります。2005年に1stフルレンス『THRASH KILLING MACHINE』でデビュー。このアルバムも、(音質が悪くマイナー感がありましたが)凄く気に入った作品でした。そして4年の歳月が経ちようやくリリースされた2ndアルバムが本作。サウンド・プロダクションが大幅に改良され、重圧感が増しました。そしてVocalが、Pedro GouveiaからHugo Andradeに変わりました。歌い回しは近いものがありますが、Hugoの方が数倍巧い!!スクリームも威圧感がありますし、"表現力"が素晴らしい。しかし、彼はどうやらゲスト・ミュージシャンだったらしいですね。すでに脱退し、新たにTiago AlbernazというVocalを迎え入れています。(しかし、新Vocal聴いたことがないので仕方ありませんが…)HugoのVocalが大好きだっただけに残念でなりません。彼らの持ち味は、ベイエリア・スラッシュのような切れ味のあるギター・リフ、ジャーマン・スラッシュを彷彿させる邪悪さ、そしてSLAYERを彷彿させるアグレッションですね。プラス"モダン"さも持ち合わせています。これだけ揃えば、文句のつけようがないでしょう。(スラッシュ・メタルのいいとこ取り、"ツボ"を押さえていますな)。全8曲、突き抜けてくれます!!素晴らしい!!このアルバム・ジャケットも、インパクトとメッセージ性が感じられてイイ!!大好きです。ちなみに、1stもB級臭さはありますがオススメなので…専門店などで2枚ともGetしてください。スラッシュ・メタル・マニアにはたまらんバンドですので…


↑↑"Unleash the Hate"の最新ライヴ。おっと、新Vocalの初お披露目ですな。

新Vocal、巧いじゃないですか!!安心しました!!格好いいです!!

最近、何度も聴き返してしまった"スラッシュ・メタル"。
このアグレッション、そして巧い演奏、パーフェクト!!

ヘヴィ・メタル専門店にてご購入くださいませ!!

世界最大規模のCDオンラインストア・CD WOW!全商品無料配送!


thema:ヘヴィメタル
genre:音楽
ARTILLERY / TERROR SQUAD (1987)
2010/06/13/ (日) | edit |
"ドラマティック・スラッシュ"の原点と言いますか、
彼らのアルバムは全部素晴らしいですが、1枚選ぶならコレ!!


アメリカのHEATHENといい、ドイツのPARADOXといい、そしてこのデンマーク出身のARTILLERYといい、世界には"ドラマティックなスラッシュ・メタル"を演るバンドがいるわけですが、ホントどれも素晴らしいですよね。"暴走スラッシュ・メタル"に疲れた方は、是非"ドラマティック・スラッシュ"を堪能ください。

Terror Squad
Terror Squad
posted with amazlet at 10.06.12
Artillery
Metal Mind (2008-10-28)
売り上げランキング: 158705

昨年(2009年)リリースされた10年ぶりの新譜『WHEN DEATH COMES』で彼らの素晴らしさに魅了された方も多いかと思います。新シンガーのSøren Nico Adamsenの巧さにも魅了されましたね。前任のFlemming Rönsdorfの声質には"好き嫌い"がはっきり分かれてましたが、僕は大好きでしたよ。あの二井原実(LOUDNESS)をもっとヒステリックにしたような歌声はクセになりますよね。名盤3rd『BY INHERITANCE』(1990年)、4th『B.A.C.K.』(1999年)なども、あの中近東的テイストを持ったドラマティックなスラッシュ・メタルは何とも言えん魅力がありました。いや、1st『FEAR OF TOMORROW』のB級臭さが残るもアグレッシブなスラッシュ・メタルもなかなかのもんでしたが…。私は、彼らの全ての名盤の中で一番気に入っているのがこの2nd。いよいよARTILLERYの音楽スタイルが確立され始めた時代の名盤でございます。ドラマティックな中にも、リフの切れ味、アグレッション共にこのアルバムが一番素晴らしかったように思えます。後に聴くことの出来る"中近東"的テイストは多少見え隠れするものの、当時はそれほど突出したものではなく、それでもギター・ソロや曲展開には光るものがありました。初期のアグレッションとその後の"ドラマ性"が融合された素晴らしいアルバムだと思います。本当に毎度毎度、素晴らしいアルバムを提供してくれる彼らに脱帽です。


↑↑当時の"Terror Squad"のTVショウの模様。カッコいいですな!!

アルバム・ジャケットは、正直言って"クソ"ですが、このアルバムは歴史的名盤ですので、よろしくお願いします。私の中で彼らのNo.1アルバムだと思っています。(いや全アルバムが名盤ですから、全部揃えてください)。

【PS】
天皇皇后両陛下をお迎えしたことに、感極まって「日本人で良かった」と…心から思えた。その気持ちって大切ですよね。私たちは、伝統ある日本という国の国民だと再認識させられた、いい一日でした。

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



世界最大規模のCDオンラインストア・CD WOW!全商品無料配送!


thema:ヘヴィメタル
genre:音楽
PORTRAIT / PORTRAIT (2008)
2010/06/12/ (土) | edit |
このアルバムを聴かずして"NWOTHM"は語れない。
古き良きヘヴィ・メタルを新しい世代へ…。


古き良き伝統を重んじ、今の時代にそれを生かす。これは本当に素晴らしいことだと思います。"日本は日本人だけのものではない"と言った首相がいましたが…日本の美しい伝統、生命、財産は日本人が守らなければならない。つまり"日本は日本人のもの"であると、トップがそういう認識がないと日本がだんだん駄目になっていってしまうんです。おっと、話はそれてしまいましたが…。

Portrait

Portrait
Iron Kodex(2008-5-5)

HMV onlineで詳細を見る

MySpace

さて、"NWOTHM"が注目を集めている今日この頃ですが、このバンドを抜いて話をすることは出来ませんね。スウェーデン出身の5人組ヘヴィ・メタル・バンドPORTRAITicon。2004年にスウェーデンのクリスチャンスタードで結成され、2008年にリリースした1stフルレンス・アルバムが本作であります。いや?気持ちいいくらいにモロ"NWOBHM"していますね。同郷のENFORCERよりもアンダー・グラウンドな感じを受けますが、そこがまたマニア心を擽ります。IRON MAIDENを彷彿させる流麗なツイン・リードのGuiterが泣きまくるトコロは涙もんですよマジで!!それにプラスしてMERCYFUL FATEを彷彿させるサタニックな曲調も嬉しいですよね。VocalのPer Karlssonも、もろKing Diamondしていますからね。う?ん、ここんトコロは好き嫌いが分かれるところでしょうけどね。僕は、このような"ファルセット気味のヒステリックなハイトーン"大好きですよ。(こういう声質、苦手な人には全く受け入れられないんだろうな?)。全8曲、すべてがカッコいい!!これこそ、古い良き伝統的なヘヴィ・メタルでございます。今、MySpaceにて新曲"The Murder of All Things Righteous"を聴くことが出来ますが、こいつも最高にカッコいい!!次のアルバムが待ち遠しいですな!!。


↑↑"Bow Unto the Devil"のライヴ映像。非常にキラーです!!

ENFORCERやWHITE WIZZARDなどが注目を集めている今日この頃ですが…みなさんPORTRAITを忘れちゃいませんか??このアルバムを聴かずして"NWOTHM"は語れませんよ。是非この機会に、PORTRAITをよろしくお願いします!!

HMVジャパン

世界最大規模のCDオンラインストア・CD WOW!全商品無料配送!


thema:ヘヴィメタル
genre:音楽
STEEL HORSE / WILD POWER (2009)
2010/06/08/ (火) | edit |
いよいよ、日本デビューですな!!嬉しい限りです。
最近の"NWOTHM"の中でもイチオシのバンドではないでしょうか。


嬉しいことですが、"NWOTHM"バンドの日本国内盤リリース・ラッシュですな。アメリカのWHITE WIZZARD、スウェーデンのENFORCERと続々日本デビューを飾っております。そしてスペイン出身のSTEEL HORSEも、いよいよ本作で日本デビューが決定しましたね。おめでとう!!

Wild Power
Wild Power
posted with amazlet at 10.06.06
Steel Horse
ハピネット (2010-06-23)
売り上げランキング: 113667

彼らのEP『RAISE YOUR FIST』(2008年)に続く1stフルレンス・アルバム(2009年)が本作。いよいよ6月23日に日本国内盤がリリースされ日本デビューを果たします。嬉しい限りです。正直、NWOTHMの中でもENFORCERやWHITE WIZZARDよりもはまりましたね、このバンド。超好き系のサウンドでございます。アルバム・ジャケットといい、サウンドといい、もろ"NWOBHM"でございます。もろIRON MAIDEN直系、JUDAS PRIEST直系の音楽スタイルでございます。全9曲、なんとも素晴らしい出来です。正統派ヘヴィ・メタル・マニアにはたまらないキラーな楽曲が続きます。しかし、何ですか今月のB!誌のレビューは…ことごとく70点…。しっかりまともに聴いているのかねと疑いたくなります。これからというブライテスト・ホープに対してこんな酷な評価はないでしょう。ですから、B!誌のCDレビューは全く気にしなくて結構です。(断言します。あのARMOURだって73点ですよ、信じられない)。オープニングを飾る"Sons of Fire"のイントロから、マジやばいことになっています。"Run To Survive"、JUDAS PRIEST愛ですよ。これは"愛"ですよ。"愛"を感じます(もういいがな…)。全曲キラー・チューンなんですが、イチオシは"Wild Power"ですな。80年代マニアの"ツボ"を押さえております。コーラスで大合唱、雄叫びと拳を突き上げたくなります。もう、もろ○○なギター・リフやらギター・ソロやらを堪能してください。


↑↑"Wild Power"の音源。"失禁"ものです。

いよいよ、日本デビューですな!!嬉しい限りです。
最近の"NWOTHM"の中でもイチオシのバンドではないでしょうか。

しかし、B!誌が許せない…

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



thema:ヘヴィメタル
genre:音楽
AURAS / NEW GENERATION (2010)
2010/06/06/ (日) | edit |
思わず微笑んでしまいそうになった。
BGMにはホント最高のメロディアス・ハード!!


たまには心も身体も癒されたいときもあって、"スラッシュ・メタル"を好む僕にとってもJOURNEYSURVIVORFOREIGNERなんかは、凄く良い"癒しの薬"になってくれるのです。そして今日紹介するブラジル出身のメロディアス・ハード・ロック・バンドAURAS。これはイイ、実にイイ!!正に"癒しの薬"である。

New Generation
New Generation
posted with amazlet at 10.06.06
Auras
アート・ユニオン (2010-04-06)
売り上げランキング: 53896

彼らの1stアルバムが本作。ホントにデビュー・アルバムなの?と疑いたくなるような素晴らしい作品。オープニングを飾る"Beauty Of Dreams"を聴いて思わず"ニンマリ"してしまいました。珠玉のメロディ、VocalのモロSteve Perry(元JOURNEY)な歌い回し(ご本人より少々線は細いですが)に、何か"懐かしさ"すら感じてしまいました。曲展開、Neal Schon(JOURNEY)バリの"哀愁"と"泣き"のギター・ソロには圧倒されます。これは、80年代だったら(少々大袈裟かもしれませんが)"世界的大ヒット"していたんではないでしょうか。『FRONTIERS』(1983年)以降のJOURNEY、そう『RAISED ON RADIO』(1986年)あたりを彷彿させます。Gui Oliver(Vo)の巧いけど線の細さを考えると、Steve Augeri(元JOURNEY)を彷彿させる感じも受けますね。バラード"In My Arms"、イントロのピアノのメロディだけで泣いてしまいます。美しいメロディ…最近こんな気持ちにさせてくれるバラード少なかったな?と。ここ数年のなかで、"ベスト・バラード"に値する素晴らしいバラードではないでしょうか。続くハードでメロディアスな"Reach Out"なんか、80年当時に出ていたらJOURNEYやSURVIVORと肩を並べられていたんではないでしょうか。コーラスのメロディで泣いてしまいます。"New Generation"、モロNeal Schonのギターが飛び出し"ニンマリ"…イイ曲。"Hungry Hearts"にしても、"Never Give Up"にしても、どの楽曲もシングル・カットされてもおかしくないメロディアス・ハード。全曲を通して、これほど高い完成度を誇るファースト・アルバムって数少ないですよね。


↑↑"Beauty Of Dreams"のPV。少々イモっぽいPVですが超名曲です。

JOURNEYマニアの僕にとってはたまらんアルバムです。何度も何度も聴き返して"感動"しております。全てのロック・ファンに聴いていただきたいアルバムですね。もっともっと評価して欲しい。そして大成功を収めて欲しい。そう願わずにはいられません。最高!!

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



thema:心に沁みる曲
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。