この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PRAYERS OF SANITY / RELIGION BLINDNESS (2009)
2010/07/29/ (木) | edit |
METALLIONの最新号が発売されましたね。
"スラッシュ・メタル必聴盤200選"!嬉しいバイブル!!


いや?いいアルバムが沢山ありますね。メジャーものからマイナーものまで、うまく選ばれています。これは是非買って欲しいと思うのですが…やはり200選と言っても"漏れ"はあるもので…200選には選ばれていませんが、私なら選んでいたと思うバンドを紹介します。

PRAYERS OF SANITY / RELIGION BLINDNESSReligion Blindness

Prayers of Sanity
EBM(2009-5- )

MySpace

2005年にポルトガルにて結成されたPRAYERS OF SANITYの2009年リリースの1stフルレンス・アルバム。自主制作、セルフ・プロデュース、そしてこの"クサレ"なアルバム・ジャケットに騙されてはいけません。サウンド・プロダクションも最高!!そして楽曲も最高!!言うことがありません。数多くのマイナー・バンドを聴いてきましたが、これほど"ツボ"にはまったバンドは他にありません。メジャー級の"表現力"が彼らにはあります。1曲目の"Religion Blindness"から、あのキラーなギター・リフにはやられてしまいます。ベイエリア・スラッシュを基調としながら、クロスオーバー的な部分があったり、(ツインGを擁した)NWOBHMを彷彿させるギター・ソロがあったり、かなり聴き手をそそらせる出来であります。疾走チューンからミドル・テンポの曲まで、とにかく"ツボ"を刺激してくれます。本当に見事!!これほど気持ちよくなれるスラッシュ・メタルは、最近久しぶりに聴いたな?と思います。こういうバンドがもっと日本で流通してくれると嬉しいんですけどね。


↑↑"Religion Blindness"の音源。本当に見事!!

世の中には、B!誌や今回の"スラッシュ・メタル必聴盤200選"などにも紹介されない(けど、素晴らしい)バンドが沢山いるので、これからも沢山紹介したいと思います。"PRAYERS OF SANITY"は、もう全てのファン必聴のアルバムですので、是非ヘヴィ・メタル専門店などでご購入してください!!損はさせません!!


世界最大規模のCDオンラインストア・CD WOW!全商品無料配送!


スポンサーサイト
thema:ヘヴィメタル
genre:音楽
奇跡のウエディング―末期がんのナースが誓った永遠の愛
2010/07/25/ (日) | edit |
ヘヴィ・メタルとはほど遠い話で恐縮ですが…

結構読書をするんですよね。正直"小説"とかって苦手なのですが、ノンフィクション…と言っても、"国政問題"、"外交問題"、"日本の未来について"(結構、右よりな考えなので…)ばかり好んで読んでいたのですが、先日、テレビの"報道ステーション"(結構ニュースは欠かさず観るんですよね…)の特集を、(ほぼ泥酔状態で)観ていて"泣いて"しまったんですよね。(最近、涙もろくなってきているのですが…)どうしても、特集を組まれていた彼女のエッセイが読みたくて、(本屋さんで探しまくって無かったので…)ネットで購入したんです。

奇跡のウエディング―末期がんのナースが誓った永遠の愛
高橋 梨香
主婦と生活社
売り上げランキング: 15685

高橋 梨香さん、残念ながらこの手記を発売した直後の先月1日に36歳という若さで逝去されました。この手記には、彼女の"想い"が沢山詰まっています。そして、私自身すごく考えさせられましたし、是非皆さんにも読んで頂きたいと思い、ヘヴィ・メタルではない記事を書かせて頂きました。

自分が"死"に直面したとき、想像を絶する辛い想いをするだろうし、"生きる"ことにも苦しみさえ感じてしまうのだと思います。そんな時、"人を愛すること"、"人に愛されること"…"家族"、"支えてくれる人"の大切さに気づくんですね。

読み切った後、"涙"が溢れてしまいました。そして、自分自身をもう一度見つめ直そうと思いました。そして、今の自分が凄く"幸せ"で、大切な家族…"両親"、"妻"、そして"子供達"にもっと孝行してあげたい清らかな気持ちになりました。

今日の車のBGMは、STRYPERの数ある名曲のバラードになってしまいました。スラッシュ・メタルが聴きたくない一日でした。

人は、"支え合う心"と"愛し合う"ことが大切なんですね。
是非、読んでください。




ヘヴィ・メタル専門グッズショップ
2010/07/23/ (金) | edit |
元々、レディース・ファッション…インポート・カジュアルのお店をしていたことがあるのですが…この度、晴れて"ヘヴィ・メタル専門のオンラインショップ"をオープンしました!!

METAL ONLINE ショッピング・モールへ

まだまだこれからですが、"hirokawai音楽論!!"と共に、"METAL ONLINE ショッピング・モール"もよろしくお願いします。

(是非、リンクを張って頂けたら光栄です)!!

thema:HR/HM
genre:音楽
LETTER 7 / SALT OF THE EARTH (2007)
2010/07/22/ (木) | edit |
熱い夏の到来とともに、熱中症対策が必要になります。
この星(Earth)に生きるためには、塩(Salt)が欠かせません。


…というのは余談ですが、"クリスチャン・メタル"というとアメリカのSTRYPERが有名ですが、マイナーなバンドの中にも素晴らしい"クリスチャン・メタル"が存在するので、紹介したいと思います。

Salt of the Earth
Salt of the Earth
posted with amazlet at 10.07.17
Letter 7
Self Released(2007-02-20)
売り上げランキング: 729832

アメリカはアリゾナ州出身の5人組によるクリスチャン・メタル・バンドLETTER 7が2007年にリリースした(自主制作)1stフルレンス・アルバムが本作。彼らの素晴らしさは、アメリカのバンドでありながら非常に欧州的であるところですね。アメリカ的な乾いた音ではなく、欧州的な湿り気が余計に"哀愁"を漂わせてくれます。まっ音質やサウンド・プロダクションはそれほど素晴らしくはないのですが、それが"'80年代"を彷彿させてくれプラスになっている部分でもありますね。(残念ながら脱退してしまいましたが、)VocalのTom Colleteは巧い、そして"味"があります。彼の"味"のある歌い回しが楽曲の良さをより引き出しています。そしてGuiterのJD Evans(このアルバムではBassもDrumsも担当しています。)のギター・ソロも"ツボ"を押さえて泣かせてくれます。"Intro"に続く"Onward Christian Soldiers"は"名曲"だと思います。コーラスのメロディが美しい。コレ、80年代に出てたら売れていたんじゃないですか??。続く、モロ80年代を彷彿させる(LAメタルっぽい?)ギター・リフで始まる"Salt of the Earth"、コレもコーラスのメロディに泣けます。ギター・ソロも泣かせますね。バラード"First Love"も"哀愁"があって泣かせます。凄くウェットで、凄くいい"味"出ています。"Judgement Day"なんかは、John Sykesを彷彿させるメロディ・ラインにウットリ。心に染みます。

【…YouTubeにて音源が見つかりませんでしたので、MySpaceで楽曲をお楽しみ下さい。】

あ?心に染みる…。


"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



世界最大規模のCDオンラインストア・CD WOW!全商品無料配送!


thema:心に沁みる曲
genre:音楽
ALKOHOLIZER / DRUNK OR DEAD... (2009)
2010/07/20/ (火) | edit |
Drunk or Dead...Drinking Till Death...
どんだけ呑めば気が済むのか??強烈なスラッシュ・アルバム!!


猛烈にビールが呑みたくなる、強烈なスラッシュ・メタル・アルバムです。ちなみにこの場合キリンでもアサヒでもいけません。"Sardinian Beer"(サルデーニャのビール)を呑むのです。しかしイタリア領サルデーニャはワインが有名ではなかったかしら??まっこの際どうでもいいや、キリン・ビールとALKOHOLIZERで酔いつぶれたいと思います。(私は、キリン派です…)。

Drunk or Dead...

Alkoholizer
Punishment 18(2009-10-10)

MySpace

アルバム・ジャケットの強烈なインパクトも素晴らしいですね。2006年にイタリアはSardinia(サルデーニャ)にて結成されたスラッシュ・メタル・バンドALKOHOLIZER。彼らはどんだけビールが好きなんでしょうか?正に"Beer,Beer & Thrash Metal"でございます。2009年にリリースされた彼らの1stフルレンス・アルバムがコレ。とにかく"Beer"、"alcohol"。しかし、サウンド的には凄く"硬派"なイメージですね。"Intro"から続く"Pay With Your Blood"の叫び声は、正にSLAYERの名曲"Angel Of Death"(『REIGN IN BLOOD』収録)を彷彿させます。アルバムを通して、キラーでクランチーなリフが光ります。それだけではなく、"Alcoholic Metal"(タイトルはアホっぽいですが…)のギター・ソロはTANK『HONOUR & BLOOD』を彷彿させる"オトコの哀愁"を感じます。アグレッシブな中にも、こういうソロを入れたりして…もうたまりません。(酒スラッシュといえば…)TANKARDとはひと味もふた味も違う、こういう80年代風の"ピュア・スラッシュ"って本当にいいですよね。彼らは、超オススメです!!


↑↑"Pay With Your Blood"の音源。素晴らしくカッコいい!!

凄く"Sardinian Beer"(サルデーニャのビール)が呑みたくなりました。このアルバムもヘヴィ・メタル専門店で購入することが出来ますので、是非…。マニアのみならず、普通のスラッシュ・メタル・ファンにもお勧めできる素晴らしい"ピュア・スラッシュ・メタル"を堪能することが出来ます!!

Drunk or Dead...Drinking Till Death...


世界最大規模のCDオンラインストア・CD WOW!全商品無料配送!


thema:ヘヴィメタル
genre:音楽
Y&T / FACEMELTER (2010)
2010/07/18/ (日) | edit |
デイヴ・メニケッティ="哀愁"。
哀愁="デイヴ・メニケッティ"。


多分今までで一番聴いたアルバムはY&T『EARTHSHAKER』(1981年)ではなかろうかと思います。そして、一番聴いた曲は『BLACK TIGER』(1982年)収録の"Forever"…。それほど思い入れのあるバンドなんです。"哀愁"と言えば、Y&Tであり"Dave Meniketti"なんだと認識しております。

Facemelter
Facemelter
posted with amazlet at 10.07.17
Y&T
Meanstreak Music Co (2010-06-15)
売り上げランキング: 3047

13年ぶりの新作となる本作、あの名盤『BLACK TIGER』、『MEAN STREAK』(1983年)のアルバム・ジャケットを手掛けたJohn Taylor Dismukesのアートが復活。素晴らしいアルバム・ジャケットに仕上がりました。マニアにとっては嬉しい限りです。オープニングの"Prelude"に続く"On With the Show"、オープニングを飾るに相応しい素晴らしいハード・チューン。ノッケからメニケッティ節炸裂です。彼の歌声は渋みが増していますね。そしてギター・ソロ…何とも言えません。"泣き"、"哀愁"…たまりません。ハイライトはやっぱりメロディアスで哀愁漂うハード・チューン"I'm Coming Home"(これは、もう名曲ですね)。初めて名曲"Forever"のイントロを聴いた感動に近い感情になりました。それを彷彿させるイントロ(これは完璧狙ったな…)に、思わずニンマリしてしまいました。そして続くバラード"If You Want Me"、なにかもの哀しさを彷彿させ"涙"がこぼれ落ちそうになります。そして中間にやってくる"泣き"のギター・ソロに大泣き…。いや?(忘れかけてた頃に)最高のアルバムを届けてくれた。やっぱりY&Tは"最高"!!


↑↑"I'm Coming Home"のPV。いや?最高!!

私は輸入盤Digipackを購入したわけですが、ボーナス・トラックの"Losing My Mind"もええ曲だな?と思っていたわけですが、なんと日本国内盤のボーナス・トラックの"Deadly Deceiver"って曲が素晴らしいらしいじゃないですか!!これは是非、国内盤も買わねばなりません。(欲を言えば、もう少し曲数を絞れば"超名盤"の仲間入りをしていたと思いますが…)Y&Tの素晴らしいアルバムを引っ提げての復活に感謝です。皆さんも一緒に"泣き"ましょう。

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



世界最大規模のCDオンラインストア・CD WOW!全商品無料配送!


thema:心に沁みる曲
genre:音楽
STEELGAR / XENOCIDE (2010)
2010/07/16/ (金) | edit |
今年の"スラッシュ・メタル"アルバムの中でも、
トップ・クラスだと言っても過言ではございません。


数多くの若手スラッシャーによる"オールド・スクール・スラッシュ"のリバイバル的アルバムを聴いてきましたが、その多くが今一歩というか"良いんだけどそれ以上でもそれ以下でもない"ってな感じを受けるんですよね。そんな中でも、素晴らしいバンドに出逢えることが嬉しいんですよね。

Xenocide

Steelgar
Molusco Discos(2010-1-8)

MySpace

で、最近ずっとヘヴィ・ローテ中の、情熱の国スペインから2006年に結成されたスラッシュ・メタル・バンドSTEELGARの紹介でございます。いや?、スペインからも"ええバンド"が数多く出てきていますよね。(フラメンコ崇拝者の私にとっては、スペインのバンドの頑張りに対して)嬉しい限りです。さて今年(2010年)リリースされた1stフルレンス・アルバムが本作。正直言って、アルバム・ジャケットは(クソと言うよりかは)"イモ"です。買い手をそそらせないジャケットではありますが…その中身は、"素晴らしい"!!。ベイエリア・スラッシュを基調としながら、スピード一辺倒ではなく、良く練られた曲展開を堪能することができます。キラーなギター・リフも飛び交います。オープニングを飾る"Injected"のSLAYERを彷彿させるリフからして非常にヤバイ状態です。中間にある"Hunter on Prowl"や"Under the Whip"なんかの曲展開やギター・ソロなんか悶絶もんだと思います。ドラマ性を感じます。サウンド・プロダクションも(B級スラッシュの中でも)最高級ですし、アルバムを通して素晴らしい出来だと思います。キラー・チューンばかりですね。こういう素晴らしいバンドが、もっと日本でも脚光を浴びてくれると凄く嬉しいんですが…。


↑↑"Promontory"の音源。

日本に流通することが少ないバンドではございますが、ヘヴィ・メタル専門店で購入することが出来るので、是非買ってあげてください!!この"イモ"なアルバム・ジャケットからは想像できない素晴らしいアルバムです。冒頭で言った「今年の"スラッシュ・メタル"アルバムの中でも、トップ・クラスだと言っても過言ではございません。」という言葉…決してお世辞でも冗談でもありませんので、聴いて"感動"してください。

世界最大規模のCDオンラインストア・CD WOW!全商品無料配送!


thema:ヘヴィメタル
genre:音楽
CITIES / ANNIHILATION ABSOLUTE (1986)
2010/07/11/ (日) | edit |
この時代の"ヘヴィ・メタル"って
"哀愁"を感じる音楽スタイルが多かった気が…。


レコード・プレーヤーを購入したせいで、(忙しいながらも…)LPを物色する毎日を送っております。でもって、最近になって待望の"CD再発"された過去の名盤でさえも、古いLPをあえて買ってしまう始末…。だって380円だったんですもの。

ANNIHILATION ABSOLUTE(アナイアレーション・アブソリュート)(直輸入盤・帯・ライナー付き)
CITIES(シティーズ)
ディスクユニオン (2010-01-16)
売り上げランキング: 50038

1980年にアメリカはニューヨークで結成された正統派メタル・バンドCITIESが、1986年に唯一残したフルレンス・アルバムがコレ。ヘヴィ・メタル史上に残る"名盤"なのですが長らく"廃盤"となっておりまして(結構高額で取引されていたみたいですね…)、今年になってようやく待望の(それもデジタル・リマスターされて)"CD再発"となったわけです。1985年に同名のEPをリリースしましたが、翌年になってTWISTED SISTERのA.J. Pero(Ds)が加入し、全曲Drumsを取り直しリミックスされ、さらに3曲を追加しリリースされたのが本作。このEPも、オークションで安く取引されているのでGetしなければ…。さて、オープニングを飾る"Stop the Race"のノッケからのギター・リフにはやられてしまいます。しかし、このSteve Mironovichというギタリストはかなり"ツボ"を押さえております。リフといい、"哀愁"のギター・ソロといい"完璧"です。ゾクゾクさせられる曲展開や流麗なギター・ワークを堪能してください。初期の頃のYngwie J.Malmsteenを彷彿させると言ったら言い過ぎなのかな?。凄く好きですね。初めてY&T『EARTHSHAKER』を聴いたときのような"感動"を憶えました。これぞ"真のヘヴィ・メタル"。祝"CD再発"!!


↑↑"Stop The Race"の音源。もう"最高"でしょ!!

バンド名は正直…"クソ"(失礼)ですが、音楽スタイルが非常に素晴らしい!!。これだから、私が"ヘヴィ・メタル"を止められないんです。"絶対に聴きなさい"!!。

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



世界最大規模のCDオンラインストア・CD WOW!全商品無料配送!


thema:心に沁みる曲
genre:音楽
WARPATH / DAMNATION (2008)
2010/07/04/ (日) | edit |
ストレスが溜まっている時に聴く"スラッシュ・メタル"。
こういうのは、いかがでしょうか??


最近、夢をよく見るのですが…ネットで"夢占い"なるものを検索し調べてみたところ、私は現在"今後についての悩みや重圧、ストレス"がかなりあるそうなのです。それではいけないと、取り出したCDがコレですわ…。

Damnation
Damnation
posted with amazlet at 10.07.04
Warpath
S H Independent (2008-09-08)
売り上げランキング: 257411

2003年にイギリスで結成されたスラッシュ・メタル・バンドの2008年リリースの1stフルレンス・アルバム(自主制作でございます)。私は、Yahoo!オークションなどで中古のCDやLPを落札することも多いのですが、これも中古で800円ほどで落札したアルバムでございます。それほど(このバンドに)期待せず入札に挑んだのですが、無事落札。聴いてビックリ、コレは落札して良かった!!と思えるほどの出来です。これだから、"ジャケ買い"ならぬ"テキトー入札"が止められぬ!!自主制作盤のわりに、音質やサウンド・プロダクションも申し分ありません。多くのB級スラッシュ・メタルを聴いてきましたが、これほどクオリティの高い自主制作盤は他に聴いたことがありませんね。"ベイエリア・スラッシュ"を基調としており、またグルーヴ感のある"クランチ・リフ"はたまりません。そして、スピード一辺倒ではなく、"スピード・パート"と"ミドル・パート"を巧く操るあたりただ者ではありません。そして、ツイン・リードによるギター・ソロの"構築美"も随所に聴くことが出来、"スラッシュ・メタル・マニア"以外からも評価されるような気がします。いや?、このツインGは素晴らしい!!聴き惚れてしまいますな。Vocalも吐き捨て型ではありますが、"巧い"。"表現力"がありますね。これを"B級スラッシュ・メタル"という枠に収めてしまうことは、彼らにとって非常に失礼なことですね。


↑↑"Damnation"のPV。たまんなくカッコいい!!

彼らのリフ・ワークやソロ・パートは、もはやメジャー級ではないでしょうか。他にも"Hostile Takeover"のギター・ソロなんかも素晴らしくカッコいいので、是非アルバムを購入くださいませ!!

しかし、ストレス解消できますな。これで今夜は素晴らしい夢に出逢えることでしょう。もしくは、朝まで熟睡ってのもいいもんですね。"一家に一枚、ストレス解消にWARPATH"をお忘れ無く…。

では…。

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



世界最大規模のCDオンラインストア・CD WOW!全商品無料配送!


thema:ヘヴィメタル
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。