この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

奇跡のウエディング―末期がんのナースが誓った永遠の愛
2010/07/25/ (日) | edit |
ヘヴィ・メタルとはほど遠い話で恐縮ですが…

結構読書をするんですよね。正直"小説"とかって苦手なのですが、ノンフィクション…と言っても、"国政問題"、"外交問題"、"日本の未来について"(結構、右よりな考えなので…)ばかり好んで読んでいたのですが、先日、テレビの"報道ステーション"(結構ニュースは欠かさず観るんですよね…)の特集を、(ほぼ泥酔状態で)観ていて"泣いて"しまったんですよね。(最近、涙もろくなってきているのですが…)どうしても、特集を組まれていた彼女のエッセイが読みたくて、(本屋さんで探しまくって無かったので…)ネットで購入したんです。

奇跡のウエディング―末期がんのナースが誓った永遠の愛
高橋 梨香
主婦と生活社
売り上げランキング: 15685

高橋 梨香さん、残念ながらこの手記を発売した直後の先月1日に36歳という若さで逝去されました。この手記には、彼女の"想い"が沢山詰まっています。そして、私自身すごく考えさせられましたし、是非皆さんにも読んで頂きたいと思い、ヘヴィ・メタルではない記事を書かせて頂きました。

自分が"死"に直面したとき、想像を絶する辛い想いをするだろうし、"生きる"ことにも苦しみさえ感じてしまうのだと思います。そんな時、"人を愛すること"、"人に愛されること"…"家族"、"支えてくれる人"の大切さに気づくんですね。

読み切った後、"涙"が溢れてしまいました。そして、自分自身をもう一度見つめ直そうと思いました。そして、今の自分が凄く"幸せ"で、大切な家族…"両親"、"妻"、そして"子供達"にもっと孝行してあげたい清らかな気持ちになりました。

今日の車のBGMは、STRYPERの数ある名曲のバラードになってしまいました。スラッシュ・メタルが聴きたくない一日でした。

人は、"支え合う心"と"愛し合う"ことが大切なんですね。
是非、読んでください。




スポンサーサイト