この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ISSA / SIGN OF ANGELS (2010)
2010/10/27/ (水) | edit |
"美しい"、美貌と歌声とメロディと…

この心地よさは何だろう。"美しい"、ただただ"美しい"。透き通るような美貌と、甘い歌声とメロディ…。"惚れてまうやろ"…。いや、惚れない方がおかしいと思う。

Sign Of Angels
Sign Of Angels
posted with amazlet at 10.10.27
Issa
Frontiers Records (2010-09-24)
売り上げランキング: 72294

ノルウェーはOslo出身の女性Vocal、Isabell Oversveenこと"ISSA"がFrontiers Recordsよりリリースしたデビュー・アルバムが本作。11月10日に日本国内盤のリリースが決定しました。さすがは、Frontiers Records。素晴らしいメロディアス・ハード・ロック・アルバムをリリースしてくれました!!それも、世界一美しい女性(単純な私なので…)の歌うメロディアス・ハード。この美貌といったら、もう申し分ありません。

ISSA
↑↑Isabell Oversveen嬢の美しさ…透き通るような…。

美しさだけなら、それだけのものかもしれませんが(…あっ失礼か)、とにかくアルバムの中身も素晴らしい。珠玉のメロディが詰まっています。オープニングを飾るメロディアス・ハード・チューン"Angels Crying"からもうヤバイです。メロディが美しい。"I’m Alive"や"River of Love"、"How Will I Know"、"As I Live and Breathe"、ラストを飾る"Fallen Angel"といったハード・ロック・チューン。素晴らしいメロディで心を締めつけます。ミドル・テンポの"Give Me A Sign"や"What Can I Do"といった曲で涙を誘い、ハイライトは珠玉のバラード"Unbelievable"。涙が止まりません。美し過ぎる…なぜそこまで泣かせるの?。もう言葉を失います。


↑↑Issa - I'm Alive Official video

"美しい"だけじゃない…珠玉のメロディがここにある

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



スポンサーサイト
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
祝・ブログ開設1周年(が、過ぎていました)!!
2010/10/21/ (木) | edit |
おかげさまで、"hirokawai音楽論!!"デビュー1周年!!
誠にありがとうございます!!


思えば2001年7月に"hirokawai音楽論!!"というサイトを立ち上げ、息子の誕生やアメ車の購入などを経て2002年末をもって閉鎖した当サイト。2009年10月16日に、こうやって"Blog"というカタチで復活させ早1年が…もう過ぎてしまってるやん。今気付きました!!本当に皆様1年ありがとうございました。そして、またこれからもよろしくお願い申し上げます。

"トンネル工事とヘヴィ・メタル"なんて記事も懐かしく思えてなりません。

さて、"Blog"開設当時にやっていた"今月の10曲"なんてのをやってみようと思います!!

1. Teutonic Terror / ACCEPT
何と言っても"ヘヴィ・メタル"ってジャンルはカッコいいと心から思えてしまう、新生ACCEPTのキラー・チューン!!新VocalのMark TornilloもUdo Dirkschneiderバリの歌い回しを披露してくれました。『BLOOD OF THE NATION』(2010年)収録。
amazonで詳細を見る

2. Stop the Race / CITIES
もう伝説的バンドですよ。この1曲聴くだけで"ゾクゾク"してしまうもん。ニューヨーク出身の正統派HMバンドの唯一のアルバム(と言っていいでしょう)のオープニングを飾るキラー・チューン。『ANNIHILATION ABSOLUTE』(1986年)収録。
amazonで詳細を見る

3. When We Rock / KUNI
だいたい普通の人間が単身渡米して自ら人脈なんて作れますか?彼は違うんです。そう考えるとただの日本人ギタリストでは無いんでしょうね。復活おめでとうございます。CDも再発嬉しいです!!今聴いても凄くカッコいいキラー・チューン。『MASQUE』(1986年)収録。
amazonで詳細を見る

4. It's Not You / HALESTORM
1年くらい前に輸入盤を購入してました。日本で出せばFM局が放っておかないと思ってたのですが、もうすぐ国内盤でますね。そしてLOUDPARKお疲れ様でした。気持ちいいハード・ロック・チューン!!Lzzy Haleの歌声は、決してChristina Aguileraには負けていないと思います。Lzzy、私にメッセージありがとう。是非また日本でライヴをしてください!!『HALESTORM』(2009年)収録。
amazonで詳細を見る

5. Outrage / SISTER SIN
しかしこのLiv嬢、あのエロティックで美しい容姿からVince Neil(MOTLEY CRUE)ばりの歌声を出すんだから脱帽。前作はそれほど気に入らなかったけど、この新作は大化けしましたね。カッコいいヘヴィ・メタル・チューン!!是非日本でライヴをやって欲しい!!Liv嬢、容姿とは違って"美しい心"の持ち主のような気がするのは私だけ?願望?『TRUE SOUND OF THE UNDERGROUND』(2010年)収録。
amazonで詳細を見る

6. Echoes / SYSTEM DIVIDE
今一番聴いているかな。アメリカのメタル・コア・バンドの1stフルレンス。凄くアグレッシヴで、グロウルだのスクリームだのの間から、Miri Milmanのエモーショナルな歌声とメロディにやられてしまいます。凄く好き!!こういう曲展開!!このアルバム、めっちゃ名盤じゃん。『CONSCIOUS SEDATION』(2010年)収録。
amazonで詳細を見る

7. Judgement Day / TANK
あのAlgy Wardの"オトコの背中的、哀愁"が好きだったのに…まさか脱退してしまうとは…。そして新しく加入したのがBLACKMORE'S RAINBOWなどで有名なDoogie White。"漢"から"様式美"へ。どんなバンドになってしまうのかと心配してたら、新曲聴いて安心した。正に"NWOBHM"の復活!!Ronnie James Dioを彷彿させます。こりゃアルバムが楽しみ!!しかしTANKとして聴けるのかな?『WAR MACHINE』(2010年11月2日リリース)収録。
amazonで詳細を見る

8. Talisman / RATA BLANCA
アルゼンチンのRAINBOWことRATA BLANCAが、そのDoogie Whiteを擁して2009年にリリースした『EL REINO OLVIDADO』(2008年)の英語バージョン『FORGOTTEN KINGDOM』から1曲。凄く"甘く"美しい名曲です。海辺で太陽に向かって走りたくなります。『FORGOTTEN KINGDOM』(2009年)収録。
amazonで詳細を見る

9. Supersonic Killer / KISSIN' DYNAMITE
これこそ"ヘヴィ・メタル"ですよ。なにも説明の必要のない、曲聴いたらすぐに彼らの虜ですよ。今年一番の収穫だったりして。ドイツの若手ヘヴィ・メタル・バンド。ホープですよホープ!!『ADDICTED TO METAL』(2010年)収録。
amazonで詳細を見る

10. Fight To Kill / HOLY GRAIL
もう余計な説明は必要ありません。早く新譜が聴きたいだけです!!だからEPのこの曲を聴くのです。首を長くして聴くのです!!『IMPROPER BURIAL』(2009年)収録。
amazonで詳細を見る

非常に疲れた!!(から、この企画止めたんだと思う)。今後とも"hirokawai音楽論!!"をよろしくお願いします!!

いい楽曲に出逢える俺って"幸せ"!!
DEATH ANGEL / RELENTLESS RETRIBUTION (2010)
2010/10/19/ (火) | edit |
久しぶりに、私の身体全体が反応した!!

こういう気持ちになるのは、そうない。以前は、"スラッシュ・メタル"と"ファンク"の融合をやって成功を収めていましたが…。2004年のバンド復活以降、デビュー当時の"スラッシュ・メタル"への"原点回帰"を試みましたが、ここへ来てようやく私が求める"スラッシュ・メタル"の素晴らしいカタチに仕上がりました。

Relentless Retribution
Relentless Retribution
posted with amazlet at 10.10.13
Death Angel
Nuclear Blast Americ (2010-09-14)
売り上げランキング: 3873

アメリカは西海岸出身の"ベイエリア・スラッシュ"。1988年にデビューし、1990年代初頭には解散してしまったバンドです。特に当時は、"ファンク"などと融合した"スラッシュ・メタル"がファンに受けたわけですが、2004年のバンド復活以降、徐々に"本来のスラッシュ・メタル"のカタチに戻ってきた。そして、前作『KILLING SEASON』(2008年)は素晴らしいスラッシュ・アルバムに仕上がったわけですが、今考えてみると、ちょっと中途半端だったかな?と…このリリースされた新作を聴いてしまうと、そう感じてしまうのは仕方ありません。この最新作は"全て完璧"ですから。アルバム・ジャケットといい、今までのDEATH ANGELからは想像が出来ない"インパクト"があります。もう、冒頭から素晴らしい"スラッシュ・メタル"の嵐!!楽曲の良さと抜群の安定感、最近のスラッシュ・メタルの中でもトップ・クラスなのは間違いありません。相変わらず、素晴らしいメロディ・センスを持っています。そして、アコースティック・ギターを取り入れたセンスの良さ(これは変わっていませんね)。このバンドには、ただ疾走するだけではない、何か素晴らしいセンスを感じますね(毎度毎度…)。めちゃくちゃカッコいいです!!


↑↑"River of Rapture"の音源。

もう、これ以上KILLERなスラッシュ・メタルは想像つきませんから、是非全曲聴いてください!!久しぶりに、私の身体全体が反応した!!

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



thema:HR/HM
genre:音楽
WHITE WIZZARD "We Rock" 無料ダウンロード!!
2010/10/14/ (木) | edit |
拝啓 Ronnie James Dio様…。

あなたがいなくなってから数ヶ月経ちますが…アメリカの"NWOTHM"バンドWHITE WIZZARDが、あなたの名曲"We Rock"をカバーしました。彼らのニュー・シングル『SHOOTING STAR』がもうまもなくリリースされますが、そこに挿入されています。とても素晴らしい出来です。VocalがWyatt "Screamin' Demon" AndersonからPeter Ellisなる男に変わっております。早くもVocalがチェンジしてしまったわけですが、新VocalであるPeter Ellisは正直言って前任よりパワーがあって良いのではないでしょうか!!

WHITE WIZZARD / SHOOTING STAR
whitewizzardnew.jpg


↑↑来る10月18日にiTunesiconにて購入できます。

そしてなんと!EARACHEのオフィシャル・サイトより、
"We Rock"が無料でダウンロード出来ます!!


total.jpg
↑↑上記よりダウンロード出来ます。
http://earache.com/we_rock/


ファンにとってこんな嬉しいことはありません!!


↑↑White Wizzard 'We Rock’ (DIO Cover)


↑↑White Wizzard 'Shooting Star'

って言うか、Vocalがもう変わっていたなんて知らんかったし…新VocalであるPeter Ellisのお披露目的シングルですね。"We Rock"はきつ?い一発!!



thema:HR/HM
genre:音楽
本日、MEGADETHのメンバーはボーリング!!
2010/10/13/ (水) | edit |
Band members and crew go bowling in Louisville,

何とも、まぁ微笑ましいんでしょ!!


↑↑David Ellefson of MEGADETH Bowling of the Titans Louisville, KY

以上。

こんな時間から、私は酔っぱらいです。

thema:HR/HM
genre:音楽
メタリカ 2010来日会場限定Tシャツ入荷!!
2010/10/11/ (月) | edit |
METAL ONLINEショッピング・モールで買ってちょ!!

メタリカ 2010来日会場限定Tシャツが2種類入荷しました!!

会場で買い逃してしまった方、ライブを観に行けなかった方、要チェックです!

METAL ONLINEショッピング・モールへ
↑↑Buried Alive/ブラック 4,000円


METAL ONLINEショッピングモールへ
↑↑World/ブラック 4,000円 


METAL ONLINEショッピングモールへ
↑↑METAL ONLINEショッピング・モールへ


thema:HR/HM
genre:音楽
ワタクシ、METAL HAMMER 初購入!!
2010/10/10/ (日) | edit |
ヘヴィ・メタル専門誌といえば…

ここ日本では、"BURRN!"が有名ですが(…というか、BURRN!しかございませんが)、遠い海の向こうイギリスでは、"METAL HAMMERicon"というヘヴィ・メタル専門誌があります。(まっ"Terrorizericon"なんかも有名ですが…)

…と、まあ数日前と同じような記事ですが。

この度、初めて"METAL HAMMER"を購入させていただきました!!

METAL HAMMER
↑↑家に届いたMETAL HAMMER最新号!!

今まで、何度か買おうか迷っておりましたが、なんとも中身が面白そうなのでHMViconのネット通販で購入しました。(さすがに、個人輸入は苦手なもので…)。これがまた中身が素晴らしい!!というか、もちろん洋書なので"英語の勉強"にもなるし、今後も"Terrorizer"と併せて定期購読してみようと思います。

しかし、ドデカな"IRON MAIDEN"のステッカー!!どこに貼りましょ!!なんか紙質も良くないみたいだし(そこは日本製との違いを感じさせられますね)、すぐ色褪せそう…(な気がします)。

今晩の楽しみにさせていただきます!!

icon
↑↑HMVで購入する。

icon

thema:HR/HM
genre:音楽
ACCEPT / BLOOD OF THE NATION (2010)
2010/10/09/ (土) | edit |
聴け!!コレが"真のヘヴィ・メタル"というものだ!!

と、思わず叫びたくなるような…。こんなアルバムを聴かされてしまったら、多分どっかでひっそりとUdo Dirkschneiderが後悔しているのが目に浮かぶ…。それくらい素晴らしい"True Heavy Metal"であり、真の"ACCEPTサウンド"だと感動しております。

Blood of the Nations
Blood of the Nations
posted with amazlet at 10.10.09
Accept
Nuclear Blast Americ (2010-09-14)
売り上げランキング: 1003

↑↑アルバム・ジャケットのインパクトは凄い!!

1996年の『PREDATOR』以来、実に14年ぶりの12thアルバム。そしてVocalは、正に"鋼鉄"な男Udo Dirkschneiderではなく、元TT QUICK(米東海岸のヘヴィ・メタル・バンド)のMark Tornilloが加入しての初のアルバム。90年代、ヘヴィ・メタル氷河期において彼らまでも"時代の流れ"、"トレンド"など試行錯誤しては、失敗を犯してしまったわけですが…2010年。ここへ来て、バンドとしてもブランクを感じさせない。そして、最強のACCEPTサウンドを創り上げてくれました!!。さすがにUdo Dirkschneiderほどのインパクトは無いものの、Mark TornilloのACCEPT然とした"金切り声"には脱帽です。(彼の歌う、過去の名曲を聴いてみたい)。もう、ACCEPTファンも忘れかけてた"ACCEPTの魅力"を再現してもらった。このアルバム、超最高!!過去の名盤と比べても遜色ないインパクトを与えてくれます。"ヘヴィ・メタル"とは何たるか、やはりACCEPTが表現してくれました。往年の"ジャーマン正統派ヘヴィ・メタル"の復活だ!!あの、"漢なコーラス"や"流麗で無きのギター"は健在です。コレ聴かないと、許しません!!


↑↑インパクト大!!"Teutonic Terror"のPV

これ聴いて、今頃Udo Dirkschneiderは何を想っているのでしょうか?きっと、後悔しているでしょうね。"俺がいてこそACCEPT"というような固定観念は、ことごとく壊れきってしまったような気がします。仕方ないですよ、新生ACCEPTが、素晴らしいアルバムをリリースしてしまったんですから…

聴け!!コレが"真のヘヴィ・メタル"というものだ!!

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



thema:HR/HM
genre:音楽
"One Life,One Soul"…
2010/10/09/ (土) | edit |
One Life,One Soul / GOTTHARD



"I've been waiting, all my life
For the sun to make it mine
Callin', callin', whispering
Your name
N'right now
You're on my trail
Falling, falling, wishing you near
But somehow
You slipped away
Like ice in the sun
Already gone

One life, one soul
Forever i know
Follow me follow me
Wherever i go
One life, one soul
Just waiting to flow
Follow me follow me
Don't let me go

I've been dreaming for too long
Chasing rainbows, on my own
Screamin', screamin'
You are the wind in my sail
In an ocean so wide
Over good times
Bad times
I'll be your own guiding light
Holding your hand
Eyes open wide
Always beside"




thema:心に沁みる曲
genre:音楽
【R.I.P.】GOTTHARDのSteve Lee(Vo)が事故死!!
2010/10/07/ (木) | edit |
非常に残念なニュースが飛び込んできました。

GOTTHARDの中心でありVocalのSteve Leeが、オートバイによる交通事故で死亡しました。ご冥福をお祈りします。

Steve Lee

休暇中に、スイスの仲間達とバイク(Harley Davidson)でアメリカを旅行中の事故とお聞きしました。10月5日、ラスベガスから50マイルのところで雨が降り出し、彼らは雨具を着るために道端に待避していたそうです。そこへ、トレーラーが横滑りし彼らの車列に突っ込みました。トレーラーは、オートバイ5台とSteveに衝突しました。

詳しいニュースは、NUCLEAR BLASTのニュースをご覧下さい。

http://www.nuclearblast.de/showDynamicPage.php?ident=newsdetail&nid=3713

素晴らしい音楽を、素晴らしい歌声をありがとう。まだ、信じられません。

R.I.P. Steve...

thema:HR/HM
genre:音楽
TWO FIRES / BURNING BRIGHT (2010)
2010/10/05/ (火) | edit |
"JOURNEY"を心から愛するものにとって…

JOURNEYを取り巻く環境や、彼らの"影響力"にひたすら関心を持ってしまうわけですが…。Neal SchonGregg RolieJonathan Cainの"存在感"はもちろんのこと、やはりSteve perryほど、他に"影響"を与えたシンガーはいないのではないのでしょうか。Steve Perryがいてこその"JOURNEY"だったと思うのですが…(Vocalというパートのみで見たときにですがね)。

バーニング・ブライト
Burning Bright
posted with amazlet at 10.10.03
TWO FIRES
RUBICON MUSIC (2010-09-24)
売り上げランキング: 2701

元JOURNEYのGregg Rolie(Key)が、Steve Smith(同じく元JOURNEYのDs)、Ross Valory(JOUTNEYのBa)、Kevin Chalfant(Vo)らと結成したTHE STORM。JOURNEY再結成とともに消滅したバンドではありますが、その音楽性がTWO FIRESというバンドとなって継承されていったわけです。Gregg Rolie(Key)はJOURNEYの再結成に関わることはありませんでしたし、当時の再結成でJOURNEYの新Vocalとして期待されていたKevin Chalfantでしたが、Steve Perryの復帰によってその道が閉ざされてしまったわけです。THE STORMからのギタリストJosh Ramosは本作には参加せず、Steve Perryに顔までそっくりのHugo(JOURNEYのトリビュート・バンドでも活躍されていました)とRAMOS-HUGOを結成…。もう私の頭の中はごちゃごちゃ…。さて、まずJOURNEYのVocalとしてKevin Chalfantは成功することが出来たのか?これは、もし加入していたら成功は間違いなかったと思います。例えば、Hugo(RAMOS=HUGO)のように"Steve Perryに似ている"というだけでは決して成功はしていなかったと思います。(Hugoは線が細いですしね。Steve Augeriも巧いシンガーでしたが線が細かった)。Steve Perry在籍時の曲が巧く歌えて尚かつ自分の個性を持っているということがJOURNEYのVocalで成功するカギだと思うのですが、そう言う意味ではArnel Pineda(現JOURNEYのVo)は適任だったと思いますし、コレは例えばKevin Chalfantが加入していたなら間違いなくArnel Pineda以上の成功を手にしていたような気がします。TWO FIRESの話に戻しましょう。2000年に1st『TWO FIRES』、2002年に2nd『IGNITION』をリリース。そして約8年ぶりにリリースされた3rdアルバムが本作。このアルバムが"非常に素晴らしい"声を大にして言いたい"非常に素晴らしい"。AOR/ハード・ロックのファンに限らず全ての音楽ファンに聴いていただきたい。そう胸を張って言える完璧なアルバムです。美しい、とにかく美しい。JOURNEYのニュー・アルバムに感動出来たなら、彼らのこのアルバムで2倍感動できるはず。正直、私のレビューなんか必要ないです。CDを買ってデッキに挿入した時点であなたは彼らの虜になるでしょう。記事を書いている間にも、興奮してしまっている私…。過去の2作の印象が薄れてしまうほどに、この新作は美しい。


↑↑何てったって"Some Things Are Better Left Unsaid"

そりゃ、この"Some Things Are Better Left Unsaid"はNeal Schon、Gregg Rolieが楽曲を提供しているわけですから名曲に決まっているではないですか!!美しい!!他の全ての曲も美しい!!

amazonで購入する

"hirokawai音楽論!!" online storeへ



thema:心に沁みる曲
genre:音楽
ワタクシ、TERRORIZER 初購入!!
2010/10/03/ (日) | edit |
ヘヴィ・メタル専門誌といえば…

ここ日本では、"BURRN!"が有名ですが(…というか、BURRN!しかございませんが)、遠い海の向こうイギリスでは、"Terrorizericon"というヘヴィ・メタル専門誌があります。(まっ"METAL HAMMERicon"なんかも有名ですが…)

この度、初めて"TERRORIZER"を購入させていただきました!!

Terrorizer
↑↑家に届いたTERRORIZER最新号!!

Welcome to the world of terrorizer Magazine, the world's most dangerous music magazine!
terrorizer Magazine(世界で最も危険な音楽誌)の世界にようこそ!

今まで、何度か買おうか迷っておりましたが、なんとも中身が面白そうなのでHMViconのネット通販で購入しました。(さすがに、個人輸入は苦手なもので…)。これがまた中身が素晴らしい!!というか、もちろん洋書なので"英語の勉強"にもなるし、今後もMETAL HAMMERと併せて定期購読してみようと思います。

おっと、FREE CD2枚付いております!!太っ腹ですな!!(まだ、聴いておりませんが…)

今晩の楽しみにさせていただきます!!

icon
↑↑HMVで購入する。

icon

thema:HR/HM
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。