この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

PRAYING MANTIS / METALMORPHOSIS (2011)
2011/05/07/ (土) | edit |
正に"温故知新"である。

私のように30代半ばの人間にとって、"ヘヴィ・メタル"との出逢いはちょうど"ヘヴィ・メタル衰退期"にあたる時代でした。80年代のヘヴィ・メタルは古いものとされ、グランジ、ヘヴィネスなどが流行りだしていた頃だったように記憶しています。よって、80年代初頭の"NWOBHM"などは既に"論外"となっていました。年齢を重ねるにつれ、古いヘヴィ・メタルの良さをわかるようになったような気がします。

Metalmorphosis : 30th Anniversary Special Edition EP
Praying Mantis
Praying Mantis (2011-03-21)
売り上げランキング: 34059

"NWOBHM"を語る上で欠かせないPRAYING MANTISの名盤である1stアルバム『TIME TELLS NO LIES』(1981年)のリリースから今年で30年が経ちました。ちなみに私が初めて聴いた彼らのアルバムは3rdアルバム『CRY FOR THE NEW WORLD』(1993年)だったわけで、もうこのアルバムが一番思い入れがありますし、もちろん超名盤だと思っています。しかし当時若かった私は、後追いでその1stアルバムを聴いたわけですが、当時をリアルタイムで聴いていない世代の私は、やはり年代からくるチープさ(古くささ)にあまり受け入れることが出来なかった記憶があります。(そんな思いがあったとは、非常に申し訳ないです)。ただ、歳を重ねるにつれ名盤と言われる1stアルバムの良さに気づき始めたわけです。当時としては画期的であり、そのツイン・リードの美しさ、そのメロディの甘さにようやく私も目が覚めたわけです。さて、今回紹介するのは1stアルバム・リリース30周年を記念してリリースされた5曲入りEPです。1stアルバムなど初期の音源から5曲、現在のメンバーにより新録され収録されています。これが、もの凄くイイ。気持ちイイ。今思えば、何て素晴らしい楽曲を30年前に作っていたのかと、感動すら覚えます。こうやって聴いてみるとMANTIS節炸裂で、古くささなどあまり感じません。いや~いいですわ、ホント。この"哀愁"は、やっぱり彼らにしか無理です。"泣き"です"泣き"。


↑↑Children Of The Earth By Praying Mantis (オリジナル音源です)

すみませんね。新録バージョンのYOUTUBEが見つかりませんでしたので…。ただね、ひとつツッコミ入れますわ。なんで5曲なん?せめて全曲新録して欲しかったんですけど、その勢いは無かったんですか?もっと聴きたかったんですけど。まっガマンしますけどね。PRAYING MANTISって、やっぱカッコ良いですわ。

amazonで購入する

"hirokawai音楽論!!" online storeへ



スポンサーサイト



thema:ヘヴィメタル
genre:音楽