この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JOURNEY / ECLIPSE (2011)
2011/07/01/ (金) | edit |
何てったって、世界一好きなバンドですからね。

JOUENEYJOUENEYだったら、もうそれだけで満足なんです。って、彼らが駄作など作るはずはなく、今回も素晴らしいアルバムをリリースしてくれました。もう、大満足です。

ECLIPSE
ECLIPSE
posted with amazlet at 11.07.01
JOURNEY
FRONTIERS RECORDS (2011-05-30)
売り上げランキング: 2237

アメリカはサンフランシスコ出身の、まっ言わずと知れた大御所ハード・ロック・バンドの3年ぶりの14作目が本作。フィリピン人シンガーArnel Pinedaが参加しての2作目。前回の来日公演やライヴDVDも観させていただきましたが、彼のアメリカン・ドリームは夢ではなかった事がわかります。彼の存在感の大きさに驚かされました。このバンドも、とうとうSteve Perryの亡霊から解放されたというか、特に本作を聴いて何か吹っ切れたような開放感があります。確かに前作『REVELATION』(2008年)のオープニングを飾る"Never Walk Away"のようなインパクトは無いものの、アルバムを通して各楽曲の完成度とか美しさとかは、前作を遙かに上回るような気がします。吹っ切れたように流麗にGuiterを弾きまくるNeal Schonにも好感が持てます。ホントに美しい。美しすぎる。いや、ホント泣けますよ。これを"名盤"と言わずして、何を"名盤"というのか。これを聴かずして、生活をしているのがもったいなさ過ぎる。彼らにとって、Arnel Pinedaという素晴らしいシンガーに巡り会えたことは"奇跡"ですね。これほど"存在感"、そしてSteve Perryの真似事になりきらないオリジナリティを発揮できるシンガーは、多分他にはいないんだろうと思います。(そりゃSteve Perryの真似をさせたら巧いシンガーは他にウジャウジャいますからね~)。


Journey - Eclipse EPK (Official)

いやホント、好きで好きでたまらないです。是非、皆さんに聴いて欲しいアルバムです。

(PS)今まで更新しなくてごめんなさい。

amazonで購入する

"hirokawai音楽論!!" online storeへ



スポンサーサイト
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。