この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OVERKILL / FEEL THE FIRE (1985)
2010/01/30/ (土) | edit |
Feel the FireFeel the Fire
(1996/07/23)
Overkill
オリジナル盤: 1985
商品詳細を見る


古臭さを感じつつも、"ヘヴィ・メタル"とは何たるかを
感じとって欲しい"最高のメタル・アンセム"!!


米ニュージャージー出身のOVERKILLの記念すべき1stアルバム。
スラッシュ・メタルにNWOBHMのテイストを融合した素晴らしいアルバムでした。
2ndでメジャー契約を勝ち取りましたが、この1stの"マイナー臭さ"がいいんです。
今も健在で、25年たった今年ニュー・アルバム『IRONBOUND』が待ち遠しい!!

416NWA3B88L__SL500.jpg

僕はもう、このアルバム・ジャケットこそが"ヘヴィ・メタル"と思っています。
炎をバックにメンバーのシルエット…これだけでもそそります。

さすがに今となっては音質が"クソ"ですが、今聴いても繰り返し聴いてしまいます。
スラッシュ・メタルにNYのハード・コアをテイストし、NWOBHMをプラスした感じ。
時にGuiterが、Dave Meniketti(Y&T)バリに"泣かせ"ます。
"Feel The Fire"のギター・ソロなんか完璧にNWOBHM的"泣き"です。泣きます。
Bassが奏でるイントロなんかも印象的ですね。名曲。
名曲"Rotten To The Core"、Bobby "Blitz" Ellsworth(Vo)の不適な笑い声…
ギター・リフなんか絶品です。NWOBHMの香りがプンプンするギター・ソロも絶品。
"There's No Tomorrow"の静から動への展開、ラストに向けての曲展開。
ギター・ソロなんかもう"ゾクゾク"してしまいます。
ラストを飾るセルフ・タイトル"Overkill"なんかも壮絶!!
全体を通して聴ける"叙情的"なギター・ソロに"好感"。
パワー・メタル的な"勢い"、普通の"スラッシュ・メタル"ではありません。
何度も何度も繰り返して聴いた、素晴らしい"ヘヴィ・メタル"だと思います。
さすがは東海岸のバンド、西の"ベイエリア"には出来なかったスタイルです!!
"古臭さ"が今となってはすごく"新鮮"ですね?。


↑↑"Feel The Fire"の音源。

古臭さを感じつつも、"ヘヴィ・メタル"とは何たるかを
感じとって欲しい"最高のメタル・アンセム"ですね。

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する




関連記事
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。