この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HEATHEN / THE EVOLUTION OF CHAOS (2009)
2010/02/03/ (水) | edit |
Evolution of ChaosEvolution of Chaos
(2010/02/16)
Heathen
オリジナル盤: 2009
商品詳細を見る


抜群の"安定感"、安心して聴くことの出来る
これこそベテランの"技"、王道の"スラッシュ・メタル"


いや、これは"スラッシュ・メタル"というジャンルを超越えしています。
"ベイエリア・ドラマティック・スラッシュ・メタル"?

数々の"B級"スラッシュ・メタルを聴いた後にコレを聴くと、
なんとも"癒される"…。抜群の"安定感"、ベテランの"技"です。
2009年、年末に届いた音源。18年ぶりにリリースされた3rd。

2nd『VICTIMS OF DECEPTION』(1991年)、あの"クランチ・リフ"に、
ドラマティックな"曲展開"、"構築美"を兼ね揃えたあのサウンドは、
"スラッシュ・メタル"の新しいカタチを体現してくれた"名盤"でしたが、
本作は、さらにパワーアップ!!この"構築美"はたまりません。
これほど"内容の濃い"アルバムは、他にはそんなにありませんね。
"衰え"を知らないベテランの"技"を是非堪能してください!!

現在はEXODUSでの活動も多忙なLee Altusが奏でる"叙情的"で
テクニカルなGuiterは本作でも健在。"泣き"もあります。
耳に突き刺さる"ベイエリア・クランチ"と、欧州的で様式美を兼ね備えたGuiter…
これを"ベイエリア・スラッシュ"と位置づけておくのは非常に勿体ない。
これなら"スラッシュ・メタル"が苦手な人でも、必ず聴き入ってしまいます。

オープニングのアジアン・テイストなイントロから、
ゾクゾクするようなスラッシュ・チューン"Dying Season"への流れ。
この曲で、早くもHEATHEN WORLDにのめり込まれてしまいます。
続く"Control by Chaos"、ダークでメロディアスなイントロが印象的、
そこからいきなり"クランチ・リフ"とギター・ソロが始まります。
中間あたりからの競い合うギター・ソロが"劇的"で"絶品"なのです。
しかし11分を越える大曲"No Stone Unturned"、ゾクゾクするような"曲展開"、
非常にドラマティック、これこそHEATHENだからこそ出来る"技"。
アコースティック・ギターが美しく奏でる"A Hero's Welcome"のイントロで、
なぜか"涙"が出てしまいました…(コレ、ホントですよ。)何か哀しくなった。
コーラスにも"涙"、ある意味シンフォニックでドラマティックな"名曲"です。
"涙"チョチョ切れのギター・ソロと"曲展開"…"涙…涙…涙…"。
ラストを飾る"Silent Nothingness"、もう、なんという"曲展開"…
豊かな"ドラマ性"に、空に向かって泣いてしまうのです。
いや、泣けばいいんです。泣いてしまえばいいんです。


↑↑"Silent Nothingness"、泣けばいいんです。

俺は、間違いなく"墓場まで持って行く"1枚です。(2ndと一緒に…)

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



関連記事
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
Comment
Comment list
えぇぇぇ!
HEATHEN て、新作でたんですか!!
何年ぶり・・・18年ですか(◎o◎)

動画聴きましたがベテランらしいタイトな音ですねぇ~
彼らの「スラッシュとはこういうもんだ!」という思いが感じられます。
ジャケットもメッセージ性があって良いですね。
2010/02/04(Thu) 22:15 | URL  | はちべえ@ #-[ edit]
>はちべえ@さん
HEATHENの18年ぶり新作、
これは"名盤"です。
"若い奴らに、本当のスラッシュ・メタルを聴かせたる!!"
という気迫が感じられます。

アルバム・ジャケット、凄いメッセージ性ありますよね~。
"B級"バンドには出来ないデザインですwww
2010/02/04(Thu) 22:29 | URL  | hirokawai #-[ edit]
ひたすら嘆息…!
おお、HEATHEN!

改めて今日もじっくり傾聴して行ったのですが、
やっぱ素晴らしいですね…(天を仰いで嘆息。)
万が一、thrashというコトで敬遠される様な
向きがあれば、それは正直勿体無いと。
自分も同感…(T_T)

“No Stone Unturned”には呆然としますよね…
“Silent Nothingness”で、もはや金縛り?状態!
2010/02/04(Thu) 22:35 | URL  | silverwinger #-[ edit]
>silverwingerさん
そうなんです。
"スラッシュ・メタル"が好きではないからと言って
敬遠されるとしたら、こんなに悔しいことはありません。

"涙"を誘う"スラッシュ・メタル"ですから、
ベイエリアとかクランチ・リフとか、もうどうでもいいです。
アルバムを聴いてください!!
って言いたいですね。

何度聴いてもHEATHENはいい!!
天を仰いで嘆息です。

2010/02/04(Thu) 22:55 | URL  | hirokawai #-[ edit]
こんばんは!
こいつは僕もゲットしてますぜ!
ほんとにドラマティック・クランチとでも形容したい感動の1枚ですね。
ヒーゼンはこのアルバムが初でしたがチェックしといてよかったです。
2010/02/05(Fri) 00:39 | URL  | たけちよ #-[ edit]
>たけちよさん
いや~ホント"感動"の"名盤"ですね。
たけちよさんもGETしましたか~!!
ついでに2ndも超オススメですよ~。
凄く"ドラマティック"です!!
2010/02/05(Fri) 21:41 | URL  | hirokawai #-[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。