この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRAMP'S WHITE LION / ROCKING THE USA (2005)
2010/02/06/ (土) | edit |
Rocking the USARocking the USA
(2005/11/29)
Tramp\'s White Lion
オリジナル盤: 2005
商品詳細を見る


本当に落ち込んだとき、心の傷が癒えないとき、
そんなときは必ず聴くライヴ・アルバム…傷ついた心を癒してくれる…。


001.jpg

VocalのMike Trampは"イモ"臭さがあり、不器用そうに思われがちですが、
WHITE LIONの、このライヴ・アルバムを聴いて、違った感情を思い起こさせました。
これは彼らの新作『RETURN OF THE PRIDE』(2008年)でも感じたことなんですが、
彼のその不器用そうな歌い回しが、特に"哀愁"を生むことがわかったんです。
その"哀愁"を感じ、Mike Trampの歌い回しにウットリしてしまうのです。

さて、このライヴ・アルバムは2枚組となっております。

DISC 1
1. Lights and Thunder(4th)
2. Hungry(2nd)
3. Lonely Nights(2nd)
4. Love Don't Come Easy(4th)
5. Broken Heart(1st)
6. Fight to Survive(1st)
7. Cry for Freedom(3rd)
8. You're All I Need(4th)
9. Little Fighter(3rd)

DISC 2
1. It's Over(4th)
2. Living on the Edge(3rd)
3. Tell Me(2nd)
4. Wait(2nd)
5. Lady of the Valley(2nd)
6. When the Children Cry(2nd)
7. Radar Love(3rd)

彼らの全アルバム、1st?4thから選曲された"名曲"の数々…。
やはりオリジナル・アルバムとの違いは、Mike Trampの歌い回し。
本当に"巧い"(過大評価)。巧くなった…。"哀愁"が増しました。
あの"名盤"『PRIDE』(1987年)で、テクニカルで叙情的なGuiterを披露した
名ギタリストのVito Brattaは既に脱退していませんが、
それでも新GuiterのJamie Lawの存在感は、前者に引けをとりません。
非常にテクニカルで"叙情性"のあるGuiterを聴かせてくれます。

心が傷ついたとき…大好きな"Lady of the Valley"から
"When the Children Cry"への流れに"涙"が止まりません。
これほど、心を癒してくれる素晴らしいライヴ・アルバムは他にありません。

懐かしい"When the Children Cry"のPV。

"涙"が止まりません…。

本当に落ち込んだとき、心の傷が癒えないとき、
そんなときは必ず聴くライヴ・アルバム…傷ついた心を癒してくれる…。

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



関連記事
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
Comment
Comment list
マイク・トランプの歌は再始動前と比べると、
随分味が出てきましたよね。
私は若い頃の彼の声はあまり好きじゃなくて、
専らヴィトのGu目当てだったのですが、
新作で聴かれるような声ならば
かつての4thまでの曲を歌ったこのライブアルバムも、素晴らしい内容なのでしょうね。

それにしてもヴィトは今、何をしているんでしょうね?
もう音楽は完全にやめて、普通に生活しているんでしょうか。
今こそ、マイクと一緒にやってもらいたいですけどね。
2010/02/07(Sun) 01:51 | URL  | メタリスト #-[ edit]
>メタリストさん
Mike Tramp、僕も生で観たこと無いので
あの"イモ"な歌唱力は聴いたことがないのですが、
このライヴ・アルバム聴いて、評価が変わりましたね。
彼の曲を、もっともっと聴きたいと感じました。
"哀愁"です。

さて、Vito Brattaは今いずこ…
2010/02/07(Sun) 18:34 | URL  | hirokawai #-[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。