この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OVERKILL / IRONBOUND (2010)
2010/04/05/ (月) | edit |
IronboundIronbound
(2010/02/09)
Overkill
オリジナル盤 : 2010
商品詳細を見る


最近のスラッシュ・リバイバルにおける若者達の躍進は凄ですが、
その若者達に、このアルバムを正面から突きつけたくなります!!
コレこそが"スラッシュ・メタル"だ!!と…


世の中には、"スラッシュ・メタル四天王"だのという風潮がありますが、
いえいえ、彼らOVERKILLを忘れてはいませんか??
地道に活動を続け1985年の『FEEL THE FIRE』から数えること15枚目の最新作。
地道にやってきたからこその、彼らの貫禄っていうのは凄まじい!!

overkill2010
↑↑う?ん、なんとも言えない貫禄の出で立ち!!

しかし、CDをデッキに挿入し8分を超える大曲"The Green and Black"が始まると、
これは去年のMEGADETHの名盤『ENDGAME』を初めて聴いたときに似た、
あの何とも言えないゾクゾクするような緊張感というか、その感覚を思い出しました。
特に6分を超えた当たりのDave Linskの壮絶なギター・ソロには悶絶です。
続く"Ironbound"なんかも同じで、疾走するだけでなく静と動を繰り返す展開に脱帽。
こいつも、静から動へと展開していくギター・ソロにゾクゾクさせられます。
80年代を彷彿させる"Bring Me the Night"、30年も活動しているベテランとは思えない。
凄いエネルギーと、アグレッション。凄まじいスピード・チューンです。
ヘヴィ・チューン"The Goal Is Your Soul"往年のRob Halfordを彷彿させる歌い回し、
今の"イケイケドンドン"の若者スラッシャー達にはこういうの書けないだろうな?。
"疾走することだけがスラッシュ・メタルではない"。貫禄ですよ、"貫禄"。
ゾクゾクする曲展開"Endless War"、ヘヴィなGuiterのバッキングに絡む
Vocalのメロディ・ラインがたまりません。そしてIRON MAIDENを彷彿させる曲展開。
素晴らしいとしか言いようがない、完璧なスラッシュ・チューンでございます。
そしてラストを飾る"The S.R.C."、この曲展開もたまりません。
中盤からの壮絶なギター・ソロに酔い痴れてしまいます。


↑↑凄いアグレッション"Bring Me the Night"のPV

正直、初めて彼らの名盤『THE YEARS OF DECAY』(1989年)を聴いたとき以上の
感動というか、衝撃を受けてしまいました。これは"名盤"に間違いない!!

最近のスラッシュ・リバイバルにおける若者達の躍進は凄ですが、
その若者達に、このアルバムを正面から突きつけたくなります!!
コレこそが"スラッシュ・メタル"だ!!と…

【PS】
B!誌で前評判が凄くよかったRATTの新作『INFESTATION』と、
前評判が思わしくないDOKKENの新録ベスト『GREATEST HITS』を予約。
ENFORCERも新譜をまもなくリリース予定なので、今から凄く楽しみですね。
あっBULLET FOR MY VALENTINE『FEVER』も予約してるわ…

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



関連記事
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
Comment
Comment list
自身のブログレビューにも書きましたが、スラッシュと言えば
このオーバーキルを忘れてもらっちゃ~困りますね。ホント
BIG4に入れるべきバンドですよ。

冒頭から8分台という大曲なわけですが、冗長さは一切感じさせ
ませんね。仰る通り静から動への劇的な楽曲構成がこれでもかと
背筋をゾクゾクとさせますね。そんな展開が冒頭から終盤まで
徹頭徹尾貫かれていますからね。確かにエンドゲーム聴いた時に
感じたものに近い感覚を今作からも感じられます。

またリードギタリストが意外に巧いですね。とても良い仕事ぶり
だと思います。グッジョブ!

それからリズム隊の二人、こちらはもうぐうの音もでませんね。
圧巻です。ブリッツの歌声もまったくの衰え知らずですし、
メンバー各自が本当にベストを尽くした傑作だと思います。

こういう作品がもっともっと売れてもらいたいもんですね。
B!誌もこういう作品をもっとプッシュしてもらいたいもんです。
はい。
2010/04/06(Tue) 19:53 | URL  | メタラーまっちゅ #-[ edit]
始めまして。
「The years of decay」が、初OVERKILLだとは!!!  ・・・実は、私も同じなんですよ!!!!!!

 B誌での一部の激音好きライターが絶賛していますけど、例えば伊藤さんや広瀬さんもこの作品に対するコメントをしてくれればなぁ~・・・ と思っています。

それでは。
2010/04/06(Tue) 22:31 | URL  | Knacker-Molly #pwutJTUc[ edit]
OVERKILL~!!
現在恐らく週に3回位(か?)ロテしてオリマス^^!
(OVERKILLからエナジーをバリバリ頂戴してます~。)

貫禄と言えば貫禄…、まさに渾身の一撃!ですね。
そして、“The S.R.C.”は自分も大好きですねぇぇ。

(名盤でオッケーだと思います!)
2010/04/06(Tue) 22:40 | URL  | silverwinger #-[ edit]
>はちべえ@さん
スラッシュ・メタル四天王にOVERKILLがいないのが不思議なくらい今回のアルバムの完成度は素晴らしいですね。

歳を感じさせないエネルギッシュなヘヴィ・メタルです。
B!誌では89点ですか?95点くらい上げてくださいな。

Dave Linskのギター弾きまくっていますね~凄まじい!!
仰るとおり、メンバー各自が本当にベストを尽くした超名盤だと思います。

間違いなくMEGADETHの『ENDGAME』に匹敵するアルバムだと思うのですが…
2010/04/07(Wed) 00:22 | URL  | hirokawai #-[ edit]
>Knacker-Mollyさん
初めまして。
またコメントありがとうございます。

っということは同年代の方でしょうか?
僕も『THE YEARS OF DECAY』から聴き始めていますからね~。
それから初期にかけては、完全後追いです。

そうですねMasa Itoが、素晴らしいコメントを残してくれれば、一気に売れるでしょうね(どうだろ?)

しかしB!誌の存在はリスナーにとって大きいですからね、レビューする編集者もそこんとこ考慮して欲しいなと…
常日頃思っています。
2010/04/07(Wed) 00:31 | URL  | hirokawai #-[ edit]
>silverwingerさん
私なんか、一日3回ヘヴィ・ロテしてしまっていますが…
“The S.R.C.”こいつは、たまらんです。
今年のトップ10入りは確実ですね。
間違いなくコレは"名盤"(*^_^*)
2010/04/07(Wed) 00:34 | URL  | hirokawai@暇人 #-[ edit]
お久しぶりです
しばらくブログ休んでいましたが、復活しました。またよろしくお願いします。

OVERKILLの新作、自分もかなり気に入っています。
hirokawaiさんがおっしゃる通り、パワーだけでなく、緩急がある楽曲展開がいいですね。
ちなみに自分のお気に入りは”Ironbound”です。
ネットではこのアルバムは好評のようですが、BURRN!での扱いは相変わらず普通といった感じですね。今年9月の「THRASH DOMINATION」で来日という噂もありますから、ぜひ盛り上げていきたいところです。
2010/04/07(Wed) 16:17 | URL  | jimmy #-[ edit]
>jimmyさん
お久しぶりです!!

OVERKILL、最高のアルバムだと思うんですけどね~B!誌での反応は"ふつ~"でしたね。
寂しい限りです。

今年こそ「THRASH DOMINATION」に行きたいと思っています!!

来い!!OVERKILL!!!
2010/04/07(Wed) 17:07 | URL  | hirokawai #-[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。