この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ANVIL アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~
2010/04/23/ (金) | edit |
アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~(初回生産限定盤) [DVD]アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~(初回生産限定盤) [DVD]
(2010/04/14)
アンヴィル

商品詳細を見る


ANVILにしてもBON JOVIにしても、ロック・スターにしても、
所詮私たちと同じ"人間"。人間だからこそ美しい。人間だからこその感動。


田舎では公開されなかった、この感動のドキュメンタリー映画。
DVDのリリースで、ようやくワタクシも鑑賞することができました。
これが、評判通りの素晴らしさで、一週間で2回も観てしまいました。
(忙しいのにもかかわらず、寝る時間も惜しんで…)

ANVIL

BON JOVIのドキュメント"When We Were Beautiful"を、ふと思い出しました。
ロック・スター故の"葛藤"や"苦しみ"、凄く"人間味"を感じ"感動"させられました。
一方、ANVILのほうは、"ロック・スター"になれない"葛藤"や"苦しみ"…。
全然違う道を歩む二つのバンドですが、結局はみんな"人間"なんですよね?。
人間だからこそ美しく、人間だからこその"感動"が伝わってくるんです。
Steve "Lips" Kudlow(Vo)にしても、Robb "Geza" Reiner(Ds)にしても、
普段は、良き父であり良き夫、家族想いで、私たちと同じように働いている。
ブレイクしていた頃の彼らには考えられない程、親近感が沸きます。
そして、LipsとRobbの家族以上の親友関係に胸を打たれ"涙"を誘います。
あの、"ヘヴィ・メタル"に嫌悪感を示すうちの妻でさえ見入ってしまったのですから…。
"ロック・スター"という叶えられない大きな壁に立ち向かう勇ましさと、
ストレスを感じ喧嘩をしたとしても、壊れることのない"友情"の大切さ…。
Lipsの"愛してるんだ。お前以外に誰に愚痴が言えるんだ。"の言葉に"涙"。

もう、これ以上は書きません。観てない方は、是非観て欲しいドキュメントです。
"ヘヴィ・メタル"が好きとか嫌いとか、そういうのは抜きにして観て欲しいです。
"家族の大切さ"、"友情の大切さ"をあらためて考えさせてくれるドキュメントです。


↑↑映画 『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』 予告編

ちなみに、2枚目のDVDも見応え十分です。
本編未収録映像や脱退メンバー(夢を諦めた男たち)のインタビュー、
その後のANVIL(09年10月来日時の映像)も素晴らしいです。

ANVILにしてもBON JOVIにしても、ロック・スターにしても、
所詮私たちと同じ"人間"。人間だからこそ美しい。人間だからこその感動。

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



関連記事
thema:ヘヴィメタル
genre:音楽
Comment
Comment list
ANVILはリアルタイムで知りませんし、聞いた事もないんですがこの映画はとても気になってました。
PVで少し見る機会があったんですが、普段は普通に働いてるんですよね。
予告見ました。
これ絶対見ます!
2010/04/23(Fri) 23:12 | URL  | ままあや #-[ edit]
私が住んでいる田舎では上映されなかったこの映画。
内容は大雑把には知っていますが、観てみたかったんですよね。
もうDVD化されていたんですね~。

そう言えばIRON MAIDENの"FLIGHT666”もまだ観ていません。
このDVDと一緒にレンタルDVD屋で探してみようと思います。
そして、内容によっては購入を考えねばなりませんね♪
2010/04/24(Sat) 01:25 | URL  | メタリスト #-[ edit]
メタル一代万歳!!!
おおおっ、熱い文章に感動が再燃しましたよっ!

> "愛してるんだ。お前以外に誰に愚痴が言えるんだ。
その台詞を思い出し、今、目がうるうるして
しまいました…(T_T)
親友というのは本当に得難きもので…
それを得たというのが何よりの幸せではなかったかと。

・・・メタル一代万歳!!!
2010/04/24(Sat) 12:13 | URL  | silverwinger #-[ edit]
>ままあやさん
こんにちは。
僕もANVILが人気があった頃をリアルタイムでは知りませんが、
このドキュメンタリーの予告編観ただけで、"涙"しそうになりましたよ~。
初回盤は2DVD+現在の新作アルバムCD入っています。
2枚目のDVDもなかなか見応え十分ですから、
是非、観て欲しいですね!!
"感動"です!!
2010/04/24(Sat) 17:34 | URL  | hirokawai #-[ edit]
>メタリストさん
そう、田舎ではなかなかこういうの上映されませんですからね~。
コレってレンタル開始されるんでしょうか~。
永久保存盤として、購入してみては(^^)/
絶対に"感動"しますよ~!!
2010/04/24(Sat) 17:36 | URL  | hirokawai #-[ edit]
>silverwingerさん
メタル一代万歳!!!
うちの奥さんのようなヘヴィ・メタル恐怖症でさえ
最後まで見入ってしまっていましたからね~。
Lipsの情熱的な言葉やRobbのクールな姿…
胸を打たれます。
めちゃくちゃ売れるようなアルバムは作れませんが…
頑張って欲しい!!
2010/04/24(Sat) 17:38 | URL  | hirokawai #-[ edit]
発売当日に入手(届いた)、そしてさっそく観ました。
 感動しましたよ~、本当に。

 いや、何が凄いかって、隠れ(?)ANVILファンが数名出てくるし、その中にはカウントしていませんが、“あの”サシャ・ガヴァシ 監督がこの企画を思いついて実行した,という事実自体も相当凄いですし・・・

映画自体は一度観たきりですが、テンションが滅茶苦茶上がったし、特典DVD+サントラ的CDも良かったし、いや~もう本当に、買って良かった!!! と思います。  でも、それ(This is thirteen)が、私にとっての初ANVILアルバムだったり・・・(苦笑)


個人的には、サシャ・ガヴァシ監督がドラムを担当して"School love"を共演したシーン(ロブは撮影)が一番ツボに嵌りました。

それでは。
2010/04/25(Sun) 00:08 | URL  | Knacker-Molly #pwutJTUc[ edit]
>Knacker-Mollyさん
こんにちは。
『THIS IS THIRTEEN』、彼らの意欲作ですが、
売れるスタイルではないですね~。
これでは、メジャー・レーベルもお断りを入れるのは
凄くよくわかります。
でも、彼らのヘヴィ・メタルを愛する気持ちは凄いですね。

そう、この2DVDは、何度観てもテンションがあがります!!
2010/04/26(Mon) 08:21 | URL  | hirokawai #-[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。