この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RATT / INFESTATION (2010)
2010/05/04/ (火) | edit |
InfestationInfestation
(2010/04/20)
Ratt

商品詳細を見る

MySpace


Ratt & Roll、"情欲の炎"再び!!

"LAメタル"を思い浮かべるときに、やっぱり"華やかさ"とか"ルックス重視"とか、どうしても"色物的"に見てしまうことが多いのですが、そういう"LAメタル・ムーブメント"の中にも、"湿り気"や"哀愁"を感じるバンドが沢山いたことも確かです。"華やかさ"という意味では、MOTLEY CRUEが抜きん出ていたような感じを受けますが、"音楽性"の観点からみてみるとRATTの方が素晴らしかったと、勝手に思っています。

RATT
↑↑ベテランらしい"貫禄"が窺えます。

1984年のデビュー・アルバム『OUT OF THE CELLAR』、後追いの私にとってもこのアルバムは衝撃的でしたね。それまでは、"LAメタル"="MOTLEY CRUE"だと思っていたので…。初めて"Round and Round"や"Back for More"を聴いたときの感動は忘れることが出来ません。初めて"泣き"を知った瞬間…。Warren DeMartiniの"叙情的"で"味"のある"聴かせる"Guiter、"哀愁"を感じてしまうStephen Pearcyの個性的なVocal。(他にも魅力はタップリなんですが、これくらいにしといて…)。80年代後半になると、あの華やかだった"LAメタル・ムーブメント"は衰退し、彼らも91年には解散することとなります。90年代後半には再結成されますが、Stephen Pearcyが脱退。新VocalにLOVE/HATEのJizzy Pearlを迎えますが、そこにはもう本来のRATTの姿はありませんでした。

そして2007年に再結成、1stアルバム『OUT OF THE CELLAR』を再現したツアーを行ったわけです。コレが"大盛況"。RATTにとっても、ファンが何を今求めているかよくわかったはずです。そして2010年、11年ぶりのニュー・アルバムの本作がリリースされました。これこそが、"情欲の炎"!!です。

この新譜を聴いて、う?ん素晴らしいと、前評判通り素晴らしいと感動してしまいました。あの"LAメタル"の華やかさが戻ってきたような感覚を覚え、その華やかさの中に漂う"哀愁"、"泣き"はRATTだからこそできる技だと、再確認することができました。相変わらずWarren DeMartiniの"叙情的"で"味"のある"聴かせる"ギター・パートにはウットリさせられますし、あの個性的なStephen Pearcyの歌い回しも衰え知らず。楽曲的にも懐かしさが感じられ、コレは『OUT OF THE CELLAR』以上の出来だなと…勝手に思っているのですが、聴けば素晴らしさがわかります。


↑↑シングル"Best Of Me"のPV。デビュー当時の音源ではありません。新曲です。

私個人的には、オープニングを飾るヘヴィな"Eat Me Up Alive"がキラー・チューンですね。とにかく、Guiterが泣かせます。"泣き"ですよ"泣き"。聴き入ってしまいます。ホント、いいアルバム作ってくれました。RATT復活万歳?!!

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



関連記事
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
Comment
Comment list
新曲の感じ、まさに往年のRATTっぽいですね。
変にブルージーな感じの頃より、こちらのほうがv-218ですよねッ。(^^)

今はカルロス・カヴァーゾがメンバーなんですよね。クワライのイメージが強いせいか、音ではなくて見た目の違和感が・・・。(^^;
2010/05/04(Tue) 09:35 | URL  | TK #NeBVXcVU[ edit]
涙抑えきれず…
DESTRUCTORのご紹介>嬉しかったです^^!
朝からイイ感じに?血圧が上がりました(笑)

RATTも…
今、この(グラマラスでクールな)音に
触れるコトが出来て…非常にシアワセです!!(涙)
2010/05/04(Tue) 11:17 | URL  | silverwinger #-[ edit]
いやぁ~♪ラットの新譜良さそうですね。
PV見た感じじゃ往年のRATTそのものでは!!!
ウォーレンも彼らしいソロ弾いてるじゃないですか♪
左のギターは?えっ、カルロス・カヴァーゾ(笑)
それこそLAメタル時代の大復活じゃないですかw
では、ポチっとなww
Ratt & Roll~万歳v-220v-220
2010/05/04(Tue) 19:11 | URL  | はちべえ@ #-[ edit]
>TKさん
そう、往年のRATTサウンドが堪能出来ますよ!
本作からCarlos Cavazoが参加していますよね~。
確かにQUIET RIOTのイメージが強いですね。
見た目の違和感か~確かに。
2010/05/04(Tue) 20:39 | URL  | hirokawai #-[ edit]
>silverwingerさん
DESTRUCTOR、高血圧の方には要注意ですね~。
血圧の低い僕にとって、こういうのはもってこいの朝ですね!!

RATTの新譜、非常にCOOLです!!
こういういいアルバムを作ってくれてシアワセ!!
2010/05/04(Tue) 20:41 | URL  | hirokawai #-[ edit]
>はちべえ@さん
いや~しかしWarren DeMartiniのGuiterには、
ホントにウットリしてしまいます!!
Carlos Cavazoも加入して、
これこそ"LAメタル"ですね!!最高!!
2010/05/04(Tue) 20:42 | URL  | hirokawai #-[ edit]
実を言うと、彼らが一番活躍していた時代のアルバムがあまり好きではなかったので
追いかけたりはしなかったのですが、
ウォーレン・デ・マルティーニのGuプレイも円熟味を増していますし、何よりこの新曲のメロディは
凄く印象に残りました。

私はRATTの再結成に関して、少々冷ややかな目で見ていましたが
これだけいい曲が作れるのならば、ファンの方々にとっても楽しみですよね!
2010/05/05(Wed) 01:06 | URL  | メタリスト #-[ edit]
>メタリストさん
『OUT OF THE CELLAR』再現ツアーの成功で、
彼らにやる気を起こさせたんでしょうね~。
Warren DeMartiniはいい味出してますし、
これはファンでなくてもオススメのアルバムです!!
是非!!
2010/05/05(Wed) 09:03 | URL  | hirokawai #-[ edit]
買おうか迷ったのですが購入してよかったです。

でも自分の周りの反応がイマイチだったんですよね~(笑)自分的にはすごいかゆい所に手が届いたアルバムだったんですけど(汗)
2010/05/13(Thu) 13:38 | URL  | callitame #-[ edit]
>Callitameさん
これこそ、かゆいトコに手が届く作品ですね。
これが、ファンが求めていたアルバムですね。

最高!!

当分、ヘヴィロテです。
2010/05/13(Thu) 20:44 | URL  | hirokawai #-[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。